引用元:その神経が分からん!その6

784名無しさん@おーぷん2015/03/20(金)15:02:49 ID:KVh

体調が悪いなら電車やバスに乗るなと言う人

学生の頃、電車でヒールで踏まれた
運悪く指を踏まれたんだけど、骨が砕けるように複雑な骨折をしていた上にかなり足がえぐれてた
それから学校に行く前に病院によってから登校する生活になった
消毒のために毎日病院に行くはめになって面倒くさかった記憶があるけど、指が腐って切断しなければいけないかもしれないと言われたので、ビビりながら通院してた
指は紫を通り越して黒くなっていたし、爪はあるのか無いのかわからない状態で、足はなんか忘れたけどがっちりカバーみたいなのを付けられていた
指一本のために松葉杖生活
電車では毎日席を譲ってもらっていた



【管理人オススメ人気記事】


アンテナサイトを経由して記事に飛びます。



ある日、病院から学校までの電車で席を譲ってもらったら、女の人から「席を譲ってもらわなきゃいけないのなら、電車を使ってはダメでしょ」と言われた
「あなた最近毎日席を変わってもらってるわよね、人の好意を前提とした生き方は卑しい人間のやること」
「他人に迷惑をかけることが解っているのなら公共交通機関を使ってはダメ、お父さんがお母さんに送ってもらいなさい」
「そうやって他人に甘えるように教育されてるけど、そういうのは子育て放棄した親が他人に子育てをまかせる育児放棄」
大体こんな感じのことを降りるまでずっと言われ続けた
周りの人は関わっちゃいけないと判断したのかスルーしてた

そのうち病院にいく頻度も週1くらいになり、足の仰々しい固定器具も無くなった
その頃、またあの女の人が電車に居るのを見つけた
その時は妊婦の人に絡んでいた
妊婦の人も席を譲ってもらっていたらしく、「他人の好意を前提とした公共交通機関の利用は〜」と説教
大人なんだから自分で車を運転して移動しろとまで言っていた

そしてまた別の日、足もすっかり良くなって経過を見てもらいに病院に行った後、またあの女の人がいた
また誰かに絡んでたけど、もう聞いていたくないので車両を変えた
「親に電話してすぐ迎えに来てもらえ」と言っていたので、子供に絡んでたんだと思う

驚くことにこの体験を話すと、稀にこの女性に同意する人がいる
女性は何ら間違ってない、あんたが間違っている、あんたは親に病院と学校の送り迎えをしてもらうべきだったと
父親いないし、母親は正社員で働いてたから無理だよと話しても、意見を変えなかった
この人たちとはけして解りあえないと思う




786名無しさん@おーぷん2015/03/20(金)16:53:57 ID:l3r

>>784
ヒール怖えぇ~




787名無しさん@おーぷん2015/03/20(金)17:06:36 ID:D8e

>>784
>「席を譲ってもらわなきゃいけないのなら、電車を使ってはダメでしょ」

そんなん言ってたら席を譲るという行為自体がなくなるわ




790名無しさん@おーぷん2015/03/21(土)09:52:41 ID:BnT

>>784
その女はホラーだけど、大雑把な気持ちはわかる
怪我とかなら仕方がないが、老人が席を譲ってもらうこと前提で電車に乗るのはおかしいとおもう
それならタクシーとかで移動しろよとおもうよ。
あとはベビーカーとかなら満員電車の時間は邪魔だから避けるべきだし(しかも分かることだし)。
そういうのは普通の意見だとおもう




794名無しさん@おーぷん2015/03/22(日)10:31:33 ID:qbu

>>790
満員電車のベビーカーの件は同意だが、年寄りは電車を使うな!ってのは根本的に間違ってるよ
そもそも電車やバスは公共交通機関であり、自家用車で移動出来ない人の為の乗り物でもあるからね
高齢化で年金は減ってるのに介護保険料が増えている高齢者に移動のたびにタクシー代出せってのも酷だ
>>790は自分が高齢者になったらタクシー代出せる位の金持ちなんだろうから分からないんだろうけど
そもそも健康で仕事もある若者なら公共交通機関使ってケチってないで自家用車使えよと




