引用元:今までにあった修羅場を語れ 30話目

192おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/07/30(土) 08:00:51.73 ID:5ibTu+EC.net

私は先天性の病気があった。見た目でわかる感じの。
小中と当たり前のように殴る蹴ると虐められて、大人に言ってもなあなあで済まされていた。

ある日、いつもの様に虐められていたら、同じクラスメイトの男の子が発狂して暴れた。普段はすごくおとなしい男の子が。
DQNかもしれないが、傷害を負わせる程度には暴れた。
もちろんその男の子は詰問されたが、何も言わなかった。
私は「なぜそんなことしたの」と聞いたが、彼は「お前は何も悪くないのに理不尽に虐められてるのが我慢ならなかった」と。

彼はそのあとも事あるごとに、教師や他のクラスメイトを徹底的に鉄拳制裁した。私のためだけに。
結局、少年院に入ってしまった。
私は彼に申し訳なくなっていつも泣いていた。私がだらしないから彼にそうさせてしまったと。

彼は少年院から出てきたあと、一般では底辺と言われる職業に就職して私にプロポーズしてくれた。私はあなたがいたから生きていれたと答えた。二人でないた。

彼は犯罪者かも知れない。でも私からすればヒーローだ。




ふよ速人気記事



195おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/07/30(土) 08:55:15.54 ID:jFytszs/.net

>>192





193おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/07/30(土) 08:44:54.74 ID:U86LSSRl.net

>>192
いい人だね
末長くお幸せに




アクセスが多い人気記事!

アンテナサイトを経由して記事に移動します


管理人からのお知らせ( ^ω^ )

  • このエントリーをはてなブックマークに追加