今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その4


 

872名無しさん@おーぷん2014/12/08(月)14:10:11 ID:qUz

嫁と出かけると感じる男女の能力差にスレタイ

嫁は重度の方向音痴で、地図があっても目的地に行けない
何度も何度も頻繁に通わないと道を覚えられないし、少し脇道に逸れただけで戻れなくなる
なので道を知らないところは絶対俺と出かけるんだが、その時「コンビニあったっけ?」と言うと「交差点の○○って店の隣にあった」とか
「何かイベントやってるみたい」と言うと「さっき寄ったお店にイベントのチラシが置いてた」とか
「靴ずれおきた」と言うと「少し戻ったところで薬局の看板あった」とか
目に入るものを細部まで見ていた

わかりやすく言うと、嫁は木を見て森を見ずだが、俺は森を見て木を見ない感じ



873名無しさん@おーぷん2014/12/08(月)14:48:00 ID:Cok

女性の道の覚え方は周囲の目印を基準にしてルートを覚えるんだが
本当に重度の方向音痴の人の中には「黒い車の横の道路」とか
「パトカーの止まってた交差点を右」とか動くものを基準にして
道を覚える人がいてこのタイプだと二度同じルートが辿れない
何度も道を通わないと覚えられないのはこのタイプの疑いがある
こういう人には動かないものを基準にするということを覚えるだけで
方向音痴がかなり改善される
あと「白い壁の家を左」みたいに同様のものがたくさんあるものを
基準として覚えて迷うのもよくある




874名無しさん@おーぷん2014/12/08(月)15:17:42 ID:ATg

>>873
おぉ、衝撃…
昔スマホとか無かった時代に、初めて行く場所に行く途中、帰り途のために
「あのトラックを右と覚えとこう」とか友達にくだらない冗談言ったりしたけど
本気と捉えられちゃう可能性があったのか




875名無しさん@おーぷん2014/12/08(月)16:54:32 ID:vER

嫁と話してるとホントに感じるなぁ、それ。
「誰が何を着てた」とか「店のどこに何があった」とか「出先で何を見た」とか、
こっちが全く意識向けて無いところを意識してるんだね、あれは。
あと、「俺がいつ何を言ったか、何をしたか」について、防犯カメラ?ってくらい
よく覚えてる。言った言わないは常に俺の負け。その前後の言質まで
きっちり覚えてるから、流石に言われれば思い出す感じ。
下手するとニセの記憶を捏造出来るくらいはっきりと
その時の台詞を言ってくるからぐうの音も出ない。

物事の優先順位が全く違うんだろうけど、本当にスゴいわ。




引用元:今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加