1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/19(水) 20:48:52.99 ID:+O12Nsed0

最近見始めたゴミ初心者だが頼んだ




2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/19(水) 20:49:30.85 ID:oXu2JnMn0

地獄の黙示録



■内容
 初公開から22年を経てコッポラ監督が未公開シーンを追加し、2002年に公開された『地獄の黙示録』の特別完全版。
カーツ大佐の暗殺の命を受けたウィラード大尉は、その道中ベトナム戦争の惨状と狂気を目にする。




3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/19(水) 20:49:36.50 ID:mWsstF190

bhd



■内容
 1993年10月3日。東アフリカに位置するソマリアの首都モガディシオに、100名の米国特殊部隊の兵士たちが舞い降りた。
彼らの任務は独裁者アイディード将軍の副官2名を捕らえること。当初、作戦は1時間足らずで終了するはずだった・・・。

 しかし、2機の最新鋭ブラックホーク・ヘリが撃墜されたことから、兵士たちの運命は一変する。仲間の救出にあたる彼らは、想像を絶する地獄絵図の真っ只中に取り残されることになる・・・。




10以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/19(水) 20:51:20.75 ID:+O12Nsed0

>>3
一応見た
もう少し知識があればもっと味わえるだろうと思ったな




6以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/19(水) 20:50:41.75 ID:mICCdwox0

ブラックホークダウンはかっこよすぎる




5以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/19(水) 20:50:05.85 ID:5JXuAquT0

プライベートライアン



■内容
 スティーブン・スピルバーグ監督が、戦争の恐ろしさを疑似体験させるようなシーンをリアルに描いた衝撃の戦争ドラマ。
戦地に取り残された二等兵・ライアンを戦場から救出するため、ジョン・ミラー大尉は小部隊を編成し、敵陣深く侵入するが…。




11 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) 2013/06/19(水) 20:51:26.12 ID:gY943w7+0

アパーム!




8以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/19(水) 20:50:59.17 ID:IrmzDhDD0

プラトーン



■内容
 1967年、激戦のベトナムに若い志願兵クリスがやってきた。
少数民族や貧しい者たちからの徴兵に憤った彼は名門大学を中退してベトナム行きを志願したのだ。
だが、いきなり最前線小隊『プラトーン』に配属された彼を待ちうけていたのは、想像を遥かに超えた過酷な戦争の現実だった。
 戦争の名のもとでの殺人、疑惑と憎悪、そして人間性の喪失との戦い……。
死の恐怖が渦巻く最前線の中、彼はやがてベトナム人への虐殺・略奪・強姦など、戦争の狂気とその現実を体験していく──。




12以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/19(水) 20:51:41.53 ID:6GY/2w7w0

プライベートソルジャーという映画もあるんですがそれは



■内容
 第二次大戦最大の作戦“ノルマンディー上陸”をも越える悲劇を生んだ“ヒュルトゲンの森の戦い”を大迫力のスケールで描いた、ジョン・アーヴィン監督による戦争アクション。
ロン・エルダード、ザック・オースほか出演。




13以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/19(水) 20:51:45.73 ID:MvovqJjJ0

ジョニーは戦場にいった



■内容
 極限状態に陥った人間を主人公に、反戦を訴える戦争ドラマ。
第一次大戦中の戦場で、ジョニーは両手と両足、そして顔に重傷を負う。
動くこともできない彼は、出兵前のことを回想し始め…。




15大義私 ◆aWfrM7UWWY 2013/06/19(水) 20:51:57.90 ID:lT4Iar8k0

二百三高地 舛田利雄監督 日露戦争(陸軍)



■内容
 日露戦争最大の激戦となった二〇三高地の戦いをモチーフに、そこに関わった軍人や兵士、そして民間人とあらゆる階層の激しくも苛酷な人間模様を、舛田利雄監督が堂々3時間の流れの中で一気に描ききっていく戦争映画超大作。
高地の突撃を繰り返しながらも戦死者が続出するだけでまったく成果を上げられず、非難を浴びる乃木希典大将(仲代達矢)と、なぜか彼を交替させようとしない明治天皇(三船敏郎)。
そして親友の乃木を見かねて現れた児玉源太郎大将は「味方の弾が味方に当たっても構わない」と豪語する。
そんな中、兵士たちは疲弊し、次々と斃れてゆき、かつてロシアとその国の文学を愛していた教師(あおい輝彦)の心には、ただ敵に対する憎しみだけが募っていき、ついにその想いは乃木に対してぶつけられていく。
 勝とうが負けようが、残されるものはただ兵士たちの無為の死のみという戦場の現実を露にした傑作。さだまさしの歌う主題歌『防人の詩』も大ヒットした。

日本海大海戦 海ゆかば 舛田利雄監督 日露戦争(海軍)



■内容
  1905年、二百三高地の壮烈な戦いに勝利した日本軍は、日本海にてバルチック艦隊を迎え撃ち、日露戦争の勝敗を決しようとしていた。
そんな折、軍楽隊隊員の神田(沖田浩之)は恋人の娼婦せつ(三原順子)の想いをふりきり、連合艦隊の旗艦・三笠に乗り込んだ…。
   舛田利雄監督が『二百三高地』『大日本帝国』に続いて手がけた東映戦争3部作の最終作。
ここでは一軍楽隊隊員の目を通して、戦艦内部の兵士たちの日常や確執を描いている。
クライマックスの海戦シーンも、艦内で傷つき斃れていく兵士たちの地獄絵図こそが中心となっており、たとえ勝ち戦であろうとも戦争が地獄であることを濃密に訴えている。
兵士には佐藤浩市、ガッツ石松など。三船敏郎が『日本海大海戦』に続いて東郷平八郎を演じている。

