138以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 16:17:59.90 ID:3SRw5Rm70

皆さんありがとうございます。
前スレ、最後まで読みました。
自分の我侭にここまでお付き合いしてくれて感謝です。
ずっと見続けてくれている方、期待してくれている方本当にありがとう。

投下します!
http://huyosoku.com/archives/6532336.html
前スレ>>636からの続き

身体に電撃が走った!やばいぃい!これはS級のヤツだ!
これを見られたらいい訳できない!(なんの?)こんな見られたら一発で変態の烙印を押されてしまう。
なにしろ俺の精神が持たない!!

俺は挙動不審になりながらも

「これは…その全然関係ないヤツで…見ないほうがいいですよ。全然違うヤツですし」

御父さんはすでにマウスを動かしてクリックしていた…




141以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 16:22:24.48 ID:ZnrIbRud0

おお、来たか
今日こそ完結させてくれよな




140以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 16:19:29.90 ID:3SRw5Rm70


『恋姫 問題のシーン』


※埋め込み不可のためテキストリンクにしております
http://www.youtube.com/watch?v=gfUnFS8dOUI/



動画の再生が始まり、全員硬直する。

「夫君は…こういうアニメが…好きなのか?」
もう駄目だ…腋舐めとる…

『…ンッ…アッ…ハァハァ……アンッ…そう…イイわぁ……』

「違うんです…うっ…恋姫はこんなアニメじゃ…冒険活劇…ウッ…」
俺はもう弁解すらできなかった。
三人に顔を見せられず、背中を向けた。

『…アハ…ン…そうよう…また…上手くッ…アンッ』

完全に三人に変態の烙印を押されたと思った。
なんだよ地雷ばっかじゃねーか恋姫!
カミングアウトなんかしなきゃよかったんだ!そしたらこんな辱めを受ける必要なんて…
もっと他に良い言い訳を頑張って思いつけばよかったんだ!
そうだよ!友達に鼻琳を名乗って貰ってたとか!クソぉ…




155以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 16:55:54.34 ID:iNcJQiM8O

ここの1嫌いだったが>>140の動画で許した




144以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 16:31:29.72 ID:3SRw5Rm70


しかし、喘●声のする動画に変化が起こる。

春蘭『華琳様っ!』

この声に御父さんは反応を示した。

「かりん様?」

華琳『…けいふぁ……続けて…』

桂花『ンッ…チュパッ…チュパッ…』


「夫君…この金髪の子は はなりん じゃなかったのかね?」


ああーーーッ!!!糞オオオオォ!最初に訂正すれば良かったぁぁああ!!!
鼻琳めぇえええ!陰謀かあぁぁぁ!?ややこしいぃぃぃぃいいいい!!!!!

俺は初めてリアルで漫画の主人公の様に頭を両手で掻き毟りたくなった。
ここにきて鼻琳の智謀策略…重ねた嘘が剥がされる!




147以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 16:45:42.06 ID:3SRw5Rm70


「あ…はひ…間違えました…この子は…鼻琳じゃなくて…華琳ですよね…ハハ…」

                ガタンッッ!!!

「キミはっ!!それ程大好きなアニメのキャラクターの名前を間違えたりするのかねっ!!」

御父さんが始めて声を荒げた!!
違う!!俺じゃない!!貴方の娘が最初に間違ったんだぁぁぁ!!
俺は「はわわ…はわわ…」と朱里(恋姫のキャラクター)のように慌てるしかなかった…

普段温厚な御父さんが怒ったのが珍しいのか、嫁と御母さんは目を丸くしていた。
部屋がシーンとなる…

『ドクン…ドクン…』

恋姫の動画では華琳と愛紗での、二回戦が始まっていた…
作者ぁぁぁぁ!!繋げんなァァァ!!!
アニメでの心臓のドキドキ音はまたしても俺とシンクロしていた。




148以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 16:48:04.50 ID:ZnrIbRud0

いやそこはちゃんと訂正しろよ




151以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 16:51:38.05 ID:oJfilTzU0

愛してるなら名前間違っちゃだめだよね
お義父さんは正しい




158以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 16:59:38.24 ID:MADv3iPK0

> 「キミはっ!!それ程大好きなアニメのキャラクターの名前を間違えたりするのかねっ!!」

親父も実は恋姫好きなのか……
マジキチ




159以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 17:00:27.35 ID:rtZnj1Vv0

釣りだろうがなんだろうが頭おかしい




160以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 17:03:50.58 ID:3SRw5Rm70


沈黙の続く部屋の中、
俺は御父さんのほうを気にすればいいのか、天幕から影越しに現れた覇王を気にすればいいのか…
意識を保っているのにギリギリの状態だ。
一方脳内鼻琳はB’sのギリギリチョップを熱唱している…

「はぁぁぁ………夫君」

「はひ……なんでしょう…」
ついに最後通告が言い渡されるのだろうか……離婚…?
嫌だ嫌だ嫁が好きなんだ好きなんだ…

「私はね…ここまでの夫君の反応をみて、まだ納得がいかないんだよ…」

「な…なにがですか…?」

なんだここまでの反応って…やはり俺は試されてたのか?
あああ最初に鼻琳の名前を訂正しておけば…だけどこんな事になるなんて…
動画では覇王が愛紗に襲い掛かってた。

華琳『しっとりツヤツヤne』

「oh…それと…この華琳…って子はさっきから女の子ばかりを標的にしているが…」

そうですよね…オタクじゃなければ疑問をもちますよね…
俺はちょっとレズっ気のある子なんですよははっ、なんて言えずただ立ちすくむだけだった。




162以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 17:11:59.22 ID:gs5GoBqB0

wktk




163以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 17:18:55.92 ID:BdgEnuEg0

B’sではないなwwww




165以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 17:22:20.08 ID:3SRw5Rm70


「私はね…
夫君が極度のアニメ好きで、携帯でメールごっこをしていて、誤解が重なってしまったというより、
鼻琳という女性と浮気をしていた、の方が信憑性があって信じられるんだよ…」

「そ…そんな…どうして…どうして…」
御父さん…鼻琳に負けないでください……そいつは幻想なんです…信じちゃ駄目です…
俺にはなんでここまでさらけ出して辱めを受けたのに、御父さんが鼻琳の肩を持つのか分からなかった。
俺の目には鼻琳が御父さんの肩に馴れ馴れしく寄り添っているのが見える…
くそおおお!!脳内に引っ込んでろやぁぁ!!現実に干渉すんなぁぁぁ!!




