(-д-)本当にあったずうずうしい話 第154話


 

114おさかなくわえた名無しさん2012/03/03(土) 11:23:24.97 ID:TxJKRNcc

引っ越す前の話

小学生の時に拾った仔猫2匹と暮らしていた
猫なのにリードつけてのお散歩が好きで、中学生の時に知らないオバサンから猫いらない?と声をかけられた
これ以上は飼えないと親に言われているからと断った。可愛いのに…とか少し言われたが何事もなく終了
数日後、自宅裏門に成猫1匹捨てられていた。防犯カメラには、あのオバサンらしき人が映ってた
後日談でオバサンは団地の人で新築に引っ越すからウチに「あげた」と言ってたらしい
両親は怒っていたけど、そんな人に返しても猫が可哀想だからと飼うことになった。回りには本当は捨てられていた事は勿論話した。





それから団地のアホが猫を捨てるようになった。酷い時は仔猫4匹とか。高齢の猫。妊娠中もいた。仔猫以外は何かしら病気もってた。
仔猫は里親探して、妊娠は可哀想だけど処置して、避妊去勢、病気は治療して…
結局引っ越すまでに15匹すてられた。最初の2匹は共に21歳の天命を全うして今はいないけど、捨てられた猫が7匹います。

貰ってもいないし、欲しがってもいないし、つーか団地のキチガイが生き物飼うんじゃないよ!
と自分だったら言いたいけど、言ったら面倒臭いことになってたのかな




115おさかなくわえた名無しさん2012/03/03(土) 11:38:57.36 ID:RXPA8gbw

うちも一時期そんな感じだったから分かる
乙でした
引っ越し万歳(∩´∀`)∩

最後の2行言っても多分聞いちゃいないから何とも思っちゃいないよ
面倒だから人に押し付けてるんだもん
猫に罪はないけれど馬鹿でアホなあいつらは苦しんで死ねと思う




116おさかなくわえた名無しさん2012/03/03(土) 12:23:57.84 ID:qtFkNxlB

たいした覚悟もなしに動物を飼って捨てるアホは、自分が捨てられればいいのに。




引用元:(-д-)本当にあったずうずうしい話 第154話
  • このエントリーをはてなブックマークに追加