青島要塞爆撃命令 古沢憲吾監督 第一次世界大戦



■内容
 監督は「ニッポン無責任野郎」の古沢憲吾、脚本は「太平洋の翼」の須崎勝弥で贈る、第一次世界大戦を舞台に複葉機の活躍を描いた戦争アクション映画。

上海陸戦隊 熊谷久虎監督 日中戦争 海軍陸戦隊



■内容
 1937年8月13日、中国国民政府は上海停戦協定の破棄を声明。かくして日本軍は上海の街に立てこもり、食料や弾薬が乏しくなっていく中で、友軍の到着を待ちながら中国軍との決死の市街戦を展開していく…。
   日中戦争の拡大を決定付けた上海市街戦を現地ロケで再現した戦争映画で、監督は『阿部一族』などの熊谷久虎。
戦時中の作品ゆえ、当然国策映画としての作りにはなっているが、その点をわきまえて接すると、ドキュメンタリー・タッチの淡々とした演出が戦場の緊迫感を否応にも高めており、また日本映画にはめずらしい市街戦ものということでも興味深いものがある。
戦闘の経過などを図解でわかりやすく表現してくれているのも親切な配慮である。
中国人娘役で原節子も出演。

燃ゆる大空  阿部豊監督 日中戦争 陸軍航空隊



■内容
 戦闘機隊長として大陸基地飛行場に赴任してきた山本(大日向伝)は、かつての教え子たちとともに大空へと飛び立ち、数々の大戦果を挙げていく。
しかし、その間にも多くの仲間が空に散っていく。山本も敵地に不時着し、自決を覚悟したが、行本(月田一郎)に命を救われる。しかしその行本も後の大空中戦で大怪我を負い…。
   日中戦争の陸軍飛行隊の活躍を壮大な空中戦とともに描いた名匠・阿部豊監督の傑作戦争映画。
戦時中の戦意昂揚を目的に作られたものではあるが、本物を駆使した飛行機映画としての魅力も強く、敗戦後の今となってはCGでなければ実現不可能なシーンの数々をとくと堪能できるのも魅力のひとつ。
特撮は円谷英二、音楽に早坂文雄とスタッフの布陣も実に豪華な超大作である。

戦争と人間 第三部 山本薩夫監督 ノモンハン事変 陸軍・ソビエト軍
9時間23分の長さを誇る、日活配給による戦争大河超大作



■内容
 五味川純平の大河小説を原作に、巨匠・山本薩夫監督が映画化した戦争超大作の完結篇。
昭和12年12月の南京大虐殺をはじめ、日本の中国侵略戦争が激化していく中、伍代家の次女・順子(吉永小百合)と秘密裡に結婚した耕平(山本圭)は出兵し、そこで日本軍の非道な実態を目の当たりにしながらも、身をもってあがない続ける。
一方、伍代家の次男・俊介は戦場の第一線に身を投じ、やがてノモンハンでソ連軍と熾烈な戦いを繰り広げることになる。
戦争とは、人間とは何であるのかを問う一大傑作シリーズ、ここに堂々の完結。
当初は4部作として構想されながらも諸所の事情で3部にて完結となったが、今回は旧ソ連軍の全面協力の下、ノモンハン事件が日本映画界未曾有のスペクタクル・シーンとして構築されており、その中で運命に巻き込まれていく人間の尊厳が綴られていく。

真空地帯 山本薩夫監督 陸軍刑務所帰りの軍人がフィリピンに送られる話 左翼色高いので要注意



■内容
 山本薩夫監督が、日本軍隊生活の非人間性をリアルに描き出した作品。
出演は木村功、下元勉ほか。

太平洋の鷲 本多猪四郎監督 山本五十六の半生を描き日本が太平洋戦争に向かった姿を描く



■内容
 戦後初の本格的特撮戦争映画大作。
圧倒的国力の差から日米開戦に極力反対してきた山本五十六(大河内傳次郎)は、それが避けられないと悟るや、真珠湾奇襲を計画し、これを成功させる。
かくして太平洋戦争が始まるが、半年後のミッドウェイ海戦で日本は大敗してしまい、山本の願っていた早期和平の夢も、ここについえてしまう……。
山本五十六を主人公に、民間人をほとんど登場させず、論理的に史実を羅列していく作りであるが、これは後の日本の戦争映画の1パターンを築きあげることにもなっている。
山本を演じる大河内傳次郎の堂々たる貫禄もいい。
監督は、後に『ゴジラ』をはじめとするSF特撮映画の名匠として世界的に知られることになる本多猪四郎。
特撮は円谷英二。真珠湾奇襲シーンの特撮は、彼が戦時中に手がけた『ハワイ・マレー沖海戦』から流用されている。

太平洋奇跡の作戦 キスカ 丸山誠治(神)監督 キスカ撤退作戦を描く、軽巡洋艦阿武隈が猛奮闘する話 (ρ°∩°)おすすめ



■内容
 三船敏郎主演による戦争巨編。
太平洋戦争の最中、米北太平洋艦隊に包囲されたキスカ島守備隊員の命を救うため、日本海第5艦隊第1水雷戦隊は、僅か12隻の艦隊で米艦隊の真只中に突入する。