166以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 17:24:18.19 ID:3SRw5Rm70


「いい加減に…」

御父さんが俯いてプルプルしている…
やばいなんかやばい…。嫁もそれを気にしたのか、お父さん?と心配している。

遂に御父さんが激怒した。


   「 嘘 を 吐 き つ づ け る の は や め な さ い !!」


ひいいいいいい!!切れた!!
その次に叫ばれた御父さんの言葉は信じられないものだった。


   「 鼻 さ ん を …………こ こ に 連 れ て 来 い !!!!!」


鼻さん!!

駄目だ!もう敬称がついとる!
御父さんの脳内では鼻琳はどういう姿をしているのだろうか?鼻・琳さん?
嫁から外国人だというのを聞いているのだろうか?
中国人だと思っているのか?ある意味それで正解だが…

脳内の鼻さんはもう大喜びだ。紙吹雪を高らかに散らせ、昇格と書かれた紙を掲げている…




167以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 17:26:02.06 ID:gW4W/+YDO

まあ…オタならともかく一般人はそういう反応になるんだな…




168以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 17:26:47.70 ID:vhMAv7A50

面倒くせえおやじだな
>>1を病院に放りこむだけで済む話なのに




175以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 17:31:42.98 ID:7G4yKzZn0

何かしらのアニメグッズを見せて信じてもらえよwwww
たくさん持ってたら信じざるを得ないだろjk…




176以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 17:31:50.74 ID:MADv3iPK0

精神障害の域に達してる




177以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 17:32:03.55 ID:bC9aJETc0

>>170
俺も>>1と似たような状況になったことがあるから分かる
マジで裏目に出るようなことしか言えないから




191以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 17:41:54.72 ID:uQneFhF30

くどすぎて面白くなくなって来た




198以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 17:45:33.60 ID:3SRw5Rm70


動画では華琳達が隠者に襲われていた…
御父さん!冒険活劇ですよ!これが見せたかったやつですよ!
と思ったがすぐ動画は終わった……神編集か…これが…


もう駄目だ…
いくら俺が何を言っても三人には嘘にしか聞こえないんだ。
嘘が完璧すぎたんだ…狼少年…まさに今の俺だ…

もう俺は鼻さんの存在を認めて、金輪際浮気はしないから許してくださいと
土下座してしまおうか、と思った。
号泣して哀れに謝って許しを乞いたかった。
そうすればこんなアニメ知らないという事になり、変態アニメ大好き男の称号を剥奪できる…
また重ねて嘘をついてしまう事になるが、もうこれ以上叱責され追い詰められるのは辛すぎる!



逃げたい。逃げよう。もう…降参だ。鼻琳…キミの存在を…認めるよ…俺の浮気相手…鼻・琳…





227以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 18:03:46.27 ID:3SRw5Rm70


俺は土下座スタイルに入ろうと俯いていた顔を上げた…。
すると、手で口を押さえ涙を流している嫁と目が合った。

ひさしぶりに…嫁が俺を見つめていてくれた。

嫁…可愛いな。なんでこんな可愛い子を俺は泣かしてるんだろう…
この後、俺が鼻琳の存在を認め、土下座したら嫁はもっと泣くんだろうな…

なんでこうなったんだろう…最初はオタク趣味を隠していただけだったのに…
あ、そうだ。鼻琳の策略にかかりメールとか始めちゃったんだ…
そこから沢山の嘘を嫁に重ねた結果がこれだ…はは。

嫁と見つめ合い続ける…。
きっと…嫁はまだ…俺を信じ続けてくれている。
厳しいこと言い続けたが、心のどこかでは浮気を否定し続ける俺を信じているハズだ!




228以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 18:05:22.50 ID:3SRw5Rm70


何故なら…何故なら…

俺らは夫婦だからだ

長年よりそった御父さん御母さんのような熟年夫婦ではない。
しかし、俺らだって将来を約束し身も心も相手に捧げると誓い、今まで絆を固めてきた!!

そうだ…そうだよ。俺はまた逃げようとしていた。駄目なヤツだ。
自分の弱さ…つまり鼻琳に逃げようとし嘘を重ねる…。もうそんな愚行はこりごりだ。

嫁はきっと、鼻琳に負けないで!そんなヤツに負けちゃ駄目!と言っているのだろう…

分かったよ嫁。うん。ごめんな。ああ、俺はつくづく馬鹿なやつだ。
もう泣かせない!


俺は目が覚めた。





235以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 18:09:30.14 ID:Q3/sXZOI0

前スレで、読みなおして何度も推敲してから
書きこんでるとかぬかしてたな




238以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 18:10:15.02 ID:bC9aJETc0

>今まで絆を固めてきた!!
今までオタク趣味を隠してきた奴が今更なにを言ってるんだ




244以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 18:15:11.30 ID:3SRw5Rm70


鼻琳を倒すにはもう自分の保身を考えていては倒せない。
自らの身の消滅と引き換えにする勇気があって始めて鼻琳という怪物は倒せるのだ。
しかし…
この方法を取った場合、俺は今回の恋姫鑑賞会より遥か上の辱めを受けるであろう…


行こう。やろう。そしてこれが全て終わった時、俺達四人は本当の意味の家族になれるだろう。


そう思った。


御父さんの叫びから何分時が経っただろうか…ずいぶん長い間沈黙していたような気がする。
俺は最期の方法に出る前に確認しておきたい事があった。




247以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 18:16:41.35 ID:3SRw5Rm70


「御父さん!」

「……なんだね」

御父さんも疲れたのだろう。目頭を指で押さえている。

「嫁と…二人っきりにさせてくれませんか?少しでいいんです!お願いします!」

「……」

俺の頼みに御父さんは考え込んだ。

「……嫁子…」
御父さんは嫁の方に身体を向けた。

「嫁は俺の嫁です!お願いします…」


嫁は頷いた…





249以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 18:24:11.68 ID:NWnFW++gP

本当に浮気したよりタチ悪いよなこいつ




252以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 18:27:54.07 ID:zlid0psBO

追いついた
がんばれ




257以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 18:32:07.29 ID:3SRw5Rm70


よし。これで嫁と話ができる!

