引用元:今までにあった修羅場を語れ【その16】

409名無しさん@おーぷん2016/02/03(水)22:17:42 ID:apq

ずっとずっと昔の話
妊娠が発覚してからすぐ夫が事故に合って亡くなった
実感がわかないままバタバタと過ごし葬儀やらなんやらが終わってからはお腹の痛みもあって引きこもりながら過ごしてた
そんなある日中学の頃の同級生から遊びの誘いの電話が
元々仲が良かったわけでもないし、妊娠していて調子が悪いからと断った数日後チャイムが鳴った。

ふよ速人気記事



モニターフォンなんかついていなかったのでドアを開けると子供が飛び込んできた
私が尻餅をついていることなんかお構いなしに家へ入っていく元同級生とその子供達
帰れと言っても聞かずヒーローごっこをおねだりする子供と台所を漁る元同級生
どうしたら帰ってもらえるか悩んでいたら、遊ぼう遊ぼううるさかった子供たちに足を引っ張られ尻餅をついたところお腹へ飛び乗られた
急にお腹の痛みが強くなり、タクシーへ飛び乗り病院へ(実家へ帰ろうと引っ越し途中だった為家に盗まれるようなものはないと判断)
病院では何もできることはないから安静にするしかないと言われそのまま実家へ避難
次の日、起きたら流産していた
そこからは毎日ボーッとしていたんだと思う、何をしていたか全然覚えていない
上記の事があってから10年程、知らない番号からの着信に出ると元同級生
電話の内容を要約すると子供が女の子を孕ませた、結婚できる年齢じゃないから結婚はしないけどするようなものだから結婚祝いと出産祝いよろしく。ついでに新品のベビー用品持ってるよね、それももらってあげる。とのこと
この時夫が死んでからの事がバーっと浮かび、初めて泣いた、あんたのせいでと怒鳴った
気付いたら電話は切れてて、後ろで母が泣いていた
喜んだらいけないんだけど、あんたが泣けるようになって、怒れるようになって良かった。と言われ朝まで一緒に泣いた
元々腹痛はずっとあったから何もなくても同じだったのかもしれない、足を冷やさないようにとモコモコの靴下を履いていなければ子供の力じゃ転ばなかったのかもしれない、ドアを開ける時にチェーンをかけておけばとか色々何年も考えたけどやっぱり無理
死ぬまであの家族を恨み続ける。





411名無しさん@おーぷん2016/02/03(水)22:44:17 ID:rPC

>>409
ひどすぎる話だ。一生恨んでいいよ。そんな優しさの欠片もないようなコジキのクレクレなんか。
その元同級生とは完全絶縁した?大丈夫?




412名無しさん@おーぷん2016/02/03(水)22:46:12 ID:9QQ

>>409
その元同級生の所業を友人・知人・他の元同級生達にチクり捲くってやりたいな




4144092016/02/04(木)14:46:16 ID:JSv

昨日は酔った勢いでつい吐き出してしまいました
元同級生は夫が死んだ事を知り形見やら遺産目当てでうちへ来た、シングルマザーなんてかわいそうだからと子供にお腹攻撃させてみたら大袈裟に痛がってて笑えた〜と話していたと共通の知り合いから聞いたので周りにはバレてるとは思いますが本人は何とも思っていないようです
元々友達でも何でもないので着信拒否だけして関わりは切れているはずです
優しい言葉もありがとうございます。
未だに夫が忘れられず、妊娠するということに恐怖を感じるのでそっち方面は諦めていますが、やりがいのある仕事やいい人たちに出会え多少は充実した日々を送っています




413名無しさん@おーぷん2016/02/03(水)22:49:19 ID:Rkj

>死ぬまであの家族を恨み続ける。
きっと私やここの人達がその連中の事呪ってくれるから、
貴方はそんなクズ共の事は忘れて幸せになる事を考えて下さい。




415名無しさん@おーぷん2016/02/04(木)17:20:56 ID:qv8

>>414
思う事は沢山あるけれど言葉にならない。
でも概ね>>413さんと同じです。
人や仕事に恵まれて本当に良かった。心からおめでとう、そして409の周りの人・やりがいのある仕事よありがとうと思う。
そんな裏話まで聞かされたら恨むなとは言えません
でも恨むのは年に一度5秒くらいにして、貴女の時間を大切にして欲しい。




416名無しさん@おーぷん2016/02/04(木)17:41:22 ID:oum

>>414
そのクソ女に最悪の不幸が訪れてることを願わずにいられないよ。何考えてんだ。他人事ながら許せない。
周りにもバレてるんならCOされてるだろうね。
苦しんだぶん幸せになれるよう祈っとく。祈るしか出来なくてごめんなさい。




アクセスが多い人気記事!

アンテナサイトを経由して記事に移動します


管理人からのお知らせ( ^ω^ )

  • このエントリーをはてなブックマークに追加