不倫されて離婚。間男、元嫁のその後 12


 

939名無しさんといつまでも一緒2013/12/24(火) 01:18:19.15 i ID:

悔しすぎて誰かに聞いて欲しいから投下。
スレチだったら許して欲しい。

旦那33歳
プリ22歳
私30歳

プリと旦那は職場不倫だった。
私も旦那とは職場恋愛だった。

仕事ができる人間だと社内で評判だったし、若いのに給料も良かった。
旦那と付き合ってることが一つのステータスだったし、結婚が決まった時は、羨ましがられた。

実家が貧乏だったから、高層マンションに住めたことも嬉しかった。

旦那は私の言うことは何でも聞いてくれた。
旦那も私も子どもは欲しくなかったから、計画子無し。
旦那には3万円のお小遣い制。
タバコを辞めろと言えば辞めてくれた。
新婚旅行もヨーロッパに一週間連れて行ってくれた。
帰りが遅くても、怒るとすぐに帰ってきてくれていた。

全部、私のことが好きだからしてくれているのだと勘違いしていた。







940名無しさんといつまでも一緒2013/12/24(火) 01:19:27.85 i ID:

三年間くらい前、旦那がヘッドハンティングされて別の会社に移った。

給料は減るし、
帰りは前より遅くなった。

そもそも会社を移ることすら、前の会社に辞表を出してから知らされた。

そのことで喧嘩が増え、会話はあまりしなくなった。
1年前くらいから、旦那は度々離婚しようと言うようになったが、無視していた。
思えばこのときから不倫していたんだと思う。




941名無しさんといつまでも一緒2013/12/24(火) 01:20:23.61 i ID:

離婚話を出すようになってから、旦那は寝室で寝なくなった。
元々レスだったから気にならなかったが、休日がいつかということさえなくなった。

つまんないから、私は実家に戻った。
実家に戻ってからずっと旦那から連絡はなかった。

そして、いきなり
いつ離婚する?
とメールがきた。

メールだし、社会的な立場や地位を気にする人だから、どうせ冗談だと思っていたが、本気だった。
数ヶ月ぶりに会った旦那は、自分の分を埋めた離婚届を渡してきた。

離婚したくないと言うとなんで?と言われた。
逆にしたい理由を聞くと、
こんな合わないのに、結婚し続ける意味は逆にあるのか。
と聞かれた。
その通りだが、金の面でも、体裁的な意味でも離婚は嫌だった。
旦那は、譲らなかった。
離婚しても、お互い幸せにならないだろと言い続けていた。
面倒だったので、親に話してくれたといった。




942名無しさんといつまでも一緒2013/12/24(火) 01:21:09.45 i ID:

私の親は頑固で、絶対離婚はさせないと言っていたけど、
片道2時間の距離を終電ギリギリの電車に乗って、週の1~3のペースで離婚させてくださいと頭を下げる旦那に両親も折れた。




943名無しさんといつまでも一緒2013/12/24(火) 01:21:42.20 i ID:

離婚話のちょっとあとに夫婦で呼ばれた旦那の同僚の結婚式があったんだけど、そこでとことん旦那に無視された。
普通、旦那の上司や同僚、部下に妻だと言って紹介するもんだと思っていたが、とことん無視。
同僚夫婦は、元々夫婦で仲良かったのに、一緒に挨拶することもなし。
社長に、嫁と仲良くしろよと言われても、愛想笑いを浮かべるだけ。
一緒に帰ろうかと待っていたら、
帰れよ、俺、二次会行くから
と言って1人でスタスタ何処かへ行った。

この日で、もう私も夫婦としてやっていけないと悟った。




944名無しさんといつまでも一緒2013/12/24(火) 01:22:20.37 i ID:

離婚すると決めてからは、とっとと進んだ。
賃貸マンションで、資産もなかったし、貯金だけ夫婦で分けた。

高層マンションは引っ越すと言っていた。
元々私の荷物は殆ど実家に置いてあったので、荷物運びはすぐ終わった。

付き合った頃から、仕事を何より優先する人だったので、他に女がいるなんて、思いもしなかった。




945名無しさんといつまでも一緒2013/12/24(火) 01:24:27.04 i ID:

しかし、離婚して半年後、職場の女と同棲していることがわかった。

しかも、会社公認で付き合っているらしい。

昔のツテで、その女(おそらく元プリ)のことを聞いた。

プリは、旦那の元部下。
旦那より10個も年下。
酒が好きでよく旦那と飲んでいた。
飲み会やイベントの参加率が高く、ノリもいい。
仕事も割と出来る子で、あまりプリを悪く言う人は会社にいない。
旦那と付き合いだした時期は公表していない。
お揃いの時計をつけて、時々手を繋いで帰宅しているところが目撃かれ明るみになった。
それ以前に、旦那がプリと結婚前提で付き合っていますと上司に報告をしていたので、社内で公認になった。




