引用元:今までにあった最大の修羅場を語るスレ4

325名無しさん@おーぷん2015/02/25(水)10:43:55 ID:hTR

フェイクありですが。

とある夫婦のお子さん、当時11歳が自殺を図り大騒ぎになった。
お子さんAちゃんはアスペルガー症候群の診断を受けていて、環境の変化でパニックを起こしたり言葉の裏側を捉えられず泣くこともしばしば。
お母さんはAちゃんに対して一生懸命だった。専門医や支援センターの人と協力してAちゃんが生きづらくならないような環境を作っていた。
Aちゃんは発達障害を抱えてはいるが、勉強は非常に優秀だった。習った事は何がなんでも習得しなければならないという「決まり事」に頭を支配されているので宿題もテストも完璧。

ある日、Aちゃんの父親が母親に他所様のお子さんとAちゃんを比較してAちゃんを貶すような発言をした。
人間関係構築の話だったと思う。母親は、「Aは確かにその子に比べれば友達が出来にくいよ。だからと言ってアスペルガー症候群の子が健常児に何もかも劣っているわけではない。
Aは算数も国語もみんなより一歩先に出ている。これって凄いよね。貴方はそこを無視してAの人間関係に文句ばかり言うよね。
健常児だって人間関係に失敗することだってあるよ。
だから私達親は健常児でも発達障害でも人生の先輩として助けてあげなきゃいけないの。子供が立ち入りを許すところまで。」
と冷静に話した。



【管理人オススメ人気記事】


アンテナサイトを経由して記事に飛びます。





326名無しさん@おーぷん2015/02/25(水)11:10:08 ID:hTR

父親は不満げな顔で拗ね、ふて寝。

翌日の日曜日に母親が回覧板を置きに行っている最中に、父親がAちゃんに、
「Aなんかしねばいいのに」と言ってしまった。Aちゃんは大発狂。
Aちゃんは何故死ねば良いのかわからず、「なんで私が死ぬの!?なんで!?」とひたすら繰り返した。
Aちゃんは何も答えない父親にわけがわからなくなって、取り扱ってしねば事が解決すると思い込み、包丁を持ち出し腹に突き刺そうとしたところで母親帰宅。

母親は慌てて包丁を回収してAちゃんを抱きしめ落ち着かせた。
事の発端の父親を責め立てるが、どこ吹く風。
父親は結局、発達障害のAちゃんを疎ましく思っていたようて、今まではひたすら良父ぶりを演じていたが疲れたんだと。
母親は愕然としていた。母親自身もそうだが、父親だって発達障害の子供を抱える親として人一倍苦労していると思っていたから父親へのいたわりも忘れなかった。
でも父親は「なにもかも俺に押し付けやがって」と言い放ってた。
結局夫婦は離婚することになったが、なぜか父親が親権を主張。でもしっかり母親が親権を取ったよ。当たり前だけど。




327名無しさん@おーぷん2015/02/25(水)11:17:03 ID:AR0

>>325-326
その父親こそタヒねばいいのに!
以外の言葉が思いつかない




328名無しさん@おーぷん2015/02/25(水)11:30:02 ID:8Er

>>325
糞親父こそアスペじゃないの?
俺の愛する嫁を独占しやがって畜生〜〜娘さえいなければ〜〜っていう。




329名無しさん@おーぷん2015/02/25(水)12:11:25 ID:p1L

>>326
可哀想に。お前に似たんだよ、ただお前と違って勉強出来るし分からないなりに考えてる。お前こそ何も考えてない劣化人間だから邪魔w死ね。とその屑に言って欲しい




330名無しさん@おーぷん2015/02/25(水)12:48:31 ID:LIN

>>326
取り扱って→とりあえず でOK?




331名無しさん@おーぷん2015/02/25(水)13:06:26 ID:D4r

>なぜか父親が親権を主張

娘に何する気だったんだよ…




332名無しさん@おーぷん2015/02/25(水)13:54:21 ID:hiH

娘というか母親(嫁)に対する嫌がらせじゃないかねたぶん




333名無しさん@おーぷん2015/02/25(水)15:41:02 ID:MKx

次の結婚に差し障りが無いように、発達障害の子と母親見捨てた
鬼畜というレッテル付けられるのを回避する為に、
離婚はあくまで双方の子育ての方向性の不一致、
子どもの為に親権を主張したという既成事実を作成する為じゃないの?




334名無しさん@おーぷん2015/02/25(水)17:23:43 ID:qx6

納得した




335名無しさん@おーぷん2015/02/25(水)19:27:35 ID:Jn7

悪知恵だけは働く奴っちゃな


【管理人オススメ人気記事】


アンテナサイトを経由して記事に飛びます。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加