激動の昭和史 軍閥 堀川弘通監督 東條英機を中心に太平洋戦争全体を描く



■内容
 東宝「激動の昭和史」シリーズ。
誰が太平洋戦争を起こしたのか!開戦の火ぶたを切るとき、その裏には壮烈な人間ドラマが展開した!小林桂樹&加山雄三主演による堀川弘通監督作品。

大空のサムライ 丸山誠治(神)監督 坂井三郎と零戦の戦いを描く



■内容
 太平洋戦争中、撃墜王として知られた坂井三郎の勇姿を描いた戦争映画。
ミッドウェイ敗北後、ブーゲンビル島のラバウル基地に集結してアメリカ軍と消耗戦を続けていた海軍航空隊の坂井空曹は、卓越した操縦技術によって味方の損害を一機でも少なくするため戦い続けていた…。
藤岡弘、志垣太郎、伊藤敏孝ほか出演。

連合艦隊 松林宗恵監督 連合艦隊と大和の戦いを描く



■内容
 松林宗恵監督が太平洋戦争における連合艦隊の興亡をオールスターキャストで描いた戦争スペクタクル大作。
劇場公開時の「真珠湾攻撃」シーンを収録したオリジナル劇場公開版。

黒い雨 今村昌平監督 広島市への原子爆弾投下とその後 左翼色高いため要注意



■内容
 昭和20年8月6日午前8時14分30秒、一瞬の閃光とともにヒロシマが消えた。
20歳の矢須子(田中好子)は大粒の黒い雨に打たれる。 これが、矢須子の人生を大きく左右する雨であった。
5年後、矢須子は叔父夫婦とつつましく暮らしていた。しかし、彼らは既に原爆病に冒されていた。
矢須子は結婚適齢期をむかえ、何度お見合いをしても原爆病であることが噂になり破談になってしまう。
どうしようもない憤りを持つ矢須子の運命は・・・。
世界的巨匠今村昌平が、少年時代からファンであった井伏鱒二の名著を映画化した。
撮影には小津安二郎監督のもとで今村と助手時代を共にした川又昂があたり、落ち着いた美しいモノクロームの映像を生み出した。
音楽は「乱」「嵐が丘」の映画音楽も手がけた現代音楽の巨匠、武満徹。

プライド・運命の瞬間 伊藤俊也 極東国際軍事裁判でA級戦犯として裁かれた東條英機を主役として描く 右翼色あるので要注意



■内容
 日本の戦後の進路を決定付けたともいえる東京裁判の全貌を描くとともに、裁判を通じて闘い抜いたA級戦犯・東條英機にスポットを当て、日本の歴史を再検証し、更には、日本人としての誇りを問いかける重厚な歴史的感動巨編。
物語は、連合国の政治的戦略を背景に、敗戦国・日本を悪の象徴として糾弾する首席検事に、独立国家の威信をかけて切り返す東條の対決を主軸に展開。
さらに戦勝国が一方的に裁く法廷のあり方に矛盾を指摘しながらも大国の壁に封印されるインド代表パール判事の苦悶など様々な人間模様をそれぞれの“誇り”に焦点を当てて綴っていく。
そして、“たった一人の闘い”を支える東條の妻・かつ子の愛を真摯に描くことで、従来語られてきた“東條英機=悪の権化”という単純な構造ではない“人間・東條英機”を浮き彫りにしていく。

美しい夏キリシマ 黒木和雄 九州に疎開した少年の物語



■内容
 1945年、夏。満州から引き上げてきた中学3年の日高康男(柄本佑)は空襲のショックで病となり、祖父(原田芳雄)の住む霧島で療養生活を送っていた。
敗戦の影が静かに忍び寄る8月、日高家をはじめ、周囲の人々の生き様も少しずつ変化していく中、日々罪悪感を募らせる康男は、空襲で爆死した沖縄出身の親友の妹に会いに行くが…。
『竜馬暗殺』『TOMORROW 明日』などで知られる名匠・黒木和雄監督が自らの青春時代をモチーフに描いた戦時下人間ドラマの傑作。
霧島を舞台に、終戦間際の人々が織り成す集団劇という構図をとりながら、戦争の狂気が静かに淡々と、しかし次第に濃密に奏でられていき、やがては神と人の関係性や、その中で思春期を迎えた少年の狂騒までもがしかと捉えられていく。
日本映画界の底力を否応なしに見せ付けられる見事な“映画”である。
2003年度キネマ旬報ベスト・テン第1位。
また、柄本明の実子でもある主演の柄本佑は、本作でその年の新人賞を総なめした。

紙屋悦子の青春 黒木和雄 鹿児島に住む女性と出征していく兵士の物語



■内容
自身のライフワークとなった「戦争への静かな抵抗」を描く、黒木和男監督の遺作。
昭和20年、春の鹿児島。戦時下にありながら平穏な生活を送る悦子だが、想いを寄せる明石少尉から結婚相手として同僚の永与を紹介される。出撃を控えた明石は、永与に彼女を託そうとしたのだ。
戦争がなければ結ばれたであろう悦子と明石。明石の思いを知って、それを受け入れようとする悦子と永与。
それぞれの痛々しいまでの決意がじんわりと胸を打つ。
   悦子と兄夫婦の食事風景など、多くの場面がワンカットで撮影され、まるで舞台を観ているようだが、俳優たちの自然な演技に引き込まれる。
本来なら大げさに表現されるべき感情も、それぞれの抑制された表情がかえって思いの深さを伝えるのだ。
とくに明石の決意を理解したときの、原田知世はすばらしい。
戦時下だが、おはぎや赤飯が印象的に使われ、その美味しそうなことと言ったら! このように小道具が際立つのも、黒木監督の的確な演出のなせる技だろう。
戦闘シーンなど一切出さず、反戦を訴える名品だ。

