今までにあった最大の修羅場 £18


 

98名無しさん@HOME2011/08/28(日) 21:37:00.80 O ID:

デパートで買い物中に古い友人(Aとします)に会った
久しぶり!ときゃあきゃあしあっていたら、Aは実はトイレに行くところだと判明
待っている間に向こうからこれまた古い友人(男、Bとします)が女性連れで歩いて来た
仲間の情報でBが近々結婚の彼女がいるという話を聞いていたので、おめでとうを言おうと思ったが、彼女がいるのにちょっとな、と他人の振りをしようとしたら
「○○じゃん!久しぶり」
と向こうから声をかけてきた
ちらっとそっちを見れば満面の笑顔のBの隣でこっちをものすごい形相で睨み付けている彼女
「声かけないでよ!」と内心、思いながら手を振ろうとしたら後ろから
「ごめんね~。トイレ込んでて」
とAが来た
「あ、ほら!Bだよ」と逃げ場をAに求めようとしたら、彼女の顔が固まっていた
不思議に思いBの方を向くとそっちは凍っていた
すぐにAはにこっと微笑むと
「よく分かった。じゃあね」
と私の手を取って歩き出した




その後を追い掛けるB、そして「ねぇ、どうしたの?」と騒ぎながら追い掛けるB彼女
私がAの速さに付いて行けず、こけそうになったところでBが追い付き何やらもめていた
その間、私はB彼女からBとの関係を問い詰められていた
終始、笑顔のAに対しテンパっているB
「いいじゃない。結婚する相手が変わっただけでしょ?私からその子に」
でようやく分かった
Bの結婚相手はAだった
「じゃあ、その女性は?」
私の顔に出ていた問いにAは
「だから最後まで人生は分からないもの。こういう時の終わり方はきれいにこう」
そう言うときれいな音を立て、Bの頬に見事な手形を残すと
「きれいに終わるのが一番」
注目を浴びる中、とりあえず私はずっとしたかった質問をしてみた
「えっと・・Bくん、その女性はどうするの?」
「捨てる訳ないでしょ?捨てちゃだめよ。かわいそうに」
とA
B彼女からキーキーがなられBはすでにからからに乾いていた




112名無しさん@HOME2011/08/29(月) 11:50:12.63 O ID:

>>98 乙
巻き添えくらって大変だったね
月並みすぎる言い方だけど結婚前にクソ男とわかって良かったんでは


結婚決まってから往生際悪くちょろちょろ遊ぶ人っているよなあ




116名無しさん@HOME2011/08/29(月) 13:30:49.95 0 ID:

>>98の文章、ちょっと目が滑るというか3回ぐらい読み直してしまった




132名無しさん@HOME2011/08/30(火) 17:13:44.73 0 ID:

俺は好きだよ>>98の様な書き方、読んでて楽しかった。




129名無しさん@HOME2011/08/30(火) 10:25:27.71 0 ID:

分かる。読んでて頭がギギギギギギーってなった。

しかし、現実でもこういうとっ散らかった喋り方をする人って結構いるよね。
話の本筋に無関係なディテールが多い(トイレ云々、きゃあきゃあ云々)、
要点をかいつまむのではなく、時系列を追って話すことしかできない、
主語(動作主)を明示しない、独自の表現(「からからに乾いていた」など)を多用。

話を聞いている(文章を読んでいる)うちに、道に迷ったような気持ちになってくる。




99名無しさん@HOME2011/08/28(日) 21:52:45.23 0 ID:

モテる男に罪は無しというお話でした。




101名無しさん@HOME2011/08/28(日) 22:05:11.73 0 ID:

罪がないなら、なんで捨てられてんだよw




引用元:今までにあった最大の修羅場 £18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加