「じゃあ私達は…隣の部屋に居るから…話が終わったら呼んでくれ…」

御父さんは立ち上がり俺の横の通り過ぎ、部屋から出て行った。
御母さんも渋々といった感じで、部屋から出て行ったが、
俺の目すら見てくれなくなっていた…

「嫁…」
俺は急いで立ち上がって嫁の横に移動した。

「……なによ…」
嫁は俺と目をあわせようとしない。
そうだよ。いっつも喧嘩した時はこうだったよな。
たまらなく抱きしめたい衝動に駆られた。

「抱きしめてもいい?」
俺は聞いてしまっていた。

「…駄目」

ま、そうだよね。前日浮気した事に嫁の中ではなってるもんな。
ただ、いつも喧嘩した後はこの言葉の後に、「……うん」と可愛らしく嫁が言っていつも終わりになっていた。
それを思ったのか嫁もちょっと涙目になっていた。




258以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 18:32:52.28 ID:0irOzCn2O

お母さんにアリバイ証明してもらえばいいんじゃないの




264以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 18:43:52.58 ID:M9+OEUpD0

こいつこんな可愛いらしい嫁といちゃいちゃせっくるしながら
自分の部屋では華琳萌えとかぬかしてたんだろ
腹立つわリア充爆発しろ




268以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 18:52:11.93 ID:3SRw5Rm70


俺は嫁に聞きたい事、確認したい事があった。
それを知りたいがために二人っきりになったのだ。

俺は言った。

「もし、俺が本当にオタクで、実家の部屋がアニメグッズだらけのキモオタ野郎でも、
嫁は俺のことを嫌いにならない…?」

嫁はすぐに答えた。

「私は貴方の優しさに惹かれて好きになったのよ?そんな事で……嫌いになるわけ…ない!」

俺はその言葉を聞いて涙が出そうになった。

「もしそれが本当なら…なんで言ってくれなかったのか、私は怒る…と思う」

嫁は強い眼差しで言い切った。




269以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 18:53:37.08 ID:0yUTYLom0

その嫁くれ




275以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 18:57:05.90 ID:3SRw5Rm70


俺はオタ趣味を隠していた事を後悔した。
そうだよな。俺も例え嫁にスカトロとかそういう趣味があっても嫌いにならないもん。
むしろそういう趣味を打ち明けてくれた嫁を愛おしく思うだろう。
好きになった理由は別。本当にその通りだな、と思った。

「嫁…ありがとう…」

俺は嫁を抱きしめた…
嫁は抵抗しなかった…

肩細いなこいつ…ちゃんと昨日の夜から御飯食べたのか?
だからこんなにちびなんだぞ…

俺は抱きしめながら泣いた。
俺の涙につられて嫁も泣き出した。

ごめんな…嫁。全部俺が悪かったんだ。自分の嫁を信じ切れなかった自分が。
なんで俺は信じられなかったんだ…
仲間を信じて相談することが大事って俺はひぐらしから何を学んだんだ…




278以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 18:59:59.93 ID:I5DIyRM3O

>>275
>肩細いなこいつ…ちゃんと昨日の夜から御飯食べたのか?
>だからこんなにちびなんだぞ…


>>1が浮気して食べさせてあげないから…




288以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 19:16:29.04 ID:3SRw5Rm70


俺は決意した。

最後の手段を遂行することに…。自決覚悟の…特攻。

その決意に脳内鼻琳は怯えた。
(いいのか夫!そんな事したらお前もやばいぞ!やめろ!やめるんだ!)
いいんだ。お前という爆弾を抱えて共に身を沈めてやる!!
あれ…アトムも確かこんな感じだったな…確か太陽に突っ込もうとして宇宙人に拾われて
過去に戻って新品のアトムを直して…えーっと。。
俺はそんな関係ない事もぼんやり思った。

「…よし」

俺はスッと嫁から離れた。

「嫁…。俺はこれから身の潔白を証明する。
だけど、その証明を見たらびっくりすると思う」

「………」

「俺は嫁を信じる。図々しいと思うが…その…だから…嫁もその俺を受け入れて欲しい…」

「……意味が…分からないよ…」

嫁は不思議な顔をしている。
そうだよな。最後の手段の説明してないもんな。




289以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 19:17:15.27 ID:3SRw5Rm70


「御父さんと…御母さん……呼んでくるよ…」

俺は立ち上がり二人を呼びに行こうと部屋を出ようとした。
その時、

「夫ぉ…」

嫁が呼び止めた。俺は振り返る。

「信じて…いいの…?」

「ああ。最初から浮気なんてしてないって言ってるだろ」

その言葉に嫁は久しぶりに…本当に久しぶりに少しだが笑顔を見せた。

俺は決意を新たに二人を呼びに行った…。




299以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 19:28:51.60 ID:zlid0psBO

盛り上がって参りました




305以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 19:44:23.14 ID:3SRw5Rm70

「御父さん、御母さんありがとうござました」
俺はまず二人に席を外してくれたお礼を言った。
隣の部屋で二人は何を話していたのだろう…。凄い気になるがあえて考えないでおく。

「俺は嫁を愛しています」

御母さんが、どの口が…と言いたそうに顔を歪めた。

「浮気するなんてありえません。だからその証明をするために…



      俺の…… 実 家 の 部 屋 に き て く だ さ い !!」



苦渋の決断だった。
脳内鼻琳が会心の一撃をくらい暴れ苦しんでいる。




315以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 19:54:33.13 ID:I5DIyRM3O

>>305
虹浮気って一般的には浮気じゃないの?




306以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 19:45:31.71 ID:3SRw5Rm70

「俺の実家にくれば全ての潔白を証明できます。
実家の俺の部屋は…その…ゴニョゴニョだから…
それと、母にも度々俺が実家に帰っている事を証明してもらましょう」


そうだ。この際おかんにも協力して貰おう。
俺が嫁に今夜は帰れないメールを送った日付と、俺が実家に帰った日を照合すれば明らかじゃないか!

「ふむ…そうだな。夫君のお母さんに聞けば…確かに」

「ですよね!ではまた明日にでも…」

「今日だ。これから伺おう」

えええええええ!!!これからぁあああ!?
ちょっ…せめて華琳様の抱き枕…とかベッドシーツとか剥がさせてぇええええ!!!


   「 ア タ シ も 行 く わ よ 」


御母さんが喋ったぁあああ!!!お前もくんのかよおおおお!!
てか第一声それえええええええ!?


かくして…俺達四人はこれから、俺の実家に向かう事になった…
(まさか……これも鼻琳の策略じゃないよな…ゴクリ…)


俺は…またしても空前絶後の辱めを受けることに…なる……




314以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 19:53:28.51 ID:3SRw5Rm70

ちょっと…休憩していいですね。御飯…。

ここまでで2/3まで進みました。

二人の自宅
嫁の実家

そして次が俺の自宅偏です。
書き込みの遅さは本当に謝るしかありません。

休憩後、少し貯めてから次は投下始めたいと思います。




375以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 21:19:03.88 ID:3SRw5Rm70


俺の車に三人は乗車し、俺は車を発進させた…。
助手席に嫁、後ろに御父さん御母さん…
車内は緊迫した雰囲気だった。

別々の車に乗って移動するのも考えたが、俺の実家は三台も車は置けない…。
一台置けるスペースに頑張って詰めて二台だ。
相談した結果俺の車で行く事になった。

そうなると必然的に帰りもご両親を送ることになるが、
きっと帰りの車内は、三人とも鼻琳の呪縛が解かれ、和気藹々の雰囲気の中帰れるだろう!そうだ!その通りだ。

車内では誰も話さなかった。

唯一交わした会話が御母さんの「すわり心地悪いわね」という車への駄目だしだった…。チクショー




389以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 21:29:16.83 ID:3SRw5Rm70


そして車が実家に到着した。
よし!親父が居ない!
実家の車がないという事は親父が今日は休みでは無いという事だ。

三人を玄関に招く…
そういえば家の玄関を開けるたび地獄が始まってるな…またしても地獄かっ…

俺は玄関の扉を開いた!




