引用元:風俗はまって人生転落した話

139素人童貞 ◆D8jgp6UwIsxV @\(^o^)/2016/05/27(金) 00:17:40.85 ID:chvBxcgS.net.net

こんばんは!
いちです!

先ほど帰宅してお風呂入ってベッドなうです。 遅レスですが続きを書いていこうと思います。




141名も無き被検体774号+@\(^o^)/2016/05/27(金) 00:20:57.53 ID:+kQkjzqs.net.net

こいよ!ほら!




142名も無き被検体774号+@\(^o^)/2016/05/27(金) 00:22:06.12 ID:T6tkqN0r.net.net

期待




143名も無き被検体774号+@\(^o^)/2016/05/27(金) 00:22:09.71 ID:9mDwDhGP.net.net

キター




ふよ速人気記事


144素人童貞 ◆D8jgp6UwIsxV @\(^o^)/2016/05/27(金) 00:23:03.37 ID:chvBxcgS.net.net

第2章 ~岐路~

ネットで調べていたのでえりなさんが出勤していることは事前に確認しており、俺は足早に吉原ソープ街へと向かった。一度来ていたので、今度はスムーズに行くことができた。

ボーイ「いらっしゃいませ」

俺「どうもこんばんは」←はじめてではないせいかしっかりろれつがまわる

ボーイ「すぐご案内できる女の子だと
この中からになるんですが…」

パネルを見せられ、その中にはえりなさんが入っていた。
 正直なところ、違う女の子とセクロスしてみたいという思いもあったが、やっぱりまたえりなさんを選ぶことになった。




145素人童貞 ◆D8jgp6UwIsxV @\(^o^)/2016/05/27(金) 00:26:22.43 ID:chvBxcgS.net.net

えりなさん「あ!こないだの童貞くん!?」

俺「え、覚えててくれたんですか???ありがとうございます!また来ちゃいましたよ!」

えりなさん「こちらこそありがとう。また私を選んでくれて!」

俺「い、いえとんでもないです。」

えりなさん「今日はどんなことしたい?? したいこといってみよ?」

俺「えっとー」

まあ、ここでまたしたこととかははしょることにする。




147素人童貞 ◆D8jgp6UwIsxV @\(^o^)/2016/05/27(金) 00:30:38.41 ID:chvBxcgS.net.net

プレイはすぐ終わって、けっこう時間があまりえりなさんのプライベートについて聞いてみたりした。

俺「あのぉ、失礼ですがえりなさんは何歳でいらっしゃるんですか?」

えりなさん「24だよー!たしか俺くんは21だよね?」

俺「そうです!覚えててくれてうれしいです! この業界は長いんですか?」

えりなさん「18からだから、もう6年目かな~」

俺「じゅ、じゅうはちから…すごいですね…僕がいうのもおかしいけど、身体とか大丈夫なんですか?」

えりなさん「うん!全然大丈夫だよ。ありがと。」

俺「、、」




149素人童貞 ◆D8jgp6UwIsxV @\(^o^)/2016/05/27(金) 00:32:44.42 ID:chvBxcgS.net.net

俺「あの、えりなさん! また来てもいいですか?今度はちゃんと指名します!」

えりなさん「うん!待ってるよ、ありがとね。」

俺「俺これから就活なんすけど、がんばって内定とりますね(笑)」

えりなさん「そうなんだ。がんばってね。」

俺「はい! ありがとうございました。ではまた」




150素人童貞 ◆D8jgp6UwIsxV @\(^o^)/2016/05/27(金) 00:34:52.05 ID:chvBxcgS.net.net

そして俺の恋の炎は完全に燃え上がっていた。完全にえりなさんを好きになっていた。金でやらせてもらった関係であろうとそんなの関係ねぇ! 優しくされた女の子を好きになる!それが童貞ってもんだ!