太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男- 平山秀幸 サイパンの戦いを描く



■内容
 太平洋戦争末期、絶望的な状況で生き抜いた、名もなき兵士の真実の物語。
終戦から65年、日米のスタッフ・キャストが贈る感動の超大作。
65年の時を超えて、彼の想いが、私たちの心を震わせる―― 1944年、太平洋戦争末期、玉砕のサイパンにアメリカ軍から“フォックス”と呼ばれ、畏れられたひとりの日本人がいた。大場栄大尉。
男は最後、47人になりながらも仲間の兵士たちと共に、16ヵ月もの間、敵に立ち向かい、多くの民間人を守り抜いた。
彼の誇り高き魂が、味方の日本人だけでなく、敵側のアメリカ人もの心も大きく動かしていった―。
これは、絶望的な状況の中、最後まで諦めずに生き抜いた名もなき兵士とその仲間たちの実話に基づく真実の物語である。
終戦から65年経った今― 日米のスタッフ・キャストが一つとなって、日本の魂とアメリカのリアルをダイナミックに描く。

スパイ・ゾルゲ 篠田正浩監督



■内容
 第二次大戦下の日本で、特高警察に逮捕されたソ連のスパイ、リヒャルト・ゾルゲ(イギリスの舞台俳優、イアン・グレン)。
彼の知られざる平和への思いと、彼と共にスパイ活動に殉じた日本人ジャーナリスト尾崎秀実(本木雅弘)、彼らを支える女たち、スパイに翻弄される日本の中枢の男たちの姿を描く歴史大作。
本木雅弘はじめ、椎名桔平、上川隆也、葉月里緒菜、小雪らフレッシュな役者陣が映画を彩っている。
   軍部や政府の機密情報がモスクワに筒抜けになっていた「ゾルゲ事件」は、第二次大戦下の日本を揺るがせた大事件。
この事件を軸に、ゾルゲを巡る恋やゾルゲとともに逮捕された尾崎の夫婦愛、彼らを落とそうとする特高警察や政治家たちの焦燥など、たくさんのエピソードを詰め込んだ本作。
欲張り過ぎのきらいはあるが、複雑な人間関係をわかりやすく見せているので、昭和史を学ぶつもりで見るといいかもしれない。

駆逐艦雪風 山田達雄監督



■内容
 連合艦隊の中で活躍し、‘奇跡の駆逐艦’と言われた「雪風」の姿を一水平の目を通して描く。

戦場のメリークリスマス 大島渚監督



■内容
 日本軍俘虜収容所を舞台にして、日本軍人と英国人俘虜との複雑な関係を豪華キャストで描いた大ヒット作。
ジャン・ルノワール監督の『大いなる幻影』のような、世界中の共感を得る作品にしたい。――大島渚
 1942年、ジャワの日本軍俘虜収容所。まだ夜が明けきらない薄闇の中、日本軍軍曹ハラは英国軍中佐ロレンスを叩き起こす。
朝鮮人軍属が白人俘虜を犯すという破廉恥な事件が起きたため、ハラが独断で処分する立会い人として、日本語を自由に操るロレンスが必要だったのだ。そこに収容所長のヨノイ大尉の気合が響く。
隙を突いて朝鮮人軍属は銃剣を自らの腹に突き立てる。ジャカルタの軍事裁判で英国軍少佐セリアズが裁かれている。彼に熱い視線を送るヨノイ。
茶番の処刑劇を経て、セリアズは収容所に移送される。そして、それがすべての厄災の始まりだった……。
 戦争中の収容所という極限状態で出会った男たちの織り成す複雑なドラマを中心にして、西欧と日本の文化的衝突を豪華キャストで描き、世界を魅了した大島渚の超話題作。
初の本格的な日英合作となった本作では、ニュージーランドのラロトンガ島に長期ロケを敢行。
製作費16億円の大作にふさわしく、セリアズ役にデヴィッド・ボウイ、ヨノイ大尉に坂本龍一、粗暴なハラ軍曹にはビートたけしなど、独特の俳優起用で定評のある大島作品ならではのスターが揃った。
カンヌ映画祭を沸かせた映画史の残るラストシーンに向けて、男たちの熱いドラマが始まる!