797名無しさん@おーぷん2015/03/23(月)00:02:14 ID:cl7

>>794
同意
電車やバスは公共機関だもんね。
譲ってくれるのは当たり前、譲りなさいよ!な人たちは論外として、お年寄りや身体障害者、病人怪我人、妊婦等乗るな!ってのは暴論、おかしいよね。




791名無しさん@おーぷん2015/03/21(土)10:07:17 ID:BnT

電車繋がりで思い出した。
数年前、70代後半の私の祖母の妹にあたるひとと二人で電車に乗ってた。
乗ったときはまばらに席が空いていて、二人ならんで座れるのは優先席だけだから並んで座っていた。
談笑して何駅かすぎるうち、少し人も増えてきたのでお年を召した人に声をかけて席を譲った。
乗ってきてすぐに声をかけたのに、「なんで優先席に座ってるんだ!」(要約)といったことを繰り返し怒鳴り出した。
私も初めは「すみませんねー、席どうぞ」とニコニコしていた。が、あまりにしつこいので「専用座席でもないし譲っているのに何か問題でもありますか?」と静かに怒った。
たぶん相手は私の外見(弱そうw)を見て強気に出てたんだとおもう。少し反論しただけでもう押し黙った。
すかさず他の乗客も「ねーちゃん悪いことしてないじゃんwwww」と加勢してくれた!
私の親戚も「あなた、いい加減にしなさいよ!」と肩を持ってくれて優勢へ。
結局ぶつぶついいながら別の車両にいった、元気なよくわからんばーちゃんでした。
あの神経はなんだったんだろう。見た目弱そうな女に突っかかるのが生き甲斐なのかな。

でも他の人はあたたかく、問題のひとが去ったあと「気にしなくていい」「席を譲ったあんたはえらい」と言ってくださり、
また別の人も降り際に一言あたたかい言葉をかけてくれました。




793名無しさん@おーぷん2015/03/22(日)10:28:08 ID:Ba8

電車の席の譲り合いの話を読んで思い出した。
先月通勤経路が変わってから、毎朝同じ時間に地下鉄に乗る男性がいる。
自分は障碍の種類に詳しくないためよくはわからない。
その人は松葉杖も車椅子も使っていないが、
たぶん一生治らないタイプの脚の不自由な方。

自分とその人が乗る路線は地獄のように混むので、
どうしても乗りたい人は何本か見送るのが普通。
すぐ乗りたい人用に白の線、何本か見送る人用に黄色の線で
並ぶ場所が明示的に分けられているほど。

いつも同じ時間に乗る彼は、乗客の乗車があらかた終わって
ドアが閉まるアナウンスが流れる頃にゆっくり乗り込んでくる。
当然のごとく、座席は全部埋まっている。
すると彼は諦めて次の地下鉄を待つために降りるわけではなく、
座席に座っている人に席を譲れと交渉し始める。

この間は自分の隣の人が頼まれて譲ったんだが、
荷物が多くてなかなか席を立てなかった。
するとイライラした様子で席に着いた彼は
スマホでTwitterのアプリを起動し、
誰もが皆自分のことで手一杯、みたいなことを
打ってるのを見てしまった。

自分も昔足を骨折したとき、何本も見送るの嫌だけど座りたいことがあった。
そのためには、ラッシュを避けて1時間早い地下鉄に乗ったり、
上司に頼んで空いてるけど時間のかかる路線に変えたりしてたけど、
人に席をせびっておいて、感謝を口にしないどころか
当然のように思う人間がいることが衝撃だった。

生まれつき他の人と違う身体をしているのは、
感謝の心も無くしてしまうほど、大変なことなのかもしれない。







【管理人オススメ人気記事】


アンテナサイトを経由して記事に飛びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加