俺はゆっくりと家へと帰宅した。




152素人童貞 ◆D8jgp6UwIsxV @\(^o^)/2016/05/27(金) 00:37:25.31 ID:chvBxcgS.net.net

俺「いらっしゃいませ~」 
コンビニバイトをはじめてから二ヶ月が過ぎた
もう完全に慣れて昼間のシフトにまで入るようにもなった。

ある日、同じく大学の1年生の女の子が新しく入ってきた。

人が足りていないせいか、たった二ヶ月の俺が教育係に抜擢された。




153素人童貞 ◆D8jgp6UwIsxV @\(^o^)/2016/05/27(金) 00:39:53.72 ID:chvBxcgS.net.net

俺「おはようございます。よろしくお願いします。」

女の子「こちらこそよろしくお願いいたします。」

非常に礼儀正しい女の子で尚且つかわいかった。茶髪にミディアムヘアーってで、絵に描いたような量産型JDだったが、どことなくあどけさもありその雰囲気はなにか人を惹き付けるような魔力を感じさせた。




154素人童貞 ◆D8jgp6UwIsxV @\(^o^)/2016/05/27(金) 00:43:02.74 ID:chvBxcgS.net.net

俺「そういえば水村さんは○○大の1年生らしいですね。俺も○○大なんですよ。」

女の子「え!そうなんですねー、てか水村さんじゃなくてゆかでいいですよー!」

俺「え、あ、はい、じゃあゆかさんで」

ゆか「私後輩なんで敬語もやめてくださいー」

俺「あ、はい了解です、じゃなくて了解」

ゆか「(笑)」




155名も無き被検体774号+@\(^o^)/2016/05/27(金) 00:44:16.17 ID:eekyRiyR.net.net

てかさっき帰ってきたってスゲー勤務時間やな…




158素人童貞 ◆D8jgp6UwIsxV @\(^o^)/2016/05/27(金) 00:46:55.75 ID:chvBxcgS.net.net

>>155
そこが底辺なんすよね

まあ最終どう落ちてったか話ますよ

今何の仕事してるかってことも。
さきに言うと面白くないので




156名も無き被検体774号+@\(^o^)/2016/05/27(金) 00:44:20.04 ID:nYBgTPsX.net.net

もしかしてバイトの子も兼風俗嬢とか・・・




159素人童貞 ◆D8jgp6UwIsxV @\(^o^)/2016/05/27(金) 00:47:16.05 ID:chvBxcgS.net.net

>>156
それはないで(笑)




157素人童貞 ◆D8jgp6UwIsxV @\(^o^)/2016/05/27(金) 00:45:39.92 ID:chvBxcgS.net.net

 俺はゆかちゃんと話しながらとあることに気づく…

え、俺女の子とふつうにスムーズにしゃべれてんじゃん?

これってまさか素人童貞にクラスチェンジしたからか!?

そのまさかだ、いやそうとしか考えられない。

女の子の肌に触れセッ●スをしたことにより、意味のよくわからない自信がついたのだ。少なくとも以前ほど女の子にキョドることはなくなっていた。




160名も無き被検体774号+@\(^o^)/2016/05/27(金) 00:48:39.27 ID:Q4yEfpI+.net.net

まだやり直せるやろ




162素人童貞 ◆D8jgp6UwIsxV @\(^o^)/2016/05/27(金) 00:49:42.14 ID:chvBxcgS.net.net

>>160
もちろんはいあがりたい




164素人童貞 ◆D8jgp6UwIsxV @\(^o^)/2016/05/27(金) 00:57:02.83 ID:chvBxcgS.net.net

んでまあ、ゆかちゃんの話はついでなわけだがバイトの鬼と化していた俺は、
完全に就活のことを忘れていた。

気がつけば12月…もう就活の幕開けだった… ※今の大学生の就活は4月からなのであしからず




166素人童貞 ◆D8jgp6UwIsxV @\(^o^)/2016/05/27(金) 01:00:40.71 ID:chvBxcgS.net.net

ちなみにその12月になるまでの間に、
えりなさんの店に計10回いったと思う。
 
 3年でちょっとした必修をとりこぼし、単位は四年までもつれこんだわけだがとりあえずバイトをやめて、付け焼き刃で俺は就活をはじめた。
パラ経(経済学部)だったので、金融系の企業を中心に応募して、合計20社くらい受けた。




