引用元:今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 95度目

826おさかなくわえた名無しさん2013/06/12(水) 02:26:12.76 ID:iMkmsmEs

中学の頃、集会のために教室を空けていたすきに、先生たちが勝手にカバンを開けて持ち物検査をし、違反物を没収していた。

やりすぎだと抗議されても聞く耳持たず、「風紀を守るためだから仕方ない、とったものは卒業まで返す気はない」と。

しかも予め対象を絞っていたらしく、真面目なやつのカバンは一切いじられてなかった。

確かに自分の中学は荒れていた時期があったけれど、それが落ち着いた今になってもここまでやるのかよ、と子供ながらにすごく衝撃だった。








【管理人オススメ人気記事】


アンテナサイトを経由して記事に飛びます。

828おさかなくわえた名無しさん2013/06/12(水) 07:40:26.75 ID:DzsRNkij

>>826
うちの中学でもあったなぁ。
で、違反の見つかった人は校庭100周。

そもそも所持品検査をした理由がひどかった。
「定期テスト前の立入禁止の職員室から、問題の原稿が紛失」
「教師は悪い訳がない。無くなったのは生徒が盗んだから。」

流石にPTAでも問題になったがそれ以上に大きな話にならなかった昭和の話。




827おさかなくわえた名無しさん2013/06/12(水) 07:26:15.71 ID:efW+5PaS!

ぼくらの7日間戦争思い出した


『ぼくらの七日間戦争』(ぼくらのなのかかんせんそう)は、1985年4月に発行された宗田理の文庫書き下ろし小説。
1学期の終業式の日のこと。
中学校の1年2組の男子生徒が突如行方不明となる。
親たちは彼らを探すが全く見つからない。
実は男子生徒たちは、荒川べりの廃工場に立てこもって、外にいる女子生徒と、FM発信機で外にFM放送を送信する係の男子生徒1人と協力し、そこを日本大学全学共闘会議をまねた「解放区」とし、校則で抑圧する教師や勉強を押し付ける親に対し、反旗を翻していたのである。
だが、実は21人のうち1人だけは、それに参加する前に誘拐されてしまった。
男子生徒たちは彼を救出しに奮闘すると同時に、突入してきた教師に様々な仕掛けで対抗する…。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ぼくらの七日間戦争







【管理人オススメ人気記事】


アンテナサイトを経由して記事に飛びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加