(-д-)本当にあったずうずうしい話 第100話


 

228おさかなくわえた名無しさん2009/04/14(火) 11:17:29 ID:vJWwm2+m

ある雨の日に同じ部屋にいた会社のAが、
タクシー呼んだよ!乗って乗って!と声をかけてきた。
Aは年上で、飲み会の席で挨拶する程度。
自分は傘を持ってたし、途中買いものもあったけど、
せっかく誘ってくれたのだしと乗った。
他にもAと同年齢で、優しく後輩にも気を使うBさんも一緒に誘われたので、
気軽に駅まで会話しながら乗って行った。
降りる時メーターを見たBさんがAにお金を渡そうとしたので、
自分は普通の流れとして「いいよ、自分が誘ったんだから」的なものを想像した。
が、このスレとしてw当然Aはそのお金を何も言わず受け取った。 
自分もBさんと同じ金額を急いで渡したら、それも何も言わず受け取って払った。
Aは雨に濡らしたくないらしい大きな荷物があったようで、
それをタクシーの運ちゃんからトランクから出してもらい、
じゃあ自分はこっちだから!また!と明るく別れて行った。
タクシー代が1000円(仮)としたら、Bさんと自分はそれぞれ400円づつ出したので、
Aは200円で乗ったわけだ。
今度誘われたら、ちょっと用事がと言ってぜったい断る。




229おさかなくわえた名無しさん2009/04/14(火) 11:46:17 ID:rdJKqYkA

それぐらい良いんじゃないの?




230おさかなくわえた名無しさん2009/04/14(火) 11:56:41 ID:nFKyhwGz

良くないだろ。
百歩譲ってAが400円、Bと228が300円って分け方なら納得するけど。
自分だったら金輪際Aとはタクシーに乗らん。




231おさかなくわえた名無しさん2009/04/14(火) 12:07:05 ID:rdJKqYkA

みんなそうなのかな?
百円単位の損得なら気にしないけど

毎回毎回だと嫌な気分になるかもしれんが




232おさかなくわえた名無しさん2009/04/14(火) 12:15:41 ID:/e04lK++

>>231
額が大きい少ないのことじゃないと思うよ
半ば騙すようなやり方をするずうずうしさが嫌ってことで




233おさかなくわえた名無しさん2009/04/14(火) 12:23:45 ID:tZF1mAYe

>>231
百円単位だからこそだよ




236おさかなくわえた名無しさん2009/04/14(火) 12:35:18 ID:vJWwm2+m

>>231
>>232や>>233が解説してくれた通りだ。
ちなみにAは男性でBさんと自分は女。
この話を他の同僚のC(女)にしたら
Cは出先で「一緒に食事に行こう」と誘われ、
ちょっとめんどくさかったらしいけど、Aは先輩だし断りづらくて、
某ホテルの天ぷら屋に行ったらしい。
「どんどん食べて!」「デザートもどう?」等Aに言われ、
奢りだろうなと思っていたら、会計の時当然のように「じゃあ○○円」と、
きっちり半額請求されズッコけたらしいw
Aは日本酒をガンガン飲んでたらしく、結構な金額を払わされていたw




237おさかなくわえた名無しさん2009/04/14(火) 12:37:09 ID:f4tKABd3

>>236
Aさんが独身なのか気になる




241おさかなくわえた名無しさん2009/04/14(火) 13:03:19 ID:vJWwm2+m

>>237
Aは既婚者です
あんまり詳しくは聞いたことないんだけど、既婚者の筈




242おさかなくわえた名無しさん2009/04/14(火) 13:05:55 ID:f4tKABd3

>>241
そういう旦那持ってる人って大体同類だったりするから
身内の指摘から改善されることはないだろうね
Aと付き合わないことが一番快適かもしれんね




234おさかなくわえた名無しさん2009/04/14(火) 12:33:24 ID:+mJDcV1M

自分の荷物をぬらしたくないからタクシーを呼びつけたのに
金を払わせるために他二人を呼びつけて乗せて
さらに金を多目に払わせて自分はトンズラ

最悪だろA




238おさかなくわえた名無しさん2009/04/14(火) 12:46:42 ID:m9AFjy0e

2、300円のことでよくそこまで騒げるなw




240おさかなくわえた名無しさん2009/04/14(火) 12:48:26 ID:+mJDcV1M

>>238
数百円のことで騒いでると思ってるの?
読解力ない人だね。




【画像】俺んちのファミコンがなんか違うwwwwww
【嫁のメシがまずい】夕飯にザリガニ出された・・・
【画像】俺が中二病時代の遺物を晒していくwwwww
電車で席を譲るよう要求してきた妊婦に「私は本当は右足が一本しか無いんですよ」といってやった
【海水男】家のヨメは料理は出来るが、海水男の俺にとってはハズレヨメ。【2年越し長編】
引用元:(-д-)本当にあったずうずうしい話 第100話
  • このエントリーをはてなブックマークに追加