950名無しさんといつまでも一緒2013/12/24(火) 08:41:41.43 0 ID:

どう見ても婚姻関係が破綻したあとです
お疲れ様




951名無しさんといつまでも一緒2013/12/24(火) 12:11:04.66 0 ID:

釣りとしか思えないほど自分勝手な物言いしてるな

結婚して何でも願いを叶えてくれた旦那に自分は何かしてあげたのか?
離婚に瀕しても金と体裁しか考えない女にいつまでも愛情が枯渇せずに続くとでも思っているのだろうか
旦那は結婚後半は相当辛い思いでもしてて、それを慰めてくれた職場の女性と離婚後につきあった、の方がよっぽど現実味があるわ




952名無しさんといつまでも一緒2013/12/24(火) 13:00:00.47 0 ID:

>給料は減るし、
>帰りは前より遅くなった。

>そもそも会社を移ることすら、前の会社に辞表を出してから知らされた。

>そのことで喧嘩が増え、会話はあまりしなくなった。

自業自得じゃん




953名無しさんといつまでも一緒2013/12/24(火) 15:15:31.47 i ID:

絶対に不倫していたんだろうと思う。

問い詰めようと思って、旦那の家に凸ったら、旦那に、
不倫なんかしていない。
彼女が怖がっているから、来ないでくれ。
と言われた。

帰り際に、やっぱり挨拶すると言ってすっぴんで出てきた彼女を見て、見覚えがある顔だと思った。
旦那同僚の結婚式で見た子だった。

旦那の奥さんだよ、挨拶しろよ
と、旦那の元部下に連れられてきた子。

旦那さんにはお世話になっています。
ここまで仕事が出来るようになったのは旦那さんのおかげです。
ありがとうございます。

と笑っていた子。

私に挨拶をした女の子は彼女だけだったので、はっきり覚えている。

あの頃、もう付き合っていたのかと思うと腸が煮えくり返りそうだ。




954名無しさんといつまでも一緒2013/12/24(火) 15:26:11.46 i ID:

書き溜めは以上です。
規制食らって途中までで投稿して申し訳有りませんでした。

離婚前のプリと旦那の関係で不倫してたんだろうなという点があります。
•プリの誕生日の夜中に旦那が知人にお金を借りる。
•酔った時何度かプリを下の名前で呼ぶ。
•プリが恋愛が辛い的なことを呟く。→離婚後削除済み
などです。

旦那のことを愛していたのかと言われるとわかりません。

ちなみに、手を繋いで歩いたことはありませんでした。
お揃いのものを身につけたこともありません。
結婚指輪はありませんでした。
煙草、辞めたと言っていたのに、プリと住んでいる家には、煙草がありました。
プリも吸うんでしょうね。
女の子用のパッケージの煙草と、独身時代に旦那が吸ってた煙草が二つありました。

旦那も、私を愛してなんかいなかったような気がします。

釣りではありません。




947名無しさんといつまでも一緒2013/12/24(火) 06:23:08.01 i ID:

あなた自身は元旦那を愛していたの?なんかお金と地位が欲しかっただけのように見える。




955名無しさんといつまでも一緒2013/12/24(火) 15:55:15.23 i ID:

>>947
離婚したくなかった理由は、独身に戻りたくなかったのと、戸籍に傷がつくのが嫌だったからです。
両親も戸籍に傷がつくのを嫌がっていました。
姉妹の中で一番目をかけて育てられたので。




956名無しさんといつまでも一緒2013/12/24(火) 18:48:20.46 P ID:

>>955
結局愛情なんかないわけだし、相手からすれば別れて正解だね。
消費女に付き合わされる事ほど男が損を感じる事はないと思うよ。




957名無しさんといつまでも一緒2013/12/24(火) 18:53:32.66 P ID:

都合のいい事ばかり書いてるけど、あなたは旦那何かしてあげたことあんの?

それはともかく、あの時あーだったとかだけでは何もする事は出来ないですし、証明にはなっていないです。
仲は良くて飲みとかには行っていたけど付き合っていなかったと言われればそれまでだよ。証明出来る証拠が必要だしね。

自分が嫁として夫婦として愛情もっていたらこんな事にはならなかったと思いますよ。自業自得かな。つかそんな感じだと誰とも長く続かない気がする




958名無しさんといつまでも一緒2013/12/24(火) 18:58:51.32 i ID:

>>957
証拠とは例えば過去の通話記録とか、メールとかですよね。
もう離婚したし、興信所やとったとしても無駄でしょうか。




引用元:不倫されて離婚。間男、元嫁のその後 12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加