地雷を踏んだらサヨウナラ 五十嵐匠監督 カンボジア内戦での物語



■内容
 70年代初頭、激動のインドシナ半島を駆けめぐった戦場カメラマン、一ノ瀬泰造の伝記作である。
最後に悪名高きクメール・ルージュ(カンボジア大量虐殺を引き起こしたポル・ポト率いる共産党勢力)支配下の遺跡、アンコールワットの撮影に向かった彼は、そのまま帰らぬ人となった。
 彼が行方を絶ったまさにその日に生まれ、制作時の年齢が享年と同じ、さらに顔まで似ているという因縁の主演となった浅野忠信が、このうえなく印象的だ。
物語では、子供たちとの交歓、べトナム美人との淡い恋、日本への一時帰国時における姉の結婚や、カンボジアでの親友の披露宴といった、ごく平穏な風景の描写がされている。
これらが浅野十八番の親しみやすく天真爛漫なキャラクターと相まって、逆に現場の過酷さ、悲惨さを浮き立たせている。
 静と動のコントラストが絶妙な、五十嵐匠監督作品だ。




16以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/19(水) 20:52:04.75 ID:5JXuAquT0

ハワイ・マレー沖海戦



■内容
 太平洋戦争開戦!円谷英二の特撮が描き出す、迫力の戦火!大河内傳次郎、伊藤薫、原節子ほか出演。




17以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/19(水) 20:52:24.49 ID:ac7kdTMV0

ヒトラーの最期の12日間ってやつ



■内容
 1942年、ミュンヘン出身の若い女性が、アドルフ・ヒトラーの秘書になる。
彼女は追いつめられたヒトラーの最期の日々を近くで目撃。独裁者をひとりの人間として見つづけた彼女の瞳に映った、本当のヒトラーの姿とは?
 指令本部から出ようとしない晩年のヒトラーは、部下たちの助言にもなかなか耳を貸さず、強いドイツを最期まで疑わなかったが、女性や身内にはやさしく、紳士だったのに驚きだ。
ユダヤ人大虐殺など、ヒトラーが作りあげた残酷な歴史は、どんなに彼が人にやさしくしても決して消えることはないし、許せない行為だが、この男がなぜ、独裁者になったのかと、ますます興味深くなること間違いなし。
ヒトラーを演じるのはブル-ノ・ガンツ。自分という存在を消して、ヒトラーになりきったその演技は一見の価値あり。




19以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/19(水) 20:52:50.33 ID:K8+wIlSJ0

父親たちの星条旗



■内容
 アカデミー賞受賞監督クリント・イーストウッド最新作。
製作にスティーブン・スピルバーグが名を連ねる。
硫黄島2部作とは、第二次世界大戦の大きな転機となった悲劇的な硫黄島の戦いを、日米双方の視点から描く前例のない2部作。
アメリカ側の方面から戦争というものを捉え、一貫し、戦争の虚しさを伝えている。善と悪の区別なく、戦争をリアルに、そして物悲しく描いた秀逸の作品。

硫黄島からの手紙



■内容
 2006年、硫黄島。地中から発見された数百通もの手紙。
それは、61年前にこの島で戦った男たちが家族に宛てて書き残したものだった。
届くことのなかった手紙に、彼らは何を託したのか。 戦況が悪化の一途をたどる1944年6月、日本軍の最重要拠点である硫黄島に新たな指揮官、栗林忠道中将が降り立った。
硫黄の臭気が立ち込め、食べ物も飲み水も満足にない過酷な灼熱の島で掘り進められる地下要塞。
このトンネルこそが、圧倒的なアメリカの兵力を迎え撃つ栗林の秘策だった。
最後の最後まで生き延びて、本土にいる家族のために一日でも長く島を守り抜け―。
「死ぬな」と命じる栗林の指揮のもと、5日で終わると思われた硫黄島の戦いは36日間にも及ぶ歴史的な激戦となる。
61年振りに届く彼らからの手紙。そのひとりひとりの素顔から、硫黄島の心が明かされて行く…。

シンドラーのリスト(戦争?)



■内容
 一つの生命を救う者が世界を救える―。第二次世界大戦中、1,200人を超えるユダヤ人の命を救ったドイツ人実業家オスカー・シンドラーの姿を描いた感動のヒューマン・ドラマ!スピルバーグ監督が、10年越しの企画を実現し作品賞他7部門で初のアカデミー賞?に輝いた最高傑作!

戦場のピアニスト



■内容
 2002年のカンヌ映画祭においてパルムドールに輝いた『戦場のピアニスト』は、ロマン・ポランスキー監督が指揮することを運命づけられた映画である。
幼少時代をナチス占領下のポーランドで過ごしたポランスキー監督こそが、ユダヤ系ポーランド人のピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマン(エイドリアン・ブロディ)の自伝を映画化するに相応しい唯一の人物と言える。
 ナチスのワルシャワ侵攻を目の当たりにし、死の収容所送りを奇跡的に逃れたシュピルマンは、ゲットーの廃墟に身を隠すことで第二次世界大戦を生き延びる。
ナチスのホロコーストを映画化したこれまでの作品とは異なり、主人公の視点から忠実に描写され、ポランスキー監督によって壮大なスケールで戦争を描いた奥行きのある叙事詩となっており、シュピルマンが希望を捨てずに粘り強く生き延びる様子と、彼が逃げ出すことを拒んだ街が徹底的に破壊される様子とを対比して浮かび上がらせている。
 一切の妥協を排して肉体的、感情的な真実性を追求することにより、『戦場のピアニスト』は希望と精神的純潔性の究極的な調べを奏でている。
 『シンドラーのリスト』と同様に、人間性の最も暗い部分を描き出した偉大な映画の中の1作である。





18以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/19(水) 20:52:30.37 ID:+O12Nsed0

硫黄島も見た記憶はあるんだがイマイチ思い出せないんで星条旗と一緒に見直そうと思ってる




38以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/19(水) 20:59:28.12 ID:mlk7db2N0

ちょっと聞きたいけど 戦場のピアニストってどうなんだ?




