(-д-)本当にあったずうずうしい話 第1話


 

69名無しさん@おーぷん2014/05/15(木)01:33:01 ID:???

ずうずうしいと修羅場で迷ったのだけどこちらに投下。
私は所謂苛められっ子で学生時代を過ごした。
その学校(小学校)は一学年に六クラスあり、クラス毎に一人苛められっ子がいるような底辺だった。
小学6年の頃、片思いをしていた相手からこっぴどく傷付けられるフラれ方をしたりして、結構辛かった次期があった。
そこから紆余曲折があり苛められっ子だった事から立ち直った後、小学6年のあの頃から13年経った25歳の年に同窓会のお誘いがあった。
当時の事は気に病んでも仕方ないと考えてとりあえず参加。
同級生男で訳の解らんフィンガー5みたいなサングラスかけた顔黒メッシュなチャラ男が「久しぶりー。お前変わってないねー。ってかちょい可愛くなってね?」とか何やら親しげに話しかけて来た。
チャラ男嫌いな私は引き気味に会釈して相槌を打ってた。
話を聞いていく内に「俺が誰か解るー?」と聞かれて素直に「誰?」と聞いた。
そのチャラ男は小学6年の頃、片思いしていた人でした。
なんか不潔そうだし気持ち悪いしで引いてたら「まぁ再開したのも何かの縁だしね。」と肩に手を回して来たので避けて「ごめん、私結婚してるんだ。」と言った。
恩師に見せる用に旦那と子供の写真を持ってきてたのでそれを見せて席を立った。
恩師と談笑して帰ろうとした頃、同級生の女が数人絡んで来て席に付くよう誘われた。
そこで「何か変わったね。元気だった?」等と雑談しながらお酒を勧めて来た。
それを快く受け取り飲みつつ会話をしていると、女達の顔が何かニヤニヤし始めた。


多分強い酒か何か入ってたのかも知れないけれど、実はザルなので全然酔わない。
何杯飲んでも顔色変えずにケロッとしてる私をみて「お酒強いねー」と言う。
その後何故か同級生男達と飲み比べな雰囲気になったのだが全員先に潰れた。
沢山お酒を飲んだので会費を多めに包んで会場を後にしたけど、後日誘ってくれた同級生から聞いた話では、私をお酒で潰して男数人でいかがわしい事をしようと画策して女に一服盛らせたらしい。
それでも酔わなかったので男数人がかりで潰しに来た。と言う事だった。
(酔い潰れた男の一人がクダ巻きながらその計画をブツブツ言ってたそうだ。)
計画丸潰れな上の二日酔いで男達は散々だったらしく、そこからは同窓会に誘われなくなりました。
長くなりましたが以上です。
今は人とはあまり深く関わらず、ぼっちマンセー。です。




72名無しさん@おーぷん2014/05/15(木)09:54:41 ID:???

>>69
図々しいはなしでではないが、色々と酷いはなしでだったな。底辺てノリでそんな犯罪に手染めるのね男も女も。縁切れて良かったね。




引用元:(-д-)本当にあったずうずうしい話 第1話
  • このエントリーをはてなブックマークに追加