引用元:笑える修羅場、衝撃体験【お茶請けに】

225名無しさん@おーぷん2016/02/08(月)02:04:36 ID:BtE

小学校高学年の時、「トイレの赤マント」という怪談が流行っていた。
全国的におなじみの話で、いろいろバリエーションがあるけど、
うちの学校では、トイレの左から3番目の個室に入ると、
「赤いマントをあげようか?」という声がする。
「はい」と答えると、背中にナイフを刺されて、赤いマントのように背中一面が血だらけになる。
「いいえ」と答えても、黙ってて答えなくてもコロされる。
ということだった。
みんな結構、本気で怖がっていて、トイレには一人で行かないようになっていた。

ふよ速人気記事






ある日の放課後、ゴミ当番か何かで遅くなって、一人でトイレに行った。
だいぶ薄暗くなっていたし、一人は怖かったけどしょうがない。
個室から出ようと思ったら鍵が開かない。
古い学校だったのであちこちたてつけが悪く、入っていた個室もドアがゆがんでいたようで、
あわてて押したり引いたりしたが、びくともしない。
そのうち、部活か何かを終えたうちのクラスの女子グループが、トイレにどやどやと入ってきた(声でわかった)。
外から押したり引いたりしてもらったら開くかな、と声をかけて頼もうと思った。
で、「すみませーん」と大声を出してみると、
それまでぺちゃくちゃしゃべっていた女子が一瞬でしーんとして、
「え、誰かいる!?」と騒ぎ出した。
「声がしたよね、今!」
「あっ見て、左から3番目の個室が閉まってるよ!」
そういや自分が入っていたのはそこだった。気がつかなかった。
ともかく協力してもらおうと「あのねー!」とさらに声を上げると
「いるよいるよ!誰かいる!」とさらに怖がり出した。
いやトイレだよ、誰か入ってたって当たり前でしょうが。
事情を説明しなくちゃと思っていると、ふいに鍵がガチャンと開いた。
扉に体重をかけていたので、扉が開くと同時に転げ出てしまった。
女子は一斉に「キャーーーーッ!!!」と悲鳴を上げて、走って逃げて行ってしまった。

翌朝、学校へ行ってみると、クラスでは女子トイレに赤マントが出たという話でもちきりになっていた。
転がり出てきた人の背中にナイフが刺さって、血で真っ赤になっていたということになっていた。
私の服は赤じゃなかったし、もちろんナイフで刺されてもいない。
しかしそれは自分だというのもバカバカしいので黙っていた。
男子も女子もざわざわして授業に身が入らず、ついに担任の先生が怒り出した。
「バカなことを信じるんじゃない。本当に怖いのはなあ、オバケよりオバカなんだぞ!」
クラス全員「!…………」
男子も女子もそれまでの騒ぎが一瞬で氷点下まで冷めきった。
リアル怪談話より、オヤジギャグの方が威力があることを知った日だった。





アクセスが多い人気記事!

アンテナサイトを経由して記事に移動します


管理人からのお知らせ( ^ω^ )

  • このエントリーをはてなブックマークに追加