40以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/19(水) 21:00:00.73 ID:0/usVDew0

>>38
面白いよ
基本ピアニストがサバイバルする話




20以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/19(水) 20:53:08.17 ID:tAESrSnT0

ドラマだけどザ・パシフィック



■内容
 『ザ・パシフィック』は、実話に基づいたストーリーで、第二次世界大戦の太平洋戦線を舞台に、実在した3人の海兵隊員ロバート・レッキー(ジェームズ・バッジ・デール、『ディパーテッド』)、ユージーン・スレッジ(ジョー・マゼロ、『The Sensation of Sight』)、ジョン・バジロン(ジョン・セダ、『女検察官アナベス・チェイス』 )の胸に刺さる実体験を基にしたドラマがリアルな描写で全10話に渡り描かれる。
 『バンド・オブ・ブラザース』が欧州戦線を描いたのに対し、本作の舞台は太平洋戦線。 物語は1945年終戦までの激闘と、兵士たちの帰還後の苦難を描いている。
 1942年のガダルカナル島を消耗戦を皮切りに、グロスター岬の熱帯雨林やペリリューの要塞、硫黄島の地獄、沖縄決戦へと戦いは続いていく。




21以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/19(水) 20:53:38.51 ID:cku+fAKI0

誓いの休暇



■内容
 アリョーシャは、戦場で2台の戦車を撃破したことにより6日間の特別休暇をもらった。
そして母の待つ家路へと急ぐのだが…。ひとりの兵士の帰郷を軸にし反戦をうたった、ソ連映画の代表作。

人間の運命



■内容
 戦争の中の人間の悲しみと孤独、そして勇気を、原作の持ち味であるヒューマニティを見事に捕らえながら描かれた作品。

知っているやつはいないだろう・・・




22以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/19(水) 20:53:38.89 ID:+O12Nsed0

ただこのジャンルってレビューが最高に信用できないから勧められたやつとか見かけたやつとかを片っ端から見てくしかない気もしてしまう




24以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/19(水) 20:54:52.72 ID:Mo8v45W10

エネミー・ライン(1以外はクソ)



■内容
 アラビア海に浮かぶ米海軍の原子力空母USSカール・ヴィンソン。兵士たちは民族紛争が終結したボスニアの平和維持活動に当たっていた。
クリス大尉は偵察飛行ばかりの単調な毎日に不満が爆発、レイガート提督の注意にも耳を貸さず海軍を辞めると言い出す始末だった。
 そんなある日、いつものように偵察飛行に向かったクリスは突然のミサイル攻撃を受け、敵陣のど真ん中に不時着してしまう。
そこでクリスが見たものはセルビア人民軍による残虐行為だった。
そして彼らは、目撃者であるクリスを捕まえるために執拗な追跡を始めたのだった……。

ハート・ロッカー



■内容
 2004年夏。イラク・バグダッド郊外。 爆発物処理に従事する米陸軍のブラボー中隊に、ジェームズという新たな班長が赴任してくる。
この危険極まりない任務を遂行するには、爆弾の解除を実行する班長とサポート役の兵士とのチームワークが必要不可欠だ。
 しかし、ジェームズはことごとく作業上のルールを無視し、部下のサンボーンとエルドリッジを恐怖と不安のどん底に陥れていく。
時に激しく対立しながらも、次々と過酷なミッションを切り抜けていく3人。
しかし戦場の理不尽な現実は彼らに容赦なく牙を剥き、想像を絶する試練を突きつけてくる。
ブラボー中隊、任務明けまで、あと38日・・・・・。




26以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/19(水) 20:55:21.51 ID:TNel9eyt0

遠すぎた橋



■内容
 ショーン・コネリーほか豪華キャスト共演の戦争ドラマ。
ノルマンディ上陸作戦から3ヵ月後に決行された“マーケット・ガーデン作戦”。
それはノルマンディを凌ぐ壮絶な戦闘の始まりだった。

史上最大の作戦



■内容
 1944年6月、フランス。司令官ロンメル率いるドイツ軍が、英仏海峡を挟んで戦機をうかがう連合軍の攻撃に備えている。
一方イングランドでは、アイゼンハワー司令官により、6月6日、上陸作戦遂行の決定が下された。

西部戦線異常なし



■内容
 第一次世界大戦、ドイツのとある村を舞台に、国のため出征を志願した若者たちの地獄のサバイバル生活を描いた、戦争ドラマ。




27以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/19(水) 20:55:23.76 ID:e/8ee8sA0

戦場でワルツを



■内容
 冬のとある夜、旧友に呼び出された映画監督のアリは夜毎悩まされる悪夢のことを打ち明けられた。
そこでアリは、自分たちが従軍した1982年当時の記憶がないことに気付く。
ふいに直面した謎に興味をそそられ、失われた記憶と自分自身の真実を見つけるため、アリは世界中に散らばる戦友たちを訪れ取材しようと決意する。

Cat shit one



■内容
 戦記コミックの巨匠・小林源文原作によるCGアニメ。
 砂漠のテロ集団に人質が拉致された。民間軍事会社、キャロット・ミリタリー・サービス所属のウサギの特殊部隊員・パッキーとボタスキーは、人質を救出するためにたった2匹で無数の敵陣へ突入する。




28以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/19(水) 20:55:30.02 ID:+O12Nsed0

太陽の帝国って尼に出てきたんだがどうなんかね
ハートアタッカーとかいうのも邦題元ネタなんかより全然いいと聞いた




33以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/19(水) 20:57:19.68 ID:xwymKQ/+0

