(-д-)本当にあったずうずうしい話 第1話


 

390名無しさん@おーぷん2014/08/30(土)21:21:58 ID:???

昔、近所の商店街で歳末セールの福引(ガラポン)やってて並んだら
私の前にいたのが近所のAさんだった。
お互い同い年の息子を連れてて、順番がくるまでおしゃべりしながら並んでた。
Aさんの順番、2回回して白・白とハズレだった。
笑いながら商店街の50円の商品券2枚を受け取っていた。
私の番、私も2回回して1回目白、2回目で紫色が出た。
ガランガランと鐘が鳴らされて「2等出ましたー!」
2等は1万円。息子と一緒に大喜びしてたら何故かAさんも大喜び。



Aさん「やったー!ねね、ランチしましょうよ」ですって。
え?なに言いだしてんの?と思ってたらAさんの息子さんが
「お母さん、しっかりしてよ!
 当たったのはおばちゃんだよ!お母さんじゃないよ!」って。
その言い方が妙におかしくて思わずクスッと笑ってしまった。
Aさんはバツが悪そうに息子さんの腕を引っ張ってスタスタ帰って行った。
お母さんは図々しいけど息子さんはしっかりしてるなぁと感心してたら
それからずいぶん経ってから、あの子は父親の連れ子だってことを人伝に知った。
もしかしたら、あの後理不尽に叱られたりしたのかなあ。
それにしても図々しい。




引用元:(-д-)本当にあったずうずうしい話 第1話
  • このエントリーをはてなブックマークに追加