引用元:今までにあった最大の修羅場 £40

676おさかなくわえた名無しさん2013/07/26(金) ??:??:?? ID:3QpMyea0

高校時代の修羅場。長くなるので分割します。

小学校からの幼馴染A。希望的観測込みで並なルックスの俺とは違い、堺雅人風の物腰柔らかいイケメン。
演劇部の部長で成績優秀、品行方正、ついでに運動も人並みにできるから、かなりモテた。

高3の1学期最終日。Aと俺は、1年から3年、総勢70人程の前に立っていた。
俺とAの母校は、毎年9月半ばに体育大会が開かれるんだけど、そのブロック分けは各学年の1~3組が赤、4~6組が青、7~9組が白と縦割り。
で、各ブロックメンバーの4割が応援(午前最後に応援合戦を行う。毎年派手な応援パフォーマンスが行われる為、1番人気)
4割が装飾(応援団の使う応援旗やコスチューム、ブロックのイメージイラストなどを製作する。美術部や手先の器用な者が主に集まる)
残る2割が仮装(午後の1発目に仮装パフォーマンスを行う。毎年受けは良いのだが、志願者は少ない)にそれぞれ割り振られる。ちなみに中心になるのは1、2年。3年はやりたい奴だけやる感じ








【管理人オススメ人気記事】


アンテナサイトを経由して記事に飛びます。

677おさかなくわえた名無しさん2013/07/26(金) ??:??:?? ID:3QpMyea0

Aは青ブロック仮装のリーダー、俺はサブリーダーにそれぞれ立候補、特に反対もなかった為就任し、Aの考えていたストーリーで仮装パフォーマンスを行うことが決定。
衣装作りやパフォーマンスの練習等を、夏季補習終了の翌日から始める事を決定した。

そして、作業開始当日になったんだけど…やってきたのは、メンバーの半分。俺とA以外は全員女子。
まぁ、仮装に興味があって参加した女子とは違い、男子は応援にも装飾にも入れず、仕方なくやってきた連中だから、ある意味仕方ない…
そう思いつつ、買出しや衣装作りを開始。
Aは、先頭に立って衣装作りを行いつつ、暑い中ご苦労様。と女子達に自腹でアイスやジュース買ったりして、男子がサボっている事に不満を感じている女子達のガス抜きもやっていた。




678おさかなくわえた名無しさん2013/07/26(金) ??:??:?? ID:3QpMyea0

そうこうしている内に1週間経過するも、男子は1人も来ない。
さすがに男子が来ないと練習が行えないので、教師に相談。特別に連絡網を貸してもらい一軒一軒連絡するも手ごたえなし。
最終手段でクラスメートに相談。部活の上下関係を利用して半ば無理やり召喚した。

でも、そんな感じで来ても真面目にやるわけがない。
真面目にやらない男子共に怒る女子達を宥めつつ、男子を諌めるA。少しずつ進みだし、何とかなるかと思ったら…

2学期が始まってすぐ、体育大会本番まで10日を切った日の放課後、2年の男子BがAにとんでもない事を言い出した。

B曰く「スケジュールが大幅に遅れているのは、Aの指示が悪いからだ。今のままじゃ、本番で恥をかく。あとは俺達でやる。Aは引っ込んでろ(意訳)」

サボりがちで来ても真面目に作業してなかったBの言い草に、俺も女子達もメダマドコー状態。しかし、男子達はBに同調し、全てAが悪いと騒ぎ出す。するとAが静かに口を開いた。




679おさかなくわえた名無しさん2013/07/26(金) ??:??:?? ID:3QpMyea0

たしかに、ここまでスケジュールが遅れたのは、僕の力不足。君達が僕は必要ない、自分達でやると言うなら、僕は何も言う事ないよ。手を引こう。

Aの言葉にB達大喜び…だったのは、ほんの一瞬。Aはそれまで作っていた衣装や小道具を全部壊し始めた。
焦るB、いや、それ使いますから!と言うがAは、僕が必要ない。という事は、僕が作った物も必要ないということだろう?と耳を貸さない。
やがて、女子達も私達も手を引くから。と衣装破壊開始。俺も同調して破壊開始。
ますます焦るB、横暴だ!こんなやり方ひどすぎる!努力の結晶をぶち壊すのか!と喚く喚く。するとAがとんでもない行動に出た。いきなり窓ガラスを殴ったのだ。
当時、外側の窓ガラスは強化ガラスだったが、廊下側は安物のガラスだったので、ガラスは簡単に割れ、Aの右手は割れたガラスで傷だらけに
Aの行動に唖然とする俺達を尻目に、AはBに近づくと血まみれになった右手でBの頭をつかみ

努力の結晶?そんな事を言う資格があるかどうか、よく考えようか。少しの間黙ってなよ

いつも通りの微笑んだ顔で、そう言った……でも、Aの目は笑ってなかった。
頭が血まみれなBと本気でビビっている男子達をほっといて、衣装と小道具を全部ぶっ壊した俺達。Aを連れて保健室へ直行。幸いAの怪我は大した事無く、縫う事もなかった。

翌日、Aは職員室へ呼ばれたが、Aが散々苦労していたことを多くの先生が知っていた事と、女子達が事前に根回しをしていた事が幸いし、ガラスを割った事の反省文を命じられた以外はお咎めなし
逆にB達男子は、生活指導の先生方に徹底的に〆られていた。

それからB達はAに謝罪し、もう1回リーダーになってくれなどと頼んでいたが、Aは笑顔で徹底拒否。
いい加減なB達が、10日足らずで何かできるわけもなく、その年の青ブロックは仮装パフォーマンスは棄権した。
一部からは不満の声も上がったが、こうなった原因がB達にある事は女子達のネットワークで全校に知られていたので、責められていたのはB達だけでAが被害者扱いだった。


夏休み、男子が来ない事でスケジュールに遅れが生じ、その事で悩んでいたAの当時の心境や、Bに静かにキレたAを見た俺の心境が個人的修羅場でした







【管理人オススメ人気記事】


アンテナサイトを経由して記事に飛びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加