今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 46度目

732おさかなくわえた名無しさん2008/06/28(土) 05:02:39 ID:nk4mXuFR

2年くらい前の話だが、ちょうど今ぐらいの時期に月に一度の贅沢で
寿司を食べたら、それがモロにあたった。
一人暮らしで、助けを乞うような相手も居なかったので激痛に耐えかねて
タクシーで近くの総合病院まで運んでもらった。
病院に着いた時には意識が朦朧としていて、看護師さんに抱えられながら
診察室まで行った。
「お名前言えますかー?」と聞かれ、「○○です・・・」と言ったら何やら
看護師さんがびっくりしたような表情で「○○さんですね?」と言った。
俺が「はい」と言うと、看護師さんまたもやびっくりした表情で
「○○先生、こちらの患者さん診察お願いします」と言った。
何と、先生と俺の名前が一緒だった。
結構、俺の姓は珍しい名前なので俺自身こんな状況で同じ姓の人間に巡り会えるとは・・・と
思っていると、入ってきた先生が・・・俺の兄貴だった・・・。
俺を見るなり兄貴ポカーン、俺もポカーン。
何でお前がここにいんだ!?と、問い詰められたがそんな事よりも俺は早く
治療して欲しかったので、頼むから助けてくれと言った。

その後、点滴打たれて何とか治ったものの初めて行った病院で
兄貴に診てもらうとは夢にも思わなかった。
とにかく人生で凄く衝撃的な日だった。また、兄弟同士の不思議な縁も感じた。




733おさかなくわえた名無しさん2008/06/28(土) 06:23:49 ID:Mnwvu8Yv

>>732
お兄さんとは音信不通だったのですか?




734おさかなくわえた名無しさん2008/06/28(土) 07:50:38 ID:noJRH6ir

>>732
兄の勤め先も知らんかったのかと衝撃を受けた




735おさかなくわえた名無しさん2008/06/28(土) 10:09:37 ID:1h/4C8S+

>>732
気の毒だがワロタw
兄弟の関係には疑問が残ったが…




737おさかなくわえた名無しさん2008/06/28(土) 11:20:56 ID:k9AunRHZ

男兄弟で、お互い成人してて別居してたらそんなもんじゃねーの?
よっぽど仲良し兄弟だったら別だろうけど。
携帯有れば連絡は付くし、勤務先をはっきり覚えておく必要もないでしょ。




739おさかなくわえた名無しさん2008/06/28(土) 12:47:09 ID:6m7Yb/58

ウチの弟も医療関係者だけど勤務先の病院名忘れた。
バイトで夜勤とかしてるみたいだけど、バイト先もいちいち知らないよ。
ややあっさり目だけど普通じゃない?




7407322008/06/28(土) 13:29:58 ID:nk4mXuFR

いつの間にかたくさんのレスがついて、驚いた。
兄が高校を卒業してすぐに家を出たので、それ以来医者になったとは
聞いたがどこに勤めてるかまでは知らなかった。
俺も家を出て、兄貴が俺と同じ場所に住んでると母親から聞いたが
まさか運ばれた病院先で出会うとは思ってもみなかった。
しかも兄貴・・・点滴してもらったんだけど、恐ろしく穿刺が下手だった・・・。
2回くらい失敗されて、痛みと気分の悪さで死んでしまうんではないかと思った。
でもあんな形で再び出会うなんて、やっぱり兄弟って何かの縁で繋がってるんだなぁ、と
おもた。




752おさかなくわえた名無しさん2008/06/28(土) 14:53:17 ID:hybkW2am

732じゃないが、みんなそんなに兄弟であれこれ話すのか。
うち3人兄弟だが、誰がどこに住んでどこに勤めているかお互い誰も知らないので
あまりの「ありえん」レス数に驚愕した。

いないが、もし医師になっていて自分が運ばれても「へー同姓かー」と
淡々と治療されるかもしれないw




753おさかなくわえた名無しさん2008/06/28(土) 15:03:41 ID:hybkW2am

すまん。最後2行「兄弟に医師はいないが」だった。
先日5年ぶりに実家で弟に会ったら、一瞬顔がわからんかった。
成人しても顔ってどんどん変わるのな。




741おさかなくわえた名無しさん2008/06/28(土) 13:33:19 ID:+Pq/mU+9

それよりこういう場合は遠慮なく救急車を呼べと思うんだ





タクシーでおしっこ漏らしした結果wwwwwww
とある家電量販店でSDカードを見ていたら、客が店員に「アイファイカードってないですか?」と聞いていた。
ネットで金儲け簡単すぎワロタwwwもう仕事やめたいwww
貧乳の私が彼氏とラブラブすぎて困る(´;ω;`)
家の前に違法駐車されたので警察を呼んだら、翌日車の持ち主達が襲撃してきて修羅場に
引用元:今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 46度目
  • このエントリーをはてなブックマークに追加