今までにあった最大の修羅場 £37

875名無しさん@HOME2012/04/14(土) 10:40:27.05 O ID:

10年以上前の話。

高校生の頃、初夏の蒸し暑い日に朝駅まで全力ダッシュしたら乗り込んだ電車が動き出した途端に鼻血が出た。
次の駅で降りて駅員室に駆け込み、冷水とタオルとティッシュを借りたんだけどダラダラと蛇口を捻ったように勢いよく鼻血が出続けて止まらなかった。
1時間近く出続けて、さすがに顔色変えた駅員さんが「救急車呼びますか?」って言ってくれたんだけど、何とか止まったのでそれは断った。

んで、何を思ったのか当時のアホな私はそのまま学校へ向かった。
うちの高校の夏服は、上が白のセーラー、下が淡色のスカートであちこちにティッシュで受けきれなかった血がついていて超カオスで電車に乗り合わせた人とかがギョッとしてたんだけど、何故か「こんな格好だからこそ早く学校へ行かなきゃ!」と思っていて一旦帰宅して着替える、という選択肢が浮かばなかった。

電車とバスで学校に辿り着いたのが1時限目終了間際で、校庭で体育をやってた生徒指導の超厳しい先生が私の格好を見て顔色変えて「お前どうした!」と叫んで駆け寄ってきたところで貧血と安心したので立ちくらみで倒れた。

気がついたら保健室で、保健の先生の他に学年主任(これも怖い)がいて「何があった!」って聞かれたから、素直に「鼻血を出しました」って答えたらムチャクチャ怒られた。
午前中説教と保健室での休養でつぶれたけどあの時どうしてかたくなに登校しようと思ったのか今でも分からない。




901名無しさん@HOME2012/04/14(土) 14:53:08.57 O ID:

>>875
先生方が修羅場だった話かw
病気とかじゃなくて良かったね
意外と非常事態のときって何故か日常的な普通の行動とりたがるんだよね
人間の脳の不思議




876名無しさん@HOME2012/04/14(土) 10:42:31.01 0 ID:

血液の病気とかではなかったの?




877名無しさん@HOME2012/04/14(土) 10:58:14.09 O ID:

>>876
当時耳鼻科に行ったら「鼻の粘膜が弱ってる」って診断されて
粘膜を強くする薬と、血液が凝固しやすくなる薬を貰ったけどそれっきり。
数年前妊娠したときの血液検査でも異常はなかったから
多分白血病とか血友病ではないと思う。
あんなに勢いよく出て止まらなかった鼻血はあの時だけだし。




878名無しさん@HOME2012/04/14(土) 11:42:33.07 0 ID:

ああ、それ見て思いだした
夏のある日、献血して、
そのあと普通に歩いてたんだけど
暑かったからか腕の針あとから血がだらだら出てた
しかも結構な量
全然気づかず前から来る人が紅海のように割れるのをしばらく不思議に思ってた
10分くらいは気がつかなかったw
警官が走ってきて、どうしましたかって言われるまでw




880名無しさん@HOME2012/04/14(土) 11:57:08.94 0 ID:

駅員さんで思い出した。

20年ほど前の話。
某地下鉄駅構内のDPEでバイトしてたんだけど、ある日の午後、駅員さんたちが数人、
担架やタオルを持ってホームの方へ走り抜けていくのを見た。
ちょうどその時自分は、近くの店へ配達に行く用事があったので店を離れた。
戻ってきて、駅員さんに「さっきどうしたの?」と聞くと、ホームで食中毒の症状が
出てしまった人がいたそうな。
若いOLさんが、「助けて! 助けて!!」と叫びながら、上から下から汚物放出。
電車内ではどうにか我慢したんだろうが、降りたところで限界だったんじゃないかなあ?と
気の毒そうに語る駅員さん。人身事故ほどではないとは言え、これはこれでまた
大変だなあと思った。
ただ、携帯写メやらツイッターやらの無い時代の出来事だったのが、今思えば
不幸中の幸いであったかと。




881名無しさん@HOME2012/04/14(土) 12:01:00.37 O ID:

>>880もし自分だったら飛び込み自殺しかねんw




882名無しさん@HOME2012/04/14(土) 12:02:25.27 0 ID:

上からはともかく、下からって…気の毒すぎるな。




883名無しさん@HOME2012/04/14(土) 12:09:40.05 0 ID:

かわいそうだ…
今だったら即効でtwitterに上げられてしまうだろうね




歯を白くするために歯の表面を彫刻刀で削った結果wwwwwwww
【画像あり】電車内でのマナーが悪すぎる親子がいると話題
息子に論破された時の親が言う苦し紛れの2大名言
彼女「お腹に赤ちゃん居るって」 俺(これで俺にも家族が出来るんだ) 彼女「でね、別れて欲しいの」 俺「」
会社の取り組みの事で教育を担当したが、その受講者の中にいたAが段々調子に乗り出した。
引用元:今までにあった最大の修羅場 £37
  • このエントリーをはてなブックマークに追加