引用元:■□■ チラ婆のチラシの裏 ■□■ part.22

602名無しさん@おーぷん ID: ID:???

婆ね保育士やってるの。
先日、子供が二人亡くなった痛ましい事故あったじゃない?
それ以降、朝子供を連れてやって来る保護者達にね「何かあったら先生達だけが頼りです。
何があっても子供だけは守って下さいね。本当にこちらは先生達を信用して預けてるんですから。」と言われたの。
それは婆は何かあったら命を落としてもいいという事なのかしら…。
勿論何かあったら子供は守るんだけど、なんかこう言われると釈然としないのよね。
子供にまつわる色々な事件が起こるたびに、こういう事言われるとさすがに堪えるわ…。




ふよ速人気記事



604名無しさん@おーぷん ID: ID:???

>>602
それはモヤモヤするわね。嫌な言い方だわ。
あの事故だって保育士さんになんの落ち度もないし、その保護者はお前が命を落としても子どもを守れと言ってるわよね。
園が預かっている子ども達の安全に留意するのは当然のことだけど『信用して預けてやってるんだから』みたいな上からな言い方は、関係のない婆からみても不愉快だわ。
いろいろと気苦労も多くて大変でしょうけど頑張ってね。




609名無しさん@おーぷん ID: ID:???

>>602
お仕事お疲れ様です
凄い保護者さんもいらっしゃるのね。まだお子さんが小さいから、普段お家で見ている時も不安で仕方ないのかもしれないけど…そんな言い方ないわよね
婆も子供が小さい時は保育園にお世話になったわ。怪我とも言えないような小さな傷でも、保育士さんが物凄く謝って下さるから、こちらが申し訳なくなったものよ
どんな事情であったにせよ、我が子を預ける以上は親の責任だと思うわ。まして保育士さん達は赤の他人である子供達を、万全を期して見て下さっているんだもの。大変なお仕事よね




623名無しさん@おーぷん ID: ID:???

602の保育士婆なんだけど、今日もまた事故があったじゃない?
お迎えに来た一人の保護者の発言で揉め事が起きそうで憂鬱なの。
とある保護者が今日の事故を引き合いに出して「先生、何があってもウチの子だけは守って下さいね!
守ってくれるの先生達だけなんですから。」と言ったのね。
そうしたら同じタイミングでお迎えに来ていた別の保護者さんが「それなんですか?他の子と先生は犠牲になってもいいって事ですか?」と言って言い争いになってしまったのよ。

子供を守ってほしいという気持ちもわかるの。
だけど特定の子供だけを守って欲しい、というのは正直保育士には無理なのよ。
何かあった場合に全体の被害を最小限に食い止めるという事はするけれど。
なんか色々考え過ぎて頭が痛むわ…。




626名無しさん@おーぷん ID: ID:???

>>623
我が子をいま保育園に預けているんだけど>>623の気持ち理解できる
子供の様子から普段から先生が子供たちのために色々考えてくれているのがよくわかるの
先生方には感謝と尊敬の気持ちでいっぱいよ
誰だって限界があるわよ、もらい事故なんてどうしようもないわ
パニックで子供たちがめちゃくちゃにならないようにぐらいしかできないのでは?




627名無しさん@おーぷん ID: ID:???

>>623
はっきり言ってそこまで言うならご自分で面倒見て下さいって気持ちになると思うの
保育士さんはそんなこと口が裂けても言えないでしょうけどね
親御さんの不安は分かるけど、保育園側も限度一杯までの努力をなさってるんでしょうから、それ以上のことを要求するのは理不尽よ
他人に子供預けるリスクは自分で親が自分で引き受けなくちゃいけないと思うわ




629名無しさん@おーぷん ID: ID:???

>>623
なんだか自分さえ良ければ…って感じの人が増えてきた気がするわ。シンドイわね。
保育でも介護でも、学校でも、ううん生活の全ての所で「自分が一番」「自分さえ良ければいい」って人が多くなっている感じだわ。
そんなこと無いかしら。
確かに自分や家族は大事だわ。でも、人間ができることって限度があるじゃない?その限度を超えてまで、他人に求めている人が多い気がするの。




630名無しさん@おーぷん ID: ID:???

>>629
親だってあの同じ場面に遭遇したら我が子を守りきれるかって言いたいよねー
親なんてママ友とおしゃべりに夢中になってたりするし、砂場なんてもっと安心してるから
離れてみてることが多い。(ブランコ、滑り台なら落ちる危険もあるから見てるけどさ)




635名無しさん@おーぷん ID: ID:???

保育士さんだって誰かの家族なわけで、身内が保育士なら
私は「どんなに責められてもいいから、よその子よりうちの家族が助かって」と
思っちゃうわ。外では言えないけどね

この流れで思い出したんだけど、婆父は消防士だったの。
父が言うには、
若い消防士が命がけで火に飛び込んで救出、みたいに意気込んでいると
「お前が生きてる限界が救出の限界。救出する側が命かけちゃいけない
 救出する側が死んだら、救出される側も助からない」って諭されるんだって
身を挺してって言えば美談だけど、冷徹な判断も必要かもだし
美談じゃ済まない状況や事情や想いもたくさんあるわね




636名無しさん@おーぷん ID: ID:???

>>635
以前、高齢者施設の洪水があった時に、介護職の人がなぜ高齢者を守れず自分は助かったのかって非難されていたことがあったと思う。
知人と話したのだけど、やっすいやっすい給料で命をかけて高齢者を守れと言われてもなぁって話したことがあったわ。




アクセスが多い人気記事!

アンテナサイトを経由して記事に移動します


  • このエントリーをはてなブックマークに追加