引用元:その神経がわからん!その22

140名無しさん@おーぷん2016/07/10(日)23:14:37 ID:FUE.net

大学の研究の一環として、辺境の田舎の村・町起こしを手伝っていたんだど、
途中で教授がやむを得ない事情でやめてから歯車が狂いだした
まず、若者を呼びこもうってことになったはいいが、こちらが面接までして募集した優良物件をダメダメ~とゴネる老人たち
住民たちが推薦してるのは40にもなってブンガクに勤しむただのフリーター
そんなのをカネ出して勉強させて村の公務員にしようとしてるらしい。
こちらとしても、わざわざ都会から引き抜いてきた人材をムダにするわけにいかず、そのまま試験を受けさせた
当然、40代のクズが受かるわけもなく、こちらが用意した候補が役所に雇われた
これが我々大学側と住民側の決定的な亀裂の原因になった。
というのも、役場の募集なんて村を出て行った家族が帰ってこれる唯一と言っていい機会で、
>>40代のブンガク者は90歳くらいの農家のジジイの子供らしい
介護とか、いろいろ期待していたのによそ者がその機会を奪ったと誤解されて決定的ん分裂

さらには、こちらからも金を出したハコモノを実質的に占領されてしまった。
そのハコモノの運営がうまく行けばよかったものの、見事に失敗
借金が村の財政を圧迫しまくって冬の除雪費用が大幅削減されたり、諸々の維持費を削る自体に・・・
ここまで来ると村は崩壊とは言わないが、確実に村おこし前より酷くなっていた
しかも、その全責任を我々大学側に求めようとしてきてこいつらまじで頭おかしいと思った。




ふよ速人気記事



141名無しさん@おーぷん2016/07/10(日)23:17:49 ID:6fK.net

住民感情に配慮してない時点で研究不足だったんじゃないの?
そういう部分も含めてやらなきゃいけないもんだと思うけど
よそ者がやってきて「こうやったら活性化するよ!」と押し付けるだけなのは村おこしとは言わない




142名無しさん@おーぷん2016/07/10(日)23:20:00 ID:FUE.net

いや、もともと地域のUターン者と外部の20代を両方連れてこようってことになってた
んで、蓋を開けてみたら村出身者の合格者は0
話を聞いてみたらまともに勉強してなかったみたい・・・
合格した人も嫌がらせ受けまくってうつ病になったり辞めたりしててメチャクチャ




145名無しさん@おーぷん2016/07/11(月)05:01:25 ID:RQB.net

>>140
滅びるべくして老害村が傾いたんだろ。
単なる当然の帰結じゃん。何悩んでんの?




151名無しさん@おーぷん2016/07/12(火)17:18:58 ID:AE1.net

>>140
うちの大学もなんか同じようなことがあったらしい…K大学のMゼミでS村じゃないよね…??




215名無しさん@おーぷん2016/07/15(金)19:30:11 ID:jHa.net

>>140
遅レスだけど、学術的立場から村おこしを企画したなら、
先行研究や経験者、その地域の事情に詳しい人間といったものが十全に揃った状況で、
さらに研究者自身が村社会に何らかの形で認められた状況じゃなきゃ失敗は目に見えてるよ。
教授さんも見通しが甘かったみたいだし、
机上研究の人であって地域民俗とかは専門外だったんじゃないの?

ウチの教授なんかだと住み込んで葬送儀礼の輪番にまで組み込まれるようになって、
ようやく本題である地域文化と近代化問題の摺り合わせに取りかかってるよ。




アクセスが多い人気記事!

アンテナサイトを経由して記事に移動します


管理人からのお知らせ( ^ω^ )

  • このエントリーをはてなブックマークに追加