今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その4


 

19名無しさん@おーぷん2014/10/10(金)22:23:53 ID:Z7X5I67fv

まとめサイト見てたら、頭に腫瘍ができてた、という話で
俺も思い出したのを1つ

高校2年の秋の晩、のんびりとラジオを聴きながら勉強して、日付変わってから寝た
次の日の朝、着替えをして学ランで1階に降りてテレビのニュースを見てたら、いきなり頭痛が
とにかくめっちゃ頭が痛い
トンカチで殴られたくらいの痛みで、涙が出るわ吐き気はするわ、もちろんメシも食えずに
「いてぇ、いてぇ」ってゴロゴロのた打ち回ってた




親も「なに?学校行きたくないの?」て笑ってたんだけど俺が涙目で訴えるので、怪しく思い始めた
頭痛なら医者に見てもらうか?という話になったが、母親が「県民病院とかの大きな病院ででCT撮ってもらおうよ」と言ってくれて、病院へ
医者に頭痛が止まらない、吐き気もすると訴え、医者も「ただの頭痛でしょw」ってな具合で笑ってたんだが、母親の必死な願いで、CTを撮ってもらった
「保険利きませんが」とも言われたがね

いざCT
で、そのあと医者と看護婦が真っ青な顔して俺を車椅子に乗せて「今後1週間は絶対安静、即入院になります!!」
え?え??意味もわからず女性看護師さんにベッドに寝かされ、マッパ(素っ裸)→寝巻きに(超恥ずかしかった)
で、その日のうちに手術の説明・・・「麻酔後に頭の骨をドリルで穴開け→血を吸い出す」とのこと・・・硬膜下血腫でした
次の日に手術決行。頭の中に500mlの血の塊(ゼリー状)があったとのこと(実物見てないけど)
医者に「よく生きてたね」って驚かれた(笑)

手術後の医者からの説明で、何より衝撃的だったのが、
「普通の硬膜下血腫は血がサラサラなのに、俺の血は「ゼリー状で固まっており、溜まり始めたのがおよそ5、6年前から」だということ
そして、その「5、6年前(小学校高学年)では、頭への衝撃は親父からの拳骨以外にない」ということ
つまり俺の手術の原因は親父の拳こt(ry

入院中、絶対安静だったため用足すにも女性の看護師さんにチ●コにカテーテル突っ込まれたりとかで
恥ずかしい思いもしたけど割愛w
後半1週間は、のんびり安静に過ごしてた

退院するまで、怒涛のように衝撃がいくつもあった2週間でしたわ


引用元:今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加