167素人童貞 ◆D8jgp6UwIsxV @\(^o^)/2016/05/27(金) 01:03:02.93 ID:chvBxcgS.net.net

奇跡的に5月の時点で某都市銀行から
内定をいただき、俺の将来は安泰かと
思われた。

山中もすごく誉めてくれたし、両親に電話してもだいぶ喜んでいた。

だがまぁ、俺がこの報告いのいちばんにしたいのはひとりしかいないはなぁ笑




171名も無き被検体774号+@\(^o^)/2016/05/27(金) 01:07:13.19 ID:vsrRGg4+.net.net

風俗に狂ってた若い頃思い出すわ
オッサンも続き楽しみにしてるで




172素人童貞 ◆D8jgp6UwIsxV @\(^o^)/2016/05/27(金) 01:08:23.13 ID:chvBxcgS.net.net

最後にいったのは11月くらいだった 

俺「えりなさん、12月から就活はじまるんですよ。頑張って内定とったらいのいちばんにえりなさんに報告しにいきますね!」

えりな「ほんとにー! 頑張ってねー なんか俺くん変わったよね…
男の子っぽくなったよ」

俺「そうですか…はは、ありがとうございます笑 で、内定決まるまでもうえりなさんには会いにきません。いつ決まるかわかりませんが、そういうけじめはきっちりしときたいんです。就活中に風俗ってのもどうかと(笑)」

えりな「そっかー、そうだよね…ならお店で待ってるね! 必ず報告しにきてね! ずっと待ってるから」




174名も無き被検体774号+@\(^o^)/2016/05/27(金) 01:11:14.53 ID:+HCobfnZ.net.net

結構面白いんですけど




179素人童貞 ◆D8jgp6UwIsxV @\(^o^)/2016/05/27(金) 01:17:13.48 ID:chvBxcgS.net.net

もちろんえりなさんへの報告をしたかったわけだが、その店のホームページをみたらえりなさんがいなくなっていた。

俺「あ、もしもしあの..ホームページみたんですが、えりなさんってまだいますよね…???」

ボーイ「あー、えりなさんねー実はやめちゃったんですよー先月頃にねー
身体壊しちゃったみたいでねー」

俺「そ、そうなんですか…あ、あの何かえりなさんのこと教えてもらえませんか?」

ボーイ「申し訳ありませんが、これ以上のことは個人情報になるんでねー」

俺「いや…そうですよね、すみません」

ボーイ「えりなさん人気ありましたから…そういうお客さんたくさんいらっしゃいますよー、お客様だけではありません。」

俺「そ、そうですか…」

よくよく考えてみれば当然だ。俺にとってはたった一人の女性かもしれないが、えりなさんにとっての俺は数ある顧客の中の一人にすぎなかった。
俺からみる視点と彼女から俺をみる視点はあまりにも相違がありすぎた。

しかし、それを認めたくない自分がいた。風俗とはいえ、はじめての女性だから、やっぱり特別ななにかをもっていたかった

でももうその願いは叶わない

そう……思っていた




182名も無き被検体774号+@\(^o^)/2016/05/27(金) 01:19:15.83 ID:nYBgTPsX.net.net

>>179
泣いた




183素人童貞 ◆D8jgp6UwIsxV @\(^o^)/2016/05/27(金) 01:25:20.43 ID:chvBxcgS.net.net

俺はうちひしがれ…まるで中学生が人生ではじめて失恋したかのように←経験ないけど

完全に脱け殻状態となっていた。

授業で山中に出くわした。

山中「おう これはこれは、⭕⭕銀行から内定をとった鈴木さんじゃありませんかー」

俺「プイッ」

山中「なんだよふてくされやがって、なんかあったんか?」

俺「まあちょっとね…」

山中「その顔は失恋だな」

俺「」

山中「図星だな! もしかして、例の風俗嬢か??」

俺「」

山中「わかったよ、なにもきかないよ…」

俺「協力してほしい…」

山中「え…??」




188素人童貞 ◆D8jgp6UwIsxV @\(^o^)/2016/05/27(金) 01:31:27.06 ID:chvBxcgS.net.net

俺「お前の言う通りだよ…実はさ半年ぶりくらいに例の風俗嬢のいる店に電話したわけよ…そしたらその人身体壊したとかでやめちゃったんだってさ。内定とったら報告いきますって言ってたのに、やめちまったら報告もくそもねえよな…」