391以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 21:30:05.39 ID:3SRw5Rm70


玄関ではおかんが迎えてくれた。

「あらあらあらまぁまぁ帰ってきたと思ったらー、どうもお久しぶりですー(ペコリ」

ああ、いいね。この雰囲気。
雰囲気が丸くなるのを感じる…。いいぞおかん。

「ちょっとアンタ!嫁ちゃんのご両親も来るなら連絡の一つぐらい寄こしなさいよ!!まったく!!」

御母さん「おほほ。いえいえ、おかまいなくw」

おばちゃん二人はトークで盛り上がってる。
この後俺の部屋に行くまでに、少しでも雰囲気を良い状態に持って行きたい…

「さぁさ、嫁ちゃんも久しぶりねw どうぞリビングに…」

俺はおかんの言葉を遮るように言った。

「いや、このまま俺の部屋に案内する」


     「  え”……   」


おかんの顔が青ざめた。サァーという音が聞こえた気がした…




409以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 21:42:56.58 ID:3SRw5Rm70


そりゃそうだろう。家族以外には秘密にしていた事だった。
嫁との交際当時からおかんには、絶対言うなよ!絶対言うなよ!と迫り、
たまに実家に嫁が来る時は、アリバイ工作に参加して貰っていた。(グッズを母の部屋に置いて貰うなど…)
そして震えた声で言った。

「ア…ア……アンタ…あんなごみ屋敷に…」

ごみ屋敷言うなや!部屋は綺麗で片付いとるわ!!

「あわわ…あわわ…」
おかんは混乱している。何故?という言葉が彼女の頭の中をぐるぐる回っているのだろう。

その時、階段から誰かが降りてきた。
マズい…ヤツだ!

「こんにちわ~…ってえぇっ!……嫁さんが来たと思ったらご両親も。」

弟だ!完全に誤算だ!
糞!今日は予備校はどうしたんだ!?畜生!




410以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 21:43:44.82 ID:3SRw5Rm70


紹介するが弟はお調子ものだ…。
一筋縄ではいかない自称 ”面白いもの好き”だ…。
常に彼は面白いものにアンテナをのばし、普段くだらない事をいつも言っている。

「ささっw玄関ではなんですから…暖かいリビングに…」

このお調子ものめ…
俺はこういう時の対応のよさに少し感心した。
そしておかんが口を開いた。

「お兄ちゃん…自分の部屋に連れて行くんだって…」


     「  え”……   」


弟も顔を青ざめさせた。
つーか同じ反応かよ!!やっぱし家族だなお前ら!
お前らが同じ反応するから、明らかに三人ともびびってんだろうが!!

「まじかよ兄貴………正気かよ…」

やめろ…俺は正気だ…狂ってるみたいに言うのはやめなさい。




411以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 21:45:05.68 ID:3SRw5Rm70


「う…うるさいな…ちょっとした事情があるんだよ…」
俺は三人を二階の俺の部屋に誘導した。

「僕もwww行くwww」

来るな!!畜生!!
俺達は階段をあがる。+1名を連れて…




430以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 22:05:13.85 ID:3SRw5Rm70


そして俺の部屋の前までついに辿り着いた。
このドアを開ければ今までの誤解は解けるだろう…。
ここまで長かったな…ほんと。

俺はドアを開ける前に三人に言った。

「最初に言っておきます。かなり衝撃的だと思います。
だけどここが今まで俺が話した事の証明に必ずなります。」

俺はワンクッションいれておかないと、三人は衝撃に耐え切れないと思いちょっと説明しようとした。


「御母さん御母さんww兄貴の事嫌いにならないであげてねww」
「え?ええ、大丈夫だと思うわよ(苦笑)」

弟ぉおおお!!!御母さんと仲良くすんなぁああああ!!!




431以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 22:06:02.44 ID:3SRw5Rm70


「あ…あの…まず、開けたら抱き枕があり…」

「いいから開けたまえ」

「はい…」

御父さん…もう知らないですよ…。本当に貴方の思っている以上のnのフィールドが、
いや otaのフィールドがこのドアを開けたら広がっているんですからね?

ええい!南無三!

俺は扉を開いた。




437以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 22:10:57.35 ID:oFEfZRPH0

スレタイ見て何言ってんだ?コイツと思って開いてみたらwwww




458以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 22:19:30.22 ID:3SRw5Rm70


うっ…自分でも、これは酷い…と思ってしまった。
見慣れている俺が思うのだから、始めて見る一般人のお三方はどう思われているのでしょう?

広がる漫画棚…フィギュアゾーン…部屋一面のポスター…


そして華琳様抱き枕…
ひぃぃぃぃぃぃぃ!!俺は急いでとりあえず布団を畳んだ。
ここまで来て往生際が悪いが、ベッドシーツ(恋姫のキャラ、主要メンバー三人の温泉姿がプリントされている)
は隠したかった。ちなみにそのベッドシーツはググルとすぐに出てきます…

ロリはやばいロリはやばい……
掛け布団でまだ見えていないから、俺は華琳様ごと(華琳様ごめん!と思いつつ)S字にふとんを畳んだ。




463以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 22:21:52.08 ID:oFEfZRPH0

>>458
俺たちにもその部屋見せてくれよwwwデジカメで撮ってさwwww




460以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 22:20:20.79 ID:3SRw5Rm70


「はぁ…はぁ…ど…どうぞ…ソファにお座りください…」

三人はキョロキョロしながら三人掛けソファに座った。
弟は…多分ベッドシーツの件が分かっているので、笑いを堪え、空気を含んだ顔でソファの横に立っていた。
弟のその顔が凄いムカついたが我慢…我慢。

「こ…ここが夫君の部屋…」

「ええ…そうです。驚いたでしょう」

糞ぉぉぉ…恥ずかしい…恥ずかしいよぉ…
失神してもおかしくない。俺は涙目になった。

「すごいな…これは…キョロキョロ」
「あら…まぁ…お人形さんがいっぱい…」

御父さんと御母さんは関心していた…。
嫁はよくもこんなに隠していたわね、という顔で俺を睨んでいた。




472以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 22:28:27.09 ID:3SRw5Rm70


すると御母さんが指を指して言った。

「これも、その恋姫っていうアニメのお人形なの…?」

御母さんが興味を示したのは、楽器を持っている女の子のフィギュアだった
お人形って言われると恥ずかしいな。なんか子供みたいだ…。

「そっ…それは、違い…」

俺が説明しようとしたら、

「け・い・お・ん!! だよねw兄貴っ」

弟ぉおお!!しゃしゃりでてくんなぁああ!!!!つか出てけぇええ!!




