引用元:今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その11

192名無しさん@おーぷん2016/01/16(土)01:00:54 ID:zjQ

煮卵用のゆで卵を剥いてて小学生の記憶がフラバした。

私が住んでいた地域の夏祭りはテキ屋などはいなくて町内会や子供会や地区の商店が出店や出張販売をしていた。
我が家が属していた班はおでん係で、夏休みなので暇な子供も手伝いに駆り出された。
当時は私が5年か6年生。
年下のAくんとさらに年下のBちゃんの3人でゆで卵の殻剥きを任された。
一応は売り物なので綺麗に殻を剥かなきゃならないけどなかなか綺麗に剥けないのもあり、綺麗に剥けたのはボールへ、
明らかに失敗したのは別のボールへ、表面が少し欠けたくらいのはゆで卵担当だったおばさんに確認をとって……とひたすら作業した。

ふよ速人気記事



男女の差なのか性格の差なのか、Aくんはとにかく仕事が雑。
私とBちゃんは「なるべく綺麗に綺麗に」と慎重なくらいだったのに、Aくんは「オレのほうが早い〜うぇーい」とBちゃんをライバル視しながら
ふざけ半分でやっていたので「ちゃんとやりな!」と怒ったのを覚えてる。
全部の卵を剥いたのはいいけどロス分が結構出てしまった。原因の大多数はAくんだが。
子供3人と3,4人ほどの大人でボールを取り囲み

大人1「随分ロスが出ちゃったわね」
大人2「まぁある程度は綺麗に剥けないのが出るのは予想してたけど」
大人3「みんなでお昼に食べましょうか」←作業は午前中だった

という話になった途端、Aくんが「やったー!」と叫んでロス分のゆで卵を両手で鷲掴んで次々と口の中へ押し込んだ。
殻を剥きながら「うちで食べるのより小さいな」と思ったので多分SサイズとかSSサイズ、それを3つくらいは押し込んでいたと思う。
どのタイミングでだったかは覚えてないけど、大人たちが「Aくん何してるの!」「やめなさい!」と騒いではいたけど、
両手に卵を掴んで頬を膨らませて目を丸くしてフーフーと荒い鼻息を吐いているAくんの姿が異様すぎて子供はおろか大人も近づけなかった。
Aくんは友達といると調子に乗ってしまうタイプではあったけど、暴れん坊とかヤンチャ坊主というほどではない。
なのでAくんがそんな暴挙に出たことに誰もが驚いていたんだと思う。

そしてフガッと一声あげてAくんがひっくり返ったところで大人が慌ててAくんの体を抱き起し、背中叩いたりして名前叫んで、
他の人がAくんのお母さんを呼びに行ったりした。
駆け付けたAくん母に「うちの子に何した!」「こんなことしたのは誰だ!」と半狂乱で掴みかかられ、Bちゃんと身を寄せ合いながら半泣きだった。
Aくんは救急搬送されたものの大事には至らず、騒動がAくんの自爆だったとAくん母にも理解してもれたのでよかったが、
そのときは夏祭りが中止になったらどうしようとか、倒れてもゆで卵離さないAくんスゲーとかいろんなことが頭をグルグルしていたよ。

ちなみになんでそんなことをしたのか後日Aくんに尋ねたが「自分でもよくわからない」と言っていた。
お盆時期だったし何かにとり憑かれてたのかもしれん。





194名無しさん@おーぷん2016/01/16(土)07:31:04 ID:wLq

タマゴの話が出たので便乗
池袋の西武デパートで鳥レバーのワイン煮(画像検索)が売っている
内容は鳥レバーときんかん(卵になる前の卵黄)が煮込んであって実にうまい
ただ電子レンジで温めては絶対にいけない、なぜなら温めてる最中にきんかんが爆発するから
運よく爆発しなかったきんかんも口の中で噛んだ瞬間物凄い勢いで爆発する
俺は温めてさあ食べようと爪楊枝を刺した瞬間爆発し白いワイシャツが茶赤色に染まったことがある

もう一度言う、鳥レバーのワイン煮は決して電子レンジで温めてはいけない




アクセスが多い人気記事!

アンテナサイトを経由して記事に移動します


管理人からのお知らせ( ^ω^ )

  • このエントリーをはてなブックマークに追加