引用元:誰かがどんなくだらない質問にもマジレスするスレ732

382おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/09/19(月) 13:33:55.82 ID:GozZFTM+.net

雨の中、時速2kmで10分歩くのも、時速20kmで1分走るのも
雨が全く同じように降るのなら、両方とも同じだけ濡れるというのは本当でしょうか?




ふよ速人気記事



383おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/09/19(月) 13:47:58.03 ID:Yet8v7a7.net

>>382
走る方がより濡れるよ




384おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/09/19(月) 13:53:33.55 ID:dkbK1SYr.net

>>382
こういう設問で、どっちも同じとか、
>>383みたいなことを言うおバカちゃんは、
雨が降って傘がない時にゆ~っくり歩きなさいね。




386おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/09/19(月) 14:09:29.16 ID:Yet8v7a7.net

>>384
では反論だが、真上から下の奴に雨がかかるのを考えると
時速2km/hと比べて時速20km/hは落下中の雨水に前の部分が当たる可能性が増える。

真上からならば当たる面積も少ないが、これに加えて斜め角度からの雨への衝突も増えるわけだから
当然、前に進んでいる方がより濡れるという事になる。

高校数学のベクトル合成で考えれば簡単な事だよ




389おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/09/19(月) 14:15:27.89 ID:dkbK1SYr.net

>>386
反論する気も起きない。

だからさあ、そう思うんなら雨が降ってる時に、
道の向こうに渡るのに、さっと走るのはやめて、
1時間かけてゆっくり渡りなさいよ。
全然濡れないんでしょ、きっと。




391蠍 ◆l2.NWrKO3. @\(^o^)/2016/09/19(月) 14:32:01.19 ID:WvjkLkC7.net

>>389
それは距離が同じじゃん




385おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/09/19(月) 14:07:09.80 ID:kLgms+sg.net

>>382
ゆっくり歩く方が濡れる。
身体が進行方向に対して厚みがなければ、前面に当たる雨粒は
長さ1/3kmの身体を断面とする筒状の空間に含まれる総数で速度に
依存しない。
しかし実際は厚みがあるので上から当たる雨粒はゆっくり歩く方が
多い。




388おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/09/19(月) 14:13:10.76 ID:Yet8v7a7.net

>>385
いやそれはない。
それならば、仮に超音速で雨の中を進むならば全く濡れないという事になる。

超音速と時速2km/hでの単位時間当たりの真上から降られる雨水の量は同じだが
横方向から濡れる分に関しては時速2km/hは無視するレベルだが、速度が上がるほどどんどん増える事になる。




392おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/09/19(月) 14:33:23.20 ID:kLgms+sg.net

>>388
読解力ないのか。
速度に関わらず長さ1/3kmの空間に含まれる雨粒の総数は一定。




390おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/09/19(月) 14:20:39.19 ID:QUpfuinA.net

>>388
>それならば、仮に超音速で雨の中を進むならば全く濡れないという事になる。
全く濡れないと思うよ
バトルオーラのようなものが体の表面に発生するはずだし




387おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/09/19(月) 14:12:47.57 ID:YncUoL9/.net

>>382
かなり前にテレビで数学者が
走るのと歩くのではどっちが濡れるか計算してた。
計算内容はさっぱりわからなかったけど
走った方が若干だが濡れるのが少ないという結論だった。




394おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/09/19(月) 15:38:46.10 ID:+HGe3M7d.net

それ昔自分で実験したけど歩いた方が濡れたよ




アクセスが多い人気記事!

アンテナサイトを経由して記事に移動します


管理人からのお知らせ( ^ω^ )

  • このエントリーをはてなブックマークに追加