引用元:勇者降臨 義理家族に言ってスカッとした一言 其149

3451/22010/04/03(土) 23:33:02 0 ID:

近距離に一人暮らしのトメは、頻繁に我が家にやってきては
イヤミや悪口の連発。旦那は夜遅くまで仕事なので、平日の夕飯はいつも
自分だけなのだが、トメが来るときは仕方なくトメの分も出してた。
でも、例のごとく「味が濃い or 薄い」「料理もろくにできない」
「○○(近所のスーパー)のお惣菜の方がよっぽどおいしい」
とイヤミ連発(とはいっても毎回必ず完食)。夫に言っても
「味の好みは人それぞれだから」などと大して取り合わない。
モヤモヤしつつも、ウトが死んで一人で食事するのも寂しいのだろうと
仕方なく、トメのイヤミはスルーしつつもてなしていた。






人気記事

3462/22010/04/03(土) 23:36:16 0 ID:

以上が前提で、昨日の夕方のこと。
トメが来襲し、夕飯の用意をしてる私に向かって、ひとしきりイヤミを言った後、
夕飯の完成の頃合いを見て、食卓について待っていた。
私はトメの大好物ばかりの料理を運んで(トメ、準備段階から顔wktk状態)
それらは自分の席のみに置き、トメの席には500円玉一枚置いて、
一人で食べ始めた。トメ、最初は訳がわからないといった、ポカンとした表情で見ていたが 少しして、「ちょっと、嫁子さん、私の分は?」と怒り口調で尋ねてきた。
「トメさんの分の料理なんてありませんよ?私の料理はお口に合わないんでしょ?」と返事。 トメ、驚いた顔をして一瞬黙ったが、すぐに「何言ってるの?それでもいつも残さず食べてあげてるでしょ!そもそも姑を放っといて、よくも自分だけ食事ができるわね!」
私「ですから、それ(トメの席の前に置いた500円玉)で○○へ行って何か買ってきたら
如何ですか?私の料理よりよっぽどおいしいんでしょ?」
トメ「な!・・・。何言ってんの!だいたいこんなんじゃたいしたもん買えないでしょ!」 私「あら、もうすぐお惣菜の半額タイムセールですよ?(満面の笑みでニッコリ)」 絶句したトメ、しばらく黙った後、「このことは息子に言いますからね!」と
500円玉を掴んで出て行った。

昨日、妊娠が判明したので、子どものためにも今後のためにも
良い嫁キャンペーンは終了です。