山中「そうか、つらいなそれは…連絡先とか知らないのか?」

俺「知る分けねえだろ!俺は彼女にとって数ある中のカスタマーの一人なんだよ。いちいち連絡先なんて教えてくれるわけねーだろ!」

山中「まあ、そうだよな…すまん」

俺「」

山中「でも、どうしようもないな」

俺「うん…」

山中「とりあえずさ!今日おまえん家で宅のみしない!?男二人でさー」

俺「え!あぁ…わかった、いいけど」

山中「おっけー! 酒やらつまみやらは俺にまかせとけ!なら行く前にLINEするから!」

俺「りょ、りょうかい」

二人で俺んちで呑むことになった




195素人童貞 ◆D8jgp6UwIsxV @\(^o^)/2016/05/27(金) 01:34:31.43 ID:chvBxcgS.net.net

山中「ういっすー!」

俺「なんだよお前!ノックくらいしろよ!しかもLINEきてねーし!」

山中「細かいことは気にすんなそれワカチコワカチコ…」

俺「ふ、ふるくない??」

山中「マジめな顔していうのやめろw」

そして二人で飲み明かした…
ベロっベロに酔っ払った




196名も無き被検体774号+@\(^o^)/2016/05/27(金) 01:35:55.88 ID:Q4yEfpI+.net.net

この後、滅茶苦茶セクロスした




198名も無き被検体774号+@\(^o^)/2016/05/27(金) 01:38:41.07 ID:+HCobfnZ.net.net

>>196




197素人童貞 ◆D8jgp6UwIsxV @\(^o^)/2016/05/27(金) 01:37:00.33 ID:chvBxcgS.net.net

 ベロベロになりながらも山中がとあることに気づく…

山中「ん? なんだこれ?名刺かよ…シャレた名刺だなこりゃ… 例の風俗嬢の名刺か?」

俺「ああ、何枚かもらったなーいつも違う文章書いてくれててさ」

山中「ん!! おいちょっとこれみてみろよ!!」

俺「ど、どうした!?」




199素人童貞 ◆D8jgp6UwIsxV @\(^o^)/2016/05/27(金) 01:43:24.57 ID:chvBxcgS.net.net

山中「おまえ、これ手書きのメアドじゃねーか!!」

俺「んなわけな…ま、まじじゃねーか!」

山中「なんで気付かないのおまえ?ばか?」

俺「いや、まさかメアドが書いてあるなんて頭にあるわけないだろう…意識してないから心理的にみえなかったんじゃないか!?」

山中「いやでもこれで連絡つくかもしれないな! 早速送ってみたら?」

おそらくこれは人生の岐路のひとつであったんだろう…

ここでメールを送らずにその名刺を破り捨てるという選択肢もあったが、そんなことできるわけがない。

俺は手打ちでメールをうち、えりなさんへと送られることを祈って、
ゆっくりと送信ボタンを押した…

第2章 ~岐路~ 終




200名も無き被検体774号+@\(^o^)/2016/05/27(金) 01:44:39.33 ID:WBH0IRZd.net.net

おもしろい!
文才あるよイッチ
この調子でこれからもリアル人生を転落し続けて欲しい




201名も無き被検体774号+@\(^o^)/2016/05/27(金) 01:45:55.01 ID:nYBgTPsX.net.net

映画化決定




204名も無き被検体774号+@\(^o^)/2016/05/27(金) 03:52:55.94 ID:sjwzdBRO.net.net

面白い!
続き待ってるよー




206名も無き被検体774号+2016/05/27(金) 06:09:55.66 ID:bw00u+v0i.net

おもろー!!
早く次が読みたい!




209名も無き被検体774号+@\(^o^)/2016/05/27(金) 07:19:26.43 ID:IchFDpmC.net.net

なにこれ面白い、文才あるな




202名も無き被検体774号+@\(^o^)/2016/05/27(金) 01:47:56.78 ID:wMWvrb8l.net.net

風俗に行ったら人生変わったwww(転落)




2424ふよふよ速報。管理人2424/24/24 24:24:24.24 ID:huyosoku.com





アクセスが多い人気記事

アンテナサイトを経由して記事に移動します


管理人からのお知らせ( ^ω^ )


  • このエントリーをはてなブックマークに追加