474以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 22:29:14.63 ID:3SRw5Rm70


「あっそうなのwいや、私も昔、楽器演ってたからww」

「まじすかwwちなみになんの楽器ですか?」

「少しだけしか出来なかったけどねwベースよ」

「うはwwキタコレwwwwみおみおww」

盛り上がるなぁあああ!!つかお前らコンビ組んでんじゃねえええええ!!!!

俺だって知らなかった。御母さんがベースやってたなんて…
糞、弟めええええ…

「私達が若い頃はバンドブームっていうのがあってね。お父さん。」

「う…うむ」

「セッションしましょうwww俺ギターでwwww」

ふざけんな弟ぉおおおお!!御母さんとセッションすんのは俺だあああああ!!!




477以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 22:30:40.22 ID:oJfilTzU0

楽器演ってたってあまり聞かない表現だよな




482以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 22:33:18.00 ID:tZTo6Wbz0

>>477
漫画で見た。快感フレーズだったか
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4091387241/




481以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 22:32:34.74 ID:0yUTYLom0

弟が結構役立ってる件




483以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 22:33:51.44 ID:3SRw5Rm70

けど、少し弟に感謝した。こんな風に空気を丸くしてくれるのも、弟の好意なんだろう。
俺だけだったら恥ずかしくて、何も話ができなかっただろう…。
居てくれてよかった…。

そして嬉しそうに弟が俺に話しかけてきた。

「けど、恋姫もバンドやるよねぇ?兄貴ぃ」

えっ…なんだ?演らないぞ…恋姫はバンドなんか…まさか…

「この間秋葉原一緒にいった時買ったじゃんw

    恋 姫 無 双 ラ イ ブ レ ヴ ォ リ ュ ー シ ョ ン wwww」






485以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 22:34:39.20 ID:3SRw5Rm70


前言撤回。

ふざけんな弟おおお!!!
アレは特別版だぁあああ!!!

つか彼女の両親と一緒にレヴォリューションできるかああああああ!!!!!

すると御父さんが呟いた。


  「ほう…ライブ……レヴォリューション…」





545以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 23:04:08.11 ID:3SRw5Rm70


御父さんお願いします……興味を…沸かせないでください…
つーか御父さんのバイタリティすげぇ!

「見ます?御父さんもみます?見るなら僕の部屋のPS3もって来ますけどww」

殴る。絶対に殴る。
俺はご両親が帰って全てが終わったら弟を殴る決心をした。

「いやいやいや…それはね?ね、ちょっとそんなに時間ないから…弟、時間ないから」

俺は語気を強めて弟を威圧した。
弟はチェーとでも言いそうな顔をした。

嫁はずっと顔を俯けて顔を真っ赤にしている…。
嫁も恥ずかしいのかな…そりゃ俺の妻だもんなぁ…

「そこにあるのは…なんだい?」

御父さんが部屋の隅にあるフィギュアの箱を指差した。




567以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 23:14:46.52 ID:3SRw5Rm70


「こっ…これは…そっ…その、前に買っておいた…フィギュアです……」

「見てみます?ww」

くそう。弟まじで調子に乗ってんなチキショー。
弟が嬉しそうにカサカサと移動し、その箱を拾い、御父さんに渡した。
ゴキブリかテメーと彼にツッコたかったが、ご両親の前で乱暴な言葉は使えなかった…。

「ほほぅ…これは…たい なかつ?」

「御父さんwwそれは田井中 律ちゃんですよw」

あぁー…うん。そう読めるよね。珍しいよね。その苗字。

「それは兄貴がもったいぶって中々開けないフィギュアなんだよねーww」

うるせーよ。余計な説明いらないんだよ。
御父さんが繁々と箱を見ている。




578以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 23:20:33.09 ID:TEaH/rL60

りっちゃんぺろぺろ




584以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 23:23:39.93 ID:3SRw5Rm70


「この作品も好きなのかね…夫くんは…」

「ええ…はい…すいません…」

俺は何故か謝った…。
弟と御母さんは盛り上がってる。

「御母さんwwwこの子wwドラムww」

「あっそうなの(苦笑)」

おいいいい!!ちょっと御母さん引きつり笑いしてるじゃねーかよ!!
御父さんはフィギュアを関心しているようだ。
そうそう。そうでしょう。そのフィギュアはちょっと出来がいいんですよ。出来が。
すると御父さんは信じられない言葉を言った。


  「 開 け て も い い か ね 」




585以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 23:24:28.40 ID:bBAbQErN0

>>1応援してるからガンガレ!




589以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 23:26:59.97 ID:y+oVN3330

>>1応援してるから最後まで書ききってくれ




601以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 23:40:02.25 ID:3SRw5Rm70


んんんn!?御父さんいいけど、どうしてそんなにぐいぐい来るの?
もしかして…俺の趣味を理解しようと頑張ってくれているのか?
だとしたら俺はその好意を受け止めないといけない。

「どっ…どうぞ…」

俺はさっと鋏を渡した…

弟と御母さんは話をしている。
御父さんは箱を開ける作業をしている。

俺は嫁にすかさず擦り寄り話しかけた。

「嫁…ごめんな…もうちょっとで終わるから…後はメールアカウントの表示見せて…だな」

「……ぅぅぅ……恥ずかしいよぉ……夫ぉ……」

うっ…。ちょっと照れてる嫁かわいい。
普段Mな俺に嗜虐心がちょっと沸いてしまったw




612以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 23:46:59.19 ID:3etS1NbnO

嫁かわいいなwww




613以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 23:47:48.22 ID:q0pTFK3FO

…ふぅ




614以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 23:48:37.32 ID:3SRw5Rm70


パキッ!パキッ!
御父さんが包装を外していく。

「おおーっ…」

いい反応だぁああwww
なんか恥ずかしいけどちょっと嬉しかった。

「御父さんwこれ!これ!台座。付けてあげてくださいww」

「おっ…ありがとう弟君w」

御父さんがフィギュアを台座に載せる。

「おおおおおーーーwwwwwいいじゃないかこれwww」
「おおおおおwwwwおほおほおほwwwいいですよね御父さんwww律ちゃんいいですよねwwドラムですよwwドラムw」