眼下の敵



■内容
 イギリス海軍中佐D・A・レイナーが自分の体験にもとづいて書いた小説「水面下の敵」を映画化。
米駆逐艦とUボートが繰り広げる死闘、緊迫したサスペンスと駆け引きを描いたサスペンスアクション作品。

カランバ




34以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/19(水) 20:57:57.74 ID:s2dMABog0

と…トロピック・サンダー



■内容
 ハリウッド映画製作の裏側をブラックに描き、豪華スターのカメオ出演も話題となったサバイバル・アクションコメディ。
ベトナム戦争最前線で活躍した男が書いた回顧録の映画化が決定し、大物俳優が参加することになるが…。




35以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/19(水) 20:58:01.40 ID:Ofyltw990

Uボート



■内容
 第二次世界大戦中のドイツ軍潜水艦の過酷な戦いの日々を描いた『U・ボート』。
公開から16年後の97年に、1時間以上ものフッテージを追加し監督自らが再編集したディレクターズカット版。




36以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/19(水) 20:58:38.85 ID:0/usVDew0

最近見て記憶に残ってるのは韓国の高地戦ぐらいかな



■内容
 朝鮮戦争末期の最前線と、そこで戦い続ける兵たちを描いた戦争映画。南北両国が互いに領土を奪い合うべく激闘が繰り返されているエロック高地。
北への内通者を突き止めるべくやって来たカン中尉は、3年前に生き別れた学友・スヒョクと再会する。




37以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/19(水) 20:59:24.71 ID:QXTBCDbb0

バンドオブブラザーズだな



■内容
 アメリカ陸軍兵が第二次世界大戦で体験したノルマンディ上陸作戦からドイツ降伏までの過酷な3年間を、実話に基づき圧倒的なスケールで描いた戦争TVシリーズのBOX。
 スティーヴン・スピルバーグとトム・ハンクスが製作総指揮を務める。全10話を収録。




42以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/19(水) 21:00:32.39 ID:T0uCHP3I0

脱走四万キロ



■内容
 ハーディ・クリューガー自身の体験談を元に描いた戦争映画。
 1940年。敵機のミサイルを被弾し、不時着することになったドイツ空軍兵・ヴェラは、一命を取り留めるものの英国軍に見付かり拘束される。しかし、捕虜となった彼は収容所からの脱走を図り…。

脱走特急



■内容
 第二次大戦末期のイタリア軍降伏直後、連合軍の捕虜達がドイツ占領のイタリア国内を列車で脱走するという極限下のスリルとサスペンスを描いた戦争娯楽大作!

脱走山脈



■内容
 動物園の象を避難させるよう命じられたドイツ軍捕虜のイギリス兵と象の自由国スイスまでの過酷な道中を描いた作品。




43以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/19(水) 21:00:32.88 ID:QEnstvNMO

君を忘れない



■内容
 終戦間近の日本のとある海軍飛行基地を舞台に、7人の特攻隊員たちの青春を描いた傑作ドラマ。
出演に唐沢寿明、木村拓哉、反町隆史ほか。




44以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/19(水) 21:00:42.04 ID:Kp0p4dea0

日本のいちばん長い日



■内容
 第二次世界大戦時下の日本を舞台に、昭和20年7月26日のポツダム宣言から運命の8月15日までを忠実に再現し、8月14~15日の大日本帝国最後の24時間を中心に描いた作品。




45以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/19(水) 21:01:12.02 ID:QyFy1gCKP

ランボーは1作目は普通に社会派な面が強調されていて当時のアメリカの歪みが表現されている
2作目からはベトナムでの敗北(と言っても最近は敗北だと捉えることは少なくなってるが)を払拭しようと虚構の勝利を得るための映画ってことを念頭に入れると
やはり1作目と同じように従来の戦争映画と異なり公開当時のアメリカの問題を扱い、理想の英雄であるランボーに陶酔してる様子が垣間見られるって映画オタが言ってた



■内容
 警察から理不尽な扱いを受けたベトナム帰還兵の決死のゲリラ戦を描いたアクション。
シルヴェスター・スタローン、リチャード・クレンナ、ブライアン・デネヒーほか出演。




46以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/19(水) 21:01:17.38 ID:R7G6VAgD0

ビスマルク号を撃沈せよ
一般的にアメ物の映画は戦争であろうがなんであろうがラブシーンがお約束だから、それに慣れないうちは違和感がある



■内容
 快速不沈戦艦ビスマルク号──第二次大戦中、ナチス・ドイツが当時その科学力の粋を集めて建造した最新鋭の戦艦。ヨーロッパを席捲したヒトラーがイギリスへの補給路を絶つべく北大西洋上に出動させ猛威をふるった。
 本作は、無敵戦艦ビスマルク号とそれを撃沈せんと必死の闘いを挑むイギリス海軍との死闘をスリリングに描いた戦争大作だ。




50以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/19(水) 21:03:31.23 ID:EGnQ2OzZ0

>>46
あれは確かイギリスがつくったような

まあ面白かったけど




47以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/19(水) 21:01:48.41 ID:dFX2tB4e0

ジャーヘッドって評判悪いの?



