毒親育ちで子供を産むのが怖い6


 

61名無しさん@HOME2014/01/20(月) 16:29:31.65 0 ID:

医者は虐待とか毒親とか、そこまではケアしきれないものね…
うちは子供の頃からお腹の調子がおかしくて、
遺伝で腸が弱いせいだと言われて、そうなのかと思ってた
便秘と下痢を繰り返すのが日常で、
今思うとあれは過敏性大腸症候群だったんだろうなあ
結婚して家を出て、40前くらいに、毒親の毒が抜けてきた感覚がして、
いつのまにかお腹も治っていた
子供を産むにはもう遅かったから、選択小梨だけど、
やっとのことで、人生って楽しいもんだな、と思える様になったよ

それでもまだ、引きこもりがちだし、対人関係構築は苦手
趣味なんかの習い事も旅行も、抵抗感があってする気になれない
あともう一息なんだけどなあ…






62名無しさん@HOME2014/01/20(月) 20:46:09.30 P ID:

>>61
自分もお腹が弱かい
小さいころによく自家中毒をくりかえして点滴常連。下痢症。いまは交互w
自家中毒になるとよく「あんたはほんとに…」と迷惑そうにされたもんだわ…

ある人との出会いをきっかけに母は40代で
「立派だと思っていた母のことが本当は嫌いだった」「ACだった」と気づいたらしく
高校生のときにアダルトチルドレンの本を渡された

その頃は一度毒が抜けてうまくいきかけたんだけど、60過ぎたあたりから毒が悪化した
干渉もひどく、傷つくことをいくらでもいうし注意しても諦めろといってくる
若いころはウルサイなあで一蹴できたことを、最近は生理的嫌悪感までおきていてストレスにしか感じない
育ててお金かけてくれた恩はあるから、最低限のことはするが会いたくない

怖いけど子供がほしいので子づくりはしてるけど、産後の手伝いとかに来てほしくない
子供を産むのが怖いというより、それをきっかけにかかわろうとしてくる母が怖いのかもorz




63名無しさん@HOME2014/01/20(月) 22:01:19.44 0 ID:

>>62
>子供を産むのが怖いというより、それをきっかけにかかわろうとしてくる母が怖いのかもorz

まさに自分はこれだったよ
だから選択小梨で子を持つ事を諦めた




64名無しさん@HOME2014/01/21(火) 08:08:16.99 0 ID:

>>63
62です。レスありがとう。わかってくれる人がいて、変な言い方だけど嬉しかった

母は責任感と善意ある自己中心な人で、何を話してもプレッシャーしか感じない
ムダに自信と体力に溢れてた20代はそういう親もハイハイと流せたけど、
30代に入り正解のない結婚生活とか、妊娠への不安、持病をかかえながらの生活の不安っていうものもできてきた
でも、人間らしい心の機微がわからない親だから、いちいちストレスを増幅させるような言い方しかしない

やむを得ない感染症にかかれば「夫に迷惑かけてばかりで、夫さんにもう訳ない」とグチグチいってくるし
もう面倒だから体調悪くても知らせなければ、入院したんじゃないかと大騒ぎする
夫に迷惑かけて凹んでるのは私なんだから、プレッシャーかけられると逆にストレスで逆効果といえば
もっと図々しくなれ、そういう人のほうが付き合いやすいんだ、とこっちがまるで神経質かのようにアドバイス

人の気持ちに寄り添う、共感して言葉を選ぶっていう発想がないくせに
常に自分が正しい、で他人の感情を否定しながら善意一杯で関わろうとしてくるから恐怖だ
悪人ではないけど、とにかく一緒にいて不快。他人と心地よく会話したり察する能力がない、それに尽きる。

夫は「親なんだから…」というと鈍感タイプだし、女手ひとつだから「感謝すべき」というモラリスト
だから親が嫌い、消えてほしいと思うことすらあるなんて言えない




65名無しさん@HOME2014/01/21(火) 12:42:41.10 0 ID:

>>64
夫が鈍感なのは辛いな…
味方になってもらえないと、追い込まれるよね
ごめん、自分だったらそういう人は耐えられそうにない




66sage2014/01/21(火) 13:25:07.11 0 ID:

>>65
うん、けっこうつらい
恩にも利害(たとえば子育てを手伝ってもらえるとか)にも
世間体にも勝る育ての親への嫌悪感って、なかなか理解できないものかもしれないけどさ

母が遊びにきたときも、夫は「温泉に招待しておいで」「もっとゆっくり」と
とても歓待してしまうから夫婦で心の温度差がハワイとアラスカくらいあったw

義母(夫の母)や叔母たちが田舎ならではの過干渉で毒気味だったせいか、身内からの干渉や発言に対しての夫のスルースキルが半端ないんだよね。
義父も夫とそっくりでスルースキルが神。
どんなことにも、口は悪いけど悪気はない、空気読めない失言は多いけど人はいい、不器用なだけ、責任感も愛情もある、で相殺できてしまうらしい。