618以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/03(木) 23:51:03.48 ID:ElmpV4nw0

おwwwwwとwwwwwうwwwwwwwwさwwwwwんww




631以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 00:01:41.98 ID:ViJRhaui0


「いやーwwかくいう僕も律ちゃんが一番好きでねー…」
これこれ二人とも…意気投合するんじゃないよw
御母さんはあきれた顔しつつも、微笑ましそうに二人を見ていた。
でも嬉しかった。
少し泣きそうになったんだ。御父さんの優しさに。
誰もキモイって言わない。
思っていて言わないだろうが、それだけでも嬉しかった。

この人達と家族になれて良かった…

心のそこからそう思った。


脳内の鼻琳は憎らしそうに、姿を消していった…。
ありがとうな。鼻琳。今思えばお前がくれたこの機会のおかげで、
この人たちの真の優しさに触れられたよ…。なんてちょっとしか思ってないけどな。早く消えろ。




644以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 00:11:50.99 ID:ViJRhaui0


「私の家に飾ってもいいかい?ww
これ持って帰ったら、夫君もよくうちに来てくれるようになるでしょ?w」

「あはははwどうぞどうぞ」

「冗談だよw冗談wははは。いやしかしこれ本当にすごいなぁw」

俺も久しぶりに笑顔になった。
まさかフィギュアで打ち解けるとは…
ありがとう律ちゃん。買って良かったマックスファクトリー…

俺は雰囲気のいい間に、さっさとメールアカウントの説明をしてしまおうかと思った。

「御父さん…そのメールアカウントなんですけど……ちょっと弟出てもらっていい?」

俺は弟を外に促した。弟に聞かれるとマズイ。てゆうか1から説明するの恥ずかしいし、
ヤツに面白いものを提供するのも腹が立つ。




647以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 00:12:48.23 ID:ViJRhaui0


「いやいやw大丈夫だよ。夫君。もうわかった。確かに夫君の言う通りだったよ。」

やっと…終わったんだ…。やっと…。
長かった…。まさか誤解を解くのにこんな時間が掛かるなんて…

「嫁子もいいよな?」

「……よくないけど……いいわよ…」

あああ。いつもの機嫌の良い時の可愛いふくれっつらだ。
嫁…早く二人の家に帰ろう。そして抱きしめて良い子良い子したい…。

その時、部屋のドアがゆっくり開いた…




648以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 00:14:24.73 ID:2vaE9iCTO

いい加減にしろwwwwwむしろもう笑っちまうwwwwwwww




649以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 00:14:40.78 ID:4XBzHSfR0

すごく、、おもしろいです




650以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 00:15:29.53 ID:UdhFHZmQO

やっとか




680以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 00:29:19.11 ID:wgkp+XTm0

浮気じゃなければ、もう何でもどんな趣味でも許容されるよな。義父母、嫁は疑った事とか後悔あるだろうし、1が可哀想に見えるだろうし。




681以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 00:30:01.77 ID:ViJRhaui0


「あらぁぁどうもねぇー…本当にすいませんねぇこんな馬鹿息子でぇ」

おかん…余計な事いうなよ…。

「しょっちゅう宅急便で届くんですよぉwwその度にこの子ったらこっちに戻ってきてww」

恥ずかしいww恥ずかしいけどおかんから良いパスを貰った。

「そうだおかん!このカレンダーで俺が最近帰った日に○つけてくれ!」

「は?何いってんのアンタ…しょっちゅうアンタ帰って来てるでしょうが…昨日だって晩御飯食べて…」

ナイスおかん!!その言葉が聞きたかったんだぁあああああああ!!!
逆転ゴールだぜ!!かっこいいぜ!!
俺のパスを上手くさばいてシュートを決めてくれた!!
やっぱ流石だよおかんwww

そのおかんの言葉を聞いて三人は本当の意味で安堵した顔になった。
そして御母さんは言った。

「だから言ったじゃない御父さん。私は最初から夫君はそんな事する子じゃないってww」

おいいいいい!!!忘れねーぞあの生ゴミを見る目つきはよぉおおおお!!!
御母さんは調子がいい…。忘れていた…




688以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 00:31:54.99 ID:waoh2EEM0

おかんwwwwww
弟と気が合う訳だwwww




690以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 00:34:25.44 ID:W+z2IV3l0

義母wwwwwwwヒドスwwwwwwwwwwwww




706以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 00:48:13.79 ID:ViJRhaui0


「ささっ、もうこんなむさ苦しい部屋でて一階にどうぞwお茶を用意しましたんで…」

むさ苦しいってなんだよ。まったく。
でも良かった。また平穏な日が帰ってくるんだな。
今度はもっと大切にしよう。嫁を。そして御父さん、御母さんを…



「どうもすいません。それじゃあ…行こうか。」
「ええwええ。ご馳走になりましょう」

二人は立ち上がり、弟と共に部屋を出て行った。



    そ し て 部 屋 に は 俺 と 嫁 が 、 二 人 … 残 っ た 。





712以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 00:52:18.19 ID:ViJRhaui0

二人立って向かい合う。。
嫁「ふぅぅ…まったく…」

俺「ごめんな。嫁。けど浮気なんかしてなかっただろ?本当に愛してるのは…これから先もお前だけだ」

嫁「鼻琳は?」

俺「えっ!?ははっwwwえーっと、フッたwwもう卒業しようかなww」

嫁「ふふっw」
嫁は抱きついてきた。

嫁「いいよ。オタク趣味…続けても」

俺「えっ!?本当!?」

嫁「たーだーしっ」m9っ(。・∀・)ビシッ

俺「んっ?」


嫁「わたしにもやらせなさいよね!!」

俺「えっ?なっなにを」

       嫁 「     こ・い・ひ・め  ♪     」

やるんかよいいいいいいいいい!!!!!エロゲだぞおおおおおお!!!!!
またピンチかああああああああ!!!!!




718以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 00:53:46.96 ID:og6gFIe70

完・・・・・・?




719以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 00:53:55.68 ID:W+z2IV3l0

おい、>>1、そのあとのエッチをはぶくなああああああああああああああ




720以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 00:54:26.70 ID:PiLwSp3+0

え、ちょ、釣り宣言は!?




721以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 00:54:29.26 ID:vWUsmQTpO

終わったぞーー!