■内容
 『アメリカン・ビューティー』のサム・メンデス監督が、湾岸戦争を題材に描いた異色の戦争映画。
18歳で海兵隊に入隊し、過酷な訓練に耐え狙撃手として戦場に派遣されたスオフォード。
彼を待っていたのは果てしなく続く待機任務の日々だった。




51以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/19(水) 21:03:41.00 ID:6GY/2w7w0

>>47
みたけど普通だった




48以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/19(水) 21:02:16.28 ID:EGnQ2OzZ0

スターリングラード(1993)
まあオタ以外にはつまらんかも



■内容
『秋のミルク』のヨゼフ・フィルスマイヤー監督、トーマス・クレッシュマン主演で贈る戦争ドラマ。
第二次世界大戦中、ソ連南部の都市・スターリングラードでの市街戦を描いた作品。
極寒の戦地で必死に生きた一般兵たちの人間ドラマが展開する。




49以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/19(水) 21:02:41.17 ID:jX0eDgNw0

1941



■内容
 ハリウッドの寵児となったスティーブン・スピルバーグ監督が手掛けた実験的コメディ。
41年12月13日、北カリフォルニア海岸に浮上した日本海軍の潜水艦をめぐって大騒動が巻き起こる。




52以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/19(水) 21:06:12.35 ID:bLkX98Oj0

トラトラトラ



■内容
 1941年12月未明、真珠湾急襲に出た日本軍。それを探知していながらも防ぐことができなかったアメリカ軍。
暗号<トラ・トラ・トラ=真珠湾攻撃に成功せり>とともに日米両国は太平洋戦争に突入していく──。




54以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/19(水) 21:17:29.82 ID:s●xfuuDn0

バルジ大作戦



■内容
 第二次大戦、ヨーロッパ戦線。連合軍は進撃を続け、ナチ崩壊を目前に早くも勝利ムードに浸っていた。
しかし陸軍中佐のカイリーだけは、独軍が再度反撃してくるのではと考えていた。
 その頃ドイツでは、へスラー大佐らが起死回生をかけて、アルデンの連合部隊を急襲。
ドイツ軍は連合軍前線基地を次々と撃破し、戦線後方にはパラシュート部隊を降下させようとしていた。

大脱走



■内容
 第二次大戦下、脱走不可能といわれていたドイツのスタラグ・ルフト北捕虜収容所から、連合軍将兵250人が集団脱走を計画、実行した! この信じられないような史実を『荒野の七人』の巨匠ジョン・スタージェスが豪華オールスター・キャストを配して映画化。
 収容所の中で3本のトンネルを掘りながら、脱走後の身分証明書、衣類等を調達する捕虜たち。
脱走の意思を秘め、壁に向かってキャッチボールを繰り返すマックィーン。
 有名なエルマー・バーンスタインの『大脱走のマーチ』の音楽がさらに作品を盛り上げる。

八甲田山



■内容
 日露戦争前夜、徳島大尉(高倉健)率いる弘前第三十一連隊と神田大尉(北大路欣也)率いる青森第五連隊は、八甲田山を雪中行軍することに。 少数編成で自然に逆らわず行軍する三十一連隊。
一方、大編成で真っ向から八甲田に挑んだ五連隊は、目的地を見失い吹雪の中を彷徨し、遭難する。
 新田次郎の『八甲田山死の彷徨』を、黒澤明の愛弟子で東宝青春映画の旗手として知られた森谷司郎監督が完全映画化。
出演者の中に脱走者が出たとも伝えられる極寒の八甲田で長期撮影を敢行し、正に本物の雪の恐怖が観る者に襲いかかる。
 また、傲慢な上司(三國連太郎が熱演)の采配ミスで部下が四苦八苦する五連隊の構図は、現代サラリーマン社会とも共通するものがあり、当時「洋高邦低」と呼ばれて久しかった日本映画界で未曾有の大ヒットを記録。
日本映画の底力を見せつけるとともに、森谷監督は以後超大作監督として大いに名を馳せることになった。




55以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/19(水) 21:28:06.41 ID:5uB8Rzlc0

男達の大和



■内容
 2005年4月。鹿児島県の漁師・神尾(仲代達矢)はかつて戦艦大和の沈んだ地点まで一人の女性・内田真貴子(鈴木京香)を連れて行くことに。
かつて大和の乗組員であった神尾は、およそ60年前の、あの戦争の日々を思い起こしていく……。
 辺見じゅんの同名ドキュメント小説を原作に、『新幹線大爆破』『未完の対局』などの巨匠・佐藤純彌監督が手がけた戦争超大作。
実寸大の大和を建造しての撮影はリアルな迫力に満ちており、また当時の若者たちの厳しく熱く、そして哀しい青春群像が魅力的に綴られるとともに、組織と個人の関係性にこだわり続ける佐藤監督ならではの鋭い軍隊批判が垣間見られていく。
戦時下の女性たちの描写もさりげなく描かれているのもいい。
 戦闘シーンの迫力は日本の戦争映画で最大規模のものであろう。その上で60年後の現代と対比させながら、明日への希望を示唆する構成も大いに功を奏しており、まさに今の時代ならではの深く温かい人間ドラマの傑作として屹立している。




31以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/19(水) 20:56:44.33 ID:+O12Nsed0

ってすげー本数有難い
片っ端から借りてくわ




【画像あり】糞埼玉大学生だがミス埼玉大学立候補者がブスしかいねえwww
【衝撃画像】ファミマのトイレに ”金魚” が泳いでいた件www
【画像】なぜ深海生物というものはこうも魅力的なのか
学校でウザかった行為挙げてけwwwwwwwwwwwwww
引用元:これは見とけって戦争映画を教えてくれないか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加