だから義母からのストレスを受けて辛いってのも数年わかってもらえずw
ようやく義母から逃げてきたけど、今度は実母…。これを理解してもらうのはハードル高いorz

でも、鈍感な夫に腹が立つと同時に、怖くなる部分もある。
私もあんな毒要素が実はたくさんあって、毒母育ちでスルースキル満点な夫だから
気づかず私と結婚したんじゃないか…って。
長文すんません。




69名無しさん@HOME2014/01/21(火) 14:30:52.72 0 ID:

なんかどれを読んでも、自分が書いたかと勘違いするレベルw
毒母って、んとに糞だわ

>>66
その最後の怖い部分だけど、怖くなる必要はないんじゃないかな。
そこまで思い詰めなくても。単なる相性の問題だと思うよ。

娘と母の関係と、息子と母の関係は全然違うよねえ。
旦那さんにはそこを乗り越えて、
「自分には理解できない」けど「妻は確実に苦しんでいる」
という風に理解してもらえればなあと思う。
うちの場合は、わかりやすい虐め(母による)の例が沢山あったから、
それをポツポツと思い出すがままに話をしていたら、
何だか凄く納得出来たようだった。
66さんにはそういう嫌な記憶とか無い?




70名無しさん@HOME2014/01/21(火) 15:12:50.69 0 ID:

>>69
ありがとう、相性かー
そういえば、お互い人間嫌い。動物好き&マンガ好きで一致してるw
一番汚いのは人間だよねーとか笑っていいあっちゃうヒネクレ夫婦だ
マンガも愛や友情系のじゃなくって、寄生獣みたいなのが好きという…

たしかに息子と母の関係は違うね。異性だからというのもあるんだろうな。
母にとっても息子は恋人というけど、娘にはそういわないもんね。
よくかんがえたら、うちの毒母も弟には一定の距離感や遠慮?みたいなのを持ってる。
私には言うけど弟にはいわないことがたくさんあるし、私には感情的になってひどい。
夫には、理解できないかもしれないけど母と娘っていうのは独特なんだよ、っていうのをわかってもらうことが先決かもね。

うちの母はわかりやすい虐めみたいなのはなかったんだ。
むしろ、女手ひとつで起業、子供を育てて教育もして気骨あるシングルマザーと尊敬されてる。
確かに仕事面ではすごいけど、その分だけどこか枠からはずれた変人なんだよね。
家庭では独裁者で女王で、逆らったら大変だった。
あ、怒ると髪つかまれてひきずられたこともあった。
とても感情の上下が激しくて疲れる人だった、家出したこともあったとはいったことがあるけど
夫はそういうことも話したけど、もう和解してふつうの仲良し親子だと思ってる




75名無しさん@HOME2014/01/21(火) 16:34:58.38 0 ID:

>>70
>あ、怒ると髪つかまれてひきずられたこともあった。

わかりやすいイジメあるじゃん
うちもやられたけど、こんなのしつけの範囲じゃないよイジメだよ

髪がぶちぶち抜けて、頭皮が内出血して、たんこぶみたいになって頭をなぐられたのと同じ感じ
ボサボサになった頭をクシでとかすと泣くほど痛くて
これがたいしたことじゃないっていうなら、母親の髪の毛をつかんで床の上を引きずり回すわ
とか夫に言ってたら理解してもらえたよ




71名無しさん@HOME2014/01/21(火) 15:16:07.80 0 ID:

長くなったので分割。
思い返せば、20代になって地元離れて人生順調だったうえに
親も病気になって一時期弱弱しくなっちゃったもんで
私もそういうのをすっかり忘れて(親も大変だったんだと水に流して)
大人対大人な関係になれたと錯覚してた。
独身だし安定した企業で働いてたから、親も不安ではなかったろうし
口出すスキマなんてなかったのもあると思う。

でも、結婚して鬱になって実家を頼って療養したり、子供できなかったり、持病が次々とでてきたりしてから
親が心配といってどんどんこっちの人生設計や家庭に口出しを初めて…あれ?と思うことが増えた。
嫌な言い方をされたり、アドバイスという名の押し付け、キャッチボールにならない会話の連続に、
幼いころの辛い思い出(ひどいことをいわれたり、叩かれたり)ってのがフラッシュバックした

うちの母が、私に何かを「与えよう」とすると、距離感が大人対大人じゃなくて母娘になって、
親子だから何言っても平気だろうっていう、幼き頃の毒モードが出てくるんだと思う。
また長文ごめん。でも書いててすこし整理できたよ。誰にも言えないから心が少し軽くなった。






引用元:毒親育ちで子供を産むのが怖い6
  • このエントリーをはてなブックマークに追加