その神経が分からん!その2


 

401名無しさん@おーぷん2014/08/07(木)23:00:08 ID:???

友人の神経わからん話。

この春からプロミュージシャンになる夢を実現すべく、フリーター生活を経て専門学校に通い出した自分の学生のときの軽音楽部の友人。
時々会ってはご飯を奢っているんだが、彼の同期に本格的に音楽の勉強をするために仕事を辞めてきたという30代後半の男性(Aさんとする)がいるらしい。
Aさんは「音楽はあくまで趣味」と言い切っており、プロを目指しているのではないそう。
別に専門学校に来る理由なんて人それぞれでいいと自分は思うけど、友人はそれが気に入らなかったらしい。
友人曰くAさんは「プロを目指して切磋琢磨する集団の中に紛れ込んだ、やる気のないカビみたいな奴」らしい。




しかし、友人はそんなカビみたいなAさんがよほど気になるのか、わざわざAさんのfacebookを検索して見つけてきた。
Aさんは、たくさんの音楽仲間に囲まれて、あちらこちらにライブを見に行ったり、または自分がライブをしたりセッションに参加したりと、かなり充実した音楽生活を送っているようだった。
友人の尊敬する講師の先生とも入学以前から私的な交流があるようだった。
多分、「プロを目指す」と言っている友人よりもずっと上手いんだろうと思う。

また、Aさんは、仕事を辞めて趣味に打ち込めるだけあって、それなりに裕福でもあるのだろう。
高価な楽器を使っているみたいだし、独身かどうかは知らないが最近は同期の女の子達が熱い視線を送っているとか。
友人はそんな女の子達も気に入らないらしい。

友人は生活費のためのバイトが忙しく、思うように練習の時間が取れないことに苛立っているようで「あくまで趣味」と言いながら、自分よりはるかに充実した生活を送っているAさんをいまだにカビだの何だのとバカにしつつ、さらに敵対心を燃やしているようだ。

AさんにはAさんの、我々より長い時間積み重ねてきたものや苦労があって「今」があるのだろうし、他人のことばかり見ていたって仕方がないんだから自分のことだけに集中すればいいのに、Aさんのことが気に入らない気に入らないとそればっかり言っている。

別にAさんに何かされたわけでもないのに、正直めんどくさい。




引用元:その神経が分からん!その2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加