引用元:その神経が分からん!その6

243名無しさん@おーぷん2015/02/21(土)16:54:52 ID:yRN

料理が美味しいと噂を聞いていた喫茶店へ行った時の事。
昭和の創業で半世紀近く営業していることから、
店内は木やレンガで作られたとてもレトロ感のあるお店。
優しそうなマスターとかわいい女の子の店員(二十歳前後かな?)が1人。
私がお店に入ると先客が2人ほど。
ランチを注文し待っていると、次から次へとお客さんが入りてんてこまいになった。
マスターが店員さんへ声を掛けるが、
「ほらお客さん来たよ!」「○名様にお水!」「そんなの(先客のお皿等片づけ)いいからあっち!!」
「早くしろよ〜!」「いいからこれ早く運んで!」「何やってんだよまったく…(ため息)」
などなど…
お客さんが増えるに連れマスターの声が怒声に変わっていった。
店員さんも一生懸命動いているんだけど、怒鳴られるから余計テンパってたんだと思う。
むしろ一人で接客したりお皿下げたり料理運んだりレジしたり頑張ってた。
で、トドメの一言がカウンター内で調理してたマスターから漏れた。
「ほんとダメな女だねぇまったく…(深いため息)」
目玉ポーンどころじゃなくてこっちが代わりに怒鳴り返したいぐらいだった。
料理は確かに美味しかったけど、怒鳴り声を聞きながらでは美味しさが半減。むしろマイナス。
とにかく居た堪れなかった。
お客が多くいる店内でよく怒鳴れるもんだなと…
そんなマスターの神経が全くわからん。
二度と行かない。

ちなみに、友達に愚痴ったらそのお店の事知ってて、
友達もマスターの怒鳴り声にげんなりして二度と行ってないらしい。
離れるお客がいても半世紀近く営業してるんだから、
やっぱり味がいいからなんだろうね…



【管理人オススメ人気記事】


アンテナサイトを経由して記事に飛びます。





244名無しさん@おーぷん2015/02/21(土)17:09:24 ID:KkU

どうだろ?
別の要因かもしれないよ。

何にでもファンってつくんだよね。
頑固店主がいる店ってだけでその店主のファンが信者になって支えてる、
一種の宗教みたいな状況になってる飲食店て意外とあるよ。
信者にとってみれば、その店主は真摯に仕事する昔気質のおやっさんに見えてたりね。

すっごく評判の高い店があったけど、そこも信者に支えられていて私は馴染めなかったわ。
常連にとっては「自分達はこの店の良さをわかってる、わからないやつは味音痴」みたいな空気含めてゲンナリだった。




246名無しさん@おーぷん2015/02/21(土)17:53:35 ID:qp3

>>243
とりあえず客前で従業員叱る店は糞


【管理人オススメ人気記事】


アンテナサイトを経由して記事に飛びます。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加