722以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 00:54:47.27 ID:UdhFHZmQO

んっ?完




723以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 00:54:53.82 ID:V+yMBXke0

ゲームとは一切言ってなくね?
アニメって伝えただけじゃ




726以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 00:56:22.79 ID:VLK9PoVf0

>>723
つまり嫁は初めからこの事を知ってて…




725以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 00:56:05.10 ID:YSEKD0WpP

アニメって説明してたのになぜ嫁がゲームだと理解しているのか
さんざん時間かけたんだからちゃんと矛盾がないか確認ぐらいしてくれよな




742以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 00:58:44.78 ID:ViJRhaui0

>>725
そこは本文では書きませんでしたが、
恋姫の内容を元はゲームの作品、と俺の部屋で話しをしましたw




762以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 01:03:23.06 ID:w9sYP8s50

>>742
オチの為に必要な情報なんだから本文で書いとけよ
携帯小説以下の装飾や演出に酔いしれて薄め・引き伸ばしまくっておいて
最低限の情報すら抜けてるって頭に脳みそ入ってないんじゃねーの




727以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 00:56:35.11 ID:ViJRhaui0

終わりですww

皆さんありがとうございましたww

正確にはまだ後日談をこの後書くつもりなのですが、
その後日談がまた長くなりそうなので、
一番終わりが似合うスッキリしたところで終わらせました。

こんな遅筆の駄文をここまで読んでくれた方に感謝します!!




732以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 00:57:34.36 ID:pF3UYuhL0

>>727
乙~
なんで嫁はゲームだって知ってたの??




733以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 00:57:37.84 ID:W+z2IV3l0

>>727
とりあえず乙!!




748以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 00:59:53.29 ID:anI+3bLU0

おつかれ~おもしろかったWWWWWWWW




750以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 01:00:03.37 ID:k+UeJSkU0

進行形で修羅場を楽しめると思ったのに…




753以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 01:01:15.47 ID:ViJRhaui0

乙ありがとうございますww
あー頑張ってよかった。

>>1000までに後日談を書きたいので、もうちょっと頑張ります。
後少しだけお付き合いください。
質問は答えます!




755以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 01:01:33.58 ID:yEilrEE+O

ここまで書いたんだから後日談も書くべきだろ




759以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 01:02:25.24 ID:rGUOQIpo0

恋姫無双を未開封で売ったんだが、
そんなに面白いゲームなのか?




785以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 01:14:25.29 ID:kwCQthZg0

>>759
面白いと思う人が多かったから累計で何万も売れたんだろうな




838以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 01:33:05.80 ID:iUp5yAqCO

>>1さん、おつかれー!!!

時間かかったけど、とっても面白かったよー!!
最後もニヤッてしてしまったwww

嫁さん可愛らしくて裏山!
これからもお幸せに~




847以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 01:35:54.77 ID:ViJRhaui0


【 後 日 談 】


悪夢のあの日から数日後…

「嫁ぇー…」

「ん?なぁーにぃー?」

嫁は寝っ転がってパソコンに向かっている…。

「もうそろそろ…俺の相手して欲しいんだけど…」

「いいじゃん別にぃ…あ…倒した」

「あのー…寂しいんですけど…嫁ちゃん…」

「散々わたしに寂しい思いさせた罰じゃない~?フーンだ」

「あの…その…」

嫁は…あの日に俺から借りた「真・恋姫†無双」にどっぷりハマっている…
嫌味のように俺の前でプレイするのだ。




850以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 01:36:58.19 ID:wl1gc8mj0

後日談ktkr




859以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 01:38:56.62 ID:JJ8ioedMO

後日談キター




863以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 01:40:20.04 ID:E2TvbJhR0

どういう事なんだよもう…




864以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 01:41:10.83 ID:ViJRhaui0


お風呂の後に、
「さーって、恋姫やろうかな~♪鼻琳様ぁ~」
と言ってみたり、

「鼻琳はいつ一刀とくっつくの?wwwねぇ?」

と茶化しを入れてくる…。
鼻琳はまた別の形で蘇り、俺達と上手く共存している。

もちろん、嫁は魏軍から始めている。
三国志が元々好きだった彼女は、本当に楽しそうにプレイし、面白いよ!と理解を示ている。

「私のメールアドレスを華琳って登録すればいいんじゃない?」

まったく。こいつめ。


これが本文で語られた>>1の相談したい事。
つまり、嫁が恋姫無双にハマって俺を相手にしてくれない。だ。




867以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 01:42:39.03 ID:b1XIr1lE0

>>864
そうか。自業自得だな。




870以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 01:43:08.58 ID:E2TvbJhR0

>>864
もしそれがほんとにだとしたらスレ立てる時にこんなスレッド名で立てねーだろ糞が
もう寝ろ
そのまま目覚めるな




882以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 01:46:29.87 ID:vWUsmQTpO

>>870
厳しいなwwwww
待ち望んでいた質問が来たんだからちゃんと答えてやれよwwwwwwwwww




886以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 01:47:05.39 ID:W+z2IV3l0

>>870
てめぇずっと待ってたんだろ!?お前が相談に乗ってやれる・・・そんな最高なハッピー
エンドってやつを。今まで待ち焦がれてたんだろ?こんな展開を・・・何のためにここ
まで歯を食いしばってきたんだ!?お前らだって主人公の方がいいだろ!?脇役
なんかで満足してんじゃねえ、命を懸けてたった一人の>>1を守りてぇんじゃない
のかよ!?だったら、それは全然終わってねぇ、始まってすらいねぇ・・・
ちょっとくらい長いプロローグで絶望してんじゃねぇよ!
手を伸ばせば届くんだ!いい加減に始めようぜ、ID:E2TvbJhR0!




901以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 01:52:10.78 ID:OEeE4BnwO

>>886
>ちょっとくらい長いプロローグで絶望してんじゃねぇよ!

↑クソフイタwwwwwwwww
これ以上に似合う場面はねえwwwwww




916以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 01:58:39.49 ID:W+z2IV3l0

>>901
ピッタリすぎだろwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww




873以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 01:43:56.18 ID:ViJRhaui0


そして御父さん御母さん。
この二人も以前と変わらずに接してくれている。

御母さんは相変わらずお調子者。
一緒にテレビを見ていてオタク特集が始まると、夫君知ってる?これ?www
なんてからかってくる。

御父さんなんて、
会社の若い部下とけいおん!!のフィギュアの事を話しあって盛り上がったよww人気あるんだなアレww
なんて言ってくれた。

嫁との約束事もでき、
グッズを買いたい時は、私に相談し買う事!と嫁にキッパリ言われた。。。

「嫁…もう二時間くらいやってるぞ…。そろそろ…」

寝っ転がってる嫁がこちらを向いた。。

「こんなの隠してw本当に馬鹿だねぇwアハっ」

嫁にはもう隠し事はしない。多分、この人ならもう全て受け入れてくれる。

そう思った。


鼻琳「キヒ。」

終わり。




877以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 01:46:02.57 ID:E2TvbJhR0

1、ただのSSが書きたかったのかどうか→違うなら時系列がめちゃくちゃな事について説明しろ

2、今から相談するのかどうか→しないならここまで引っ張った理由




910以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 01:54:34.06 ID:E2TvbJhR0

あえてミスリードした理由は?
てか>>877に答えてくれ




917以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 01:59:07.65 ID:ViJRhaui0

>>910
ミスリードしたのは、最後の最後までスレ民に疑問を残して置きたくてしました。
多分、その方が考察してくれて読んでくれるんじゃないかと。
SSが書きたいという気持ちはありました。
相談は残りでお願いしますw




881以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 01:46:29.09 ID:b1XIr1lE0

妙な一体感




883以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 01:46:48.22 ID:Qffu+6xE0

なんなんすか!なんなんすかこれ!




