(-д-)本当にあったずうずうしい話 第1話


 

581名無しさん@おーぷん2014/11/12(水)12:06:49 ID:???

2年前の11月に彼女との結婚を反対されて別れたんだが、今月違う人と入籍したので厄落としに書いてみる。
当時俺は28歳。彼女は27歳だった。仕事が縁で知り合いつき合うようになって、彼女の友人たちが次々と
結婚し始め、彼女も結婚を口にするようになった。自分も結婚を視野に入れてつき合っていたこともあって、
(自分の職場があまり女性と知り合う機会がない環境だったこともあり)彼女がそう言うなら、そんな時期に来たんだろうくらいに思った。
そして彼女と話し合い、2週間後に彼女のご両親にあいさつに行った。
自分は一人っ子でその前の年に父親が事故で死んでいたので、まあ母子家庭と言えば母子家庭だった。
そしてそのことが彼女の父親は気に入らなかったらしい。
片親のところには嫁に出せないと言われた。正直なところ自分が頼りなかったってこともあるのかもしれないが、
片親のところに嫁に出せないと言われると、実際片親だったのでなんといえばいいのかわからなくて言葉を返せなかった。
しかし何も言わずにいるわけにはいかないと思ったので、自分が彼女のことを大切に思っているし
幸せにするための努力は精一杯させてもらう、みたいなことをつたないながらも言った。
自分の何がいけなかったのかいまだに理解できないんだけど、彼女の父親にお茶をぶっかけられて追い出された。
その日は彼女の母親にもう帰った方がいいと言われ帰ったんだが、彼女の母からも、彼女からも謝罪の言葉も何もないことに衝撃を受けた。
その日から彼女との結婚は不安になったけど、三顧の礼という言葉もあるぐらいだから、
こんなものなのか?とか考えながら帰った。

でも母親にはそんな話はできなくて、友人に相談したら友人も三顧の礼って言葉もあるから、
もう一度行ってみたらって言われたので、彼女と話し合ってもう一度お願いに上がったんだが、
とにかく片親のところには嫁には出さない、そう言われた。一番どうしようもないことを何度も言われて、
彼女にどうすればいいのかわからない、と言ったら俺に誠意が足りないんだと言われた。
彼女の父親に誠意を見せていないから父親がかたくななんだと言われたんだ。
要するに母親の面倒は見ないという約束をしないということだった。
俺の母親は、俺が結婚したら今住んでる家を俺に譲って自分の実家に帰って姉妹で住むことになっていたんだけど、
もうそんな話もしたくなくなって、俺には君の父親に誠意を示す方法がわからない、と言うと彼女の方から、
父親の説得もできない男の人とは結婚できないと言われたので、これ幸いと別れることにした。
俺があっさり別れることにしたことに驚いたようだったけど、彼女にも意地があったんだろうそのまま俺と別れることになった。
その後、彼女の会社の人から彼女ともう一度話をしてみたらとか、彼女に話を通してあげようかとか、
いろいろ言われたけど、俺は片親だから彼女の父親のおめがねにはかなわない、で押し通した。
その後俺は会社主催のクリスマス会で、友人の妹を紹介してもらい現在に至るんだが、
この間、彼女の勤める会社の元担当と会う機会があって、彼女がいまだに俺のことを最低な奴だって悪口を言ってるって
笑いながら言われた。会社では片親の人とは結婚できないらしいよという話になっててなかなか相手が見つからないらしい。
上司なんかにも片親の相手は紹介できないしなって言われてるらしいよ。
結局彼女の父親はどうしたかったんだろうなって今も思うよ。




585名無しさん@おーぷん2014/11/12(水)18:46:14 ID:???

>>581
訳わからん親子だな
片親はだめだが、その残った親を捨てれば許すってのか?
そんな鬼畜どもと縁が切れて本当によかったわ




587名無しさん@おーぷん2014/11/13(木)00:20:21 ID:???

>>581
その彼女の両親に父は去年死にましたと正確に説明した?
片親で育てられたと勘違いされてない?
片親って普通、子供が成人してから亡くなった場合には使わないぞ
とは言え片親で何が悪いと言いたいけどな




588名無しさん@おーぷん2014/11/13(木)08:12:02 ID:???

>>587
この手の奴は何にでも難癖つけるよ。
母親しかいない=将来は同居で介護に違いない=俺達の介護は?
みたいに全て自分たちの都合で考える。
歪んでて意地が悪い人たちだから
うっかりご縁を結ばなくて良かったんでしょう。




593名無しさん@おーぷん2014/11/13(木)20:15:01 ID:???

>>587
彼女も葬式に出てくれたんだけどね。




引用元:(-д-)本当にあったずうずうしい話 第1話
  • このエントリーをはてなブックマークに追加