引用元:友達をやめるとき122

676おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/10/10(月) 02:23:28.31 ID:XN21DlQd.net

数年前、転勤族の夫と一緒に関東に引っ越した時に、習い事を通じてAさんという女性と仲良くなり、その後、Aさんの友人のBさんを紹介され、時々、3人で会ってお茶をするようになりました。

Aさんが妊娠・出産したのを機に習い事をやめ、3人で会うことはなくなりました。
私も、子育てで忙しいだろうAさんをこちらから誘うのは気がひけて、Aさんともほとんど会わなくなりました。

この時点ではBさんは「友達の友達」という認識でしたが、しばらくするとBさんから何回かお誘いを受けるようになりました。
Bさんが何故私を誘うのか不思議でしたが、「周りが皆子育て中で忙しいからかもしれないし、何かしら私を気に入るところがあったのかもしれない」くらいに思っていました。

私は家で一人で読書をするか、夫と二人で過ごすことを好み、友達も少数で良いと考える人間なので、
昔から、基本的には旧友(か、著しく魅力を感じる人)以外は自分からは誘いません。
ただ、感じの良い人から誘われたときは、夫との生活に支障がない場合は特に断りません。

Bさんはそこそこ話の合う人で、何回か遊んで「Bさんも友人かもしれないな」と思い始めた頃に、いつものようにお誘いの電話がありました。

「~にできた新しい~のお店に行こうと思うんだけど、○日は空いてる?」
「ええ、空いてますよ」
「やったあ!いつも直前でごめんね!」
「いえいえ、家にいても家事か、本を読んでるだけですから」
「だと思った!なかなか遊びに行く機会もないだろうと思って、これは誘ってあげなきゃと思ってたの!あなたこっちにはまだそんなに友達もいないでしょ?」
「そうなんですか、ありがとう。○日は何時にしますか?」

こんな感じの会話をして、そのときは「なにか、ひっかかるな」と感じた程度でした。




ふよ速人気記事



677おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/10/10(月) 02:24:06.08 ID:XN21DlQd.net

その後何回もBさんの口から「知らない土地に来て友達もいない、家に閉じこもりの可哀想な人を誘ってあげなきゃと思ってw」というような発言があって、
私は「ああ、Bさんは、私のことを勘違いしてるんだな」と思いました。

私は、家族といる時以外は、一人でいる時が一番寂しくなく、自由で楽しいのです。

人と会うのも読書と同じくらい楽しいことですが、なければないでかまわないのです。

なので、Bさんが、転校生に優しくする学級委員のようなつもりなら、私には必要ないので、お断りしようと思いました。

Bさんとはそろそろ友人になるのかな?と思い始めていたので、
『友達だと思っていた学級委員に「先生に頼まれたから仲良くしたんだよ」と言われた転校生』のような拍子抜けした気持ちもありました。

また、Bさんは私より一回り年上(独身)で、同年代の友人は(おそらく)ほとんどがAさんのように子育て中なので、
「Bさんが私を誘うのは私のためじゃなくて、単に平日も誘えて子供もいない知人が他にいないからじゃないかな」とも思いました。

そういう漠然としたモヤモヤがあって、次回のお誘いはお断りしよう、と決めましたが、
「ごめんなさい、その日はダメなんです」と断ると、「なんで?ひまでしょ?」と少し怒った様子で言われました。
「いいえ、やることがあるんです」「なに?」「予定が」「だから予定って何?」「……」




678おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/10/10(月) 02:30:39.92 ID:XN21DlQd.net

ここまでのやりとりで私は、(嘘をついた自分のことは棚にあげて)Bさんは少しデリカシーのない人だな、と思いました。
「予定」が人に知られたくない内容かもしれないのに、と。(通院など)

けどまあ、あいまいな嘘をついた自分が悪いので、少し考えて
「あの、資格試験の勉強を始めたんです。だからその日というか、しばらくは無理なんです」と答えました。
(ちょうどその年に受けようかなと考えていた語学試験があったので、「実際に受験することに決めて、今から勉強して合格すれば、一応、まったくの嘘ではなくなるし」と考えました)

Bさんは白けた様子で「あー、そうなんだ、わかった。頑張ってね」と答えました。
おそらく、口実だと分かったのだと思います。

Bさんに悪かったかなー、という気持ちと、「けどこれでBさんも間違った親切心を発揮する必要もないし、私も自分自身に興味のない人と会う必要もないし」という気持ちが半々でした。
それからお誘いもなくなったので、それからはいつも通りに過ごしていました。

先日、久しぶりにAと会った時に、「そういえばBさん、(当時)あなたから急に避けられてショックだったって言ってたよ。本当?」と聞かれて
素直に上記の理由(同年代は子育て中で他にひまな人間がいないのだろうというくだり以外は)を話したところ、
「それはあなたがおかしい!冷たい!」とやや興奮気味に怒られました。

私も今振り返ると、Bさんにとっては
「親切心」も「他にひまな人間がいない」のも本当で、けれど、だからといって私に対する好意(友情?)がなかったわけでもないんだろうな、と思いました。
実際、Bさんと話すのはそれなりに楽しかったので、Bさんもそれなりに楽しかったのではないか、と。

であれば「誘ってあげなくちゃと思って」という表現に対して性急に「そんな必要はないから大丈夫ですよ!」と(内心)つっぱねるのではなく、
ただ深く考えずに誘われたら会って、友情(だったかもしれないもの)を育てていれば良かったのかな?という気もします。

Aとも友人ではなくなったので、記念に書きました。




679おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/10/10(月) 02:57:22.65 ID:tZgJQJ2X.net

ゴミつきすぎ
勘違いもなにも言わなければ伝わらない
友達は少数でいいなら、それなりに楽しいくらいの人に関わらなければよかったのでは




680おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/10/10(月) 04:20:45.21 ID:Fmd+VYKf.net

断ってもしつこく理由を訊いてくるような人間とは誰だって距離を置きたくなるわ




682おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/10/10(月) 07:29:13.83 ID:BEq9Xscx.net

人間行きてりゃ関わりたくないのに
関わってしまうやつがどうしてもいると思うわ




683おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/10/10(月) 08:10:13.67 ID:GIY1Dp4h.net

語尾がずっと
~でした。~なりました。
だから童話読んでるみたいだったわ




アクセスが多い人気記事!

アンテナサイトを経由して記事に移動します


管理人からのお知らせ( ^ω^ )

  • このエントリーをはてなブックマークに追加