897以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 01:50:07.73 ID:Qffu+6xE0

こんな壮絶で大長編なSSスレ初めてだぜ




899以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 01:52:00.67 ID:/3hfJxyY0

こんな女いねえよ。いるなら何で俺のところに来ないんだよ。




903以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 01:52:35.61 ID:ViJRhaui0

後日談も書き込み終わり、本当の意味で終了しました。
対した内容の後日談ではないですが、本文で可愛い嫁の出番が少なく、
嫁の可愛さをアピールしたいがために書きました。

本文にはミスリードが結構ありましたね。
現在、嫁がいないのは用事があり、実家の方に泊まりに行っているからです。




909以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 01:54:10.53 ID:W+z2IV3l0

>>903
スレ落とされないでよかったなwwwwww
乙!




904以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 01:52:40.02 ID:sE/yMEvY0

オタク趣味を隠したまま結婚したんだが、
二次元美少女に入れ込んでるのがバレて
しかし二次元じゃなくリアル女に浮気してるものと勘違いされ、
嫁の両親まで巻き込んでしまったので逃げられなくなってカミングアウトした

そしたら案外受け入れてもらえたんだけど、
俺の好きなゲームとかを嫁もするようになって
嫁がハマってしまって相手してくれない・・・どうしよう


おわり




907以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 01:53:38.67 ID:b1XIr1lE0

>>904
フイタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww




911以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 01:56:33.15 ID:vWUsmQTpO

>>904
いいよいいよー
最後に>>1さんについてちょっとだけ教えて欲しい///
あまり他人の意見聞かないタイプ?




929以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 02:03:45.82 ID:ViJRhaui0

>>911
あえて最初の文体で貫き通させてもらいました。
最初の頃、その文体のままで面白いから続けてくれ!
とレスされたのが嬉しかったからですね。

あと、話はよく聞く方だと思いますがww今回、疑問を投げかける人が多すぎて、
全員にレスできないので、一貫して誰にもレスしないように意識しました。




934以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 02:06:04.66 ID:loG1nIO60

>>929

途中でレスで止まるのはいただけないから
その点は評価する
今度は書きとめてくれ




908以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 01:53:53.84 ID:DInR79FG0

っと一応相談には答えるか
>>1が鼻琳のコスプレすればおk




917以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 01:59:07.65 ID:ViJRhaui0

>>908
それいいですねwww




915以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 01:58:12.32 ID:waoh2EEM0

お疲れ
最初から見てたが俺は>>1の文で楽しませてもらった
相談無いならもう電源切って寝るといい。外野の意見にはいい加減疲れただろう




945以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 02:12:29.82 ID:loG1nIO60

俺 会社員 オタだが、その趣味を嫁に隠してる
嫁 専業主婦
俺の趣味は実家の俺の部屋に全て詰みこんであるのでばれる心配は無かった
最近こいひめむそうの鼻淋が好きすぎて、仕事の疲れを癒すためにメールの
アカウントをつくってそのアドレスを携帯で鼻淋で登録して自分に送って楽しんでた
携帯忘れる
嫁に見られる→ぶち切れ
義両親もすっとんでくる
誤解が解けぬまま嫁、向こうの実家に
全て打ち明けることを決意
俺の秘法を見せる
恥ずかしかったけど誤解解ける
でも嫁がこいひめむそうにはまっちゃった!!助けてお前ら

このことを伝えるのに二日以上とかおかしいんじゃねえの?




951以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 02:13:58.67 ID:1pQlzSE90

>>945
秘法で吹いたわww>>1もこれくらい適当な方がよかったのにな




956以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 02:15:29.26 ID:W+z2IV3l0

>>945
結構長い文書いたなww
ツンデレ乙wwwwwwwwww




953以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 02:14:06.16 ID:ViJRhaui0


そして最後に言いたいのが
これがフィクションなのか、ノンフィクションなのか…です。

俺が読者の場合、あまり気にしないのですが、>>1としては言っておこうと思います。

この話は事実です。

こんな変なカップルと変な話があったという事。

楽しんでもらえたなら、凄い嬉しいです。

ありがとうございました。




960以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 02:16:36.59 ID:W+z2IV3l0

>>953
よかったぜ
乙乙




962以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 02:17:06.37 ID:Qffu+6xE0

とりあえず>>1は爆発しといて




965以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 02:18:23.94 ID:AjNfhltDO

嫁の大河ちゃんかわゆす1000とるぞー




980以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 02:24:26.65 ID:jpYuC2iA0

もう終わるのか、いやぁ長かったな




983以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 02:25:01.77 ID:b1XIr1lE0

皆さん本当にお疲れ様でした




988以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 02:25:47.97 ID:DInR79FG0

何だかんだ言って最後は和んだからよかったな
そして猫の可愛さは偉大だ




992以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 02:26:29.61 ID:b1XIr1lE0

動物というのはいいですなぁ




995以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 02:26:56.53 ID:jpYuC2iA0

1000なら俺の嫁がデレる




997以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 02:27:19.46 ID:DInR79FG0

1000なら猫の画像見てなごむ




959以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金) 02:16:28.16 ID:DInR79FG0

結論:鼻琳は可愛い




剛力彩芽さんの最新画像wwwwwwwww
青雲
俺「麺やわめで」女「バリ硬で」俺(うわぁ引くわぁ……)
頑張って女の子とLINEした結果wwwwwwwww
釈由美子の整形Eカップ乳すげえええええwwwww 今夜くらべてみました出演時の最新画像あり
【ももクロ】ももかの完全に一致する画像キタ━(゚∀゚)━!
4歳の姪とお風呂に入った結果wwwwwwwwwww
このエロ画像おかしくねぇ?
引用元:浮気してないのに浮気バレた… part2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加