その神経がわからん!その4


 

719名無しさん@おーぷん2014/12/16(火)21:29:18 ID:jhJ

誰もいなさそうなので、こっそり投下。
スレチだったらすみません。
また、障害者や性の話が含まれるので、苦手な方はスルーして下さい。

未だに忘れられないし、友達と集まると必ず話題に上がる話。
10年程前、私は某福祉大に入学した。
当時は結構人気の大学で、熱意を持って入ってくる子が多かった。
大人数のボランティアサークルがいくつもあったし、みんな掛け持ちをして、高齢者、児童、障害者(児)のボランティアに積極的。
例えば、ドレッドヘアに帽子を被り、ダブダブの服を着てガラスの前で踊っている兄ちゃんが、手話を勉強して手話だけで会話をしながら構内を歩いていたし、ギャル系の子もジャージを着て、長い茶髪をまとめてボランティアに行くとかね。
障害を持った学生も多くて、聴覚、視覚、身体障害の人がいた。


友人の誰かが一緒にいる事が多かったけれど、一人でいても気付けば誰かが自然と手を貸し、それが当たり前の学校だった。

同時に入学してきた中にも、全盲の人(以下L)がいて、Lにはいつもお母さん(以下L母)が付き添っていた。
L母は講義中の黒板や、掲示板に貼ってある掲示物を読んだり、買い物を手伝ったりしていたから、Lの手伝いをする学生はいない。
控え目で大人しそうなL母に対し、L君は煩わしそうに強く当たっていたのを、周囲は「そりゃこの年にもなればそうだよね」と思いつつ眺めていた。
入学してしばらく経つとL母は見なくなった。




720名無しさん@おーぷん2014/12/16(火)21:29:58 ID:jhJ

ある時、講義前の教室でLが近くに座る女子達に声をかけて、グループに混ぜて貰っているのを見かけた。
隣の女の子が身体を傾けている姿を見て、「目の見えないLにとって、この教室(机と椅子が繋がっているタイプ)は不便だよなー」と思って眺めていたけど、後に間違いだった事に気付くw

いつもの様に友達数人で席(机と椅子が繋がっている)についていたら、Lが来た。
L「すみません、隣に座ってもいいですか?」
友人A(以下A)「いいですよ、どうぞ」
L「ありがとう、初めて聞く声だ。初めまして、僕は仮本Lだよ。ねぇ、君はなんて名前なの?」
A「仮籐A子だよ」
L「A子ちゃんっていうんだ、良い名前だね(と言いながら、顔をぐっと近付けるので、Aがちょっと後ずさる)」
A「ありがとう」
L「A子ちゃん、いい匂いがするね(ニコニコ)」
A「あ、え、ありがとう?」
L「ふふふふふ・・・(ニコニコ)」

Aは戸惑いながら黒板に書かれている事をLに伝えていたけど、事ある毎にAが顔を近付けてくるというか、かなりの近距離(そのままキスされるんじゃってくらい)で覗き込んでくるし、身体ごとすり寄ってくるので、かなり戸惑っていた。
座席の形状云々の問題じゃなくて、もう完全にわざと・・・。

別の講義では、教室に一人で座るLに男子達が何やら話しかけていたのを見かけた。
多分「黒板読もうか?」とか、そんな内容だったろうと思う。
少しやり取りして男子達が何だか微妙な顔をして去って行った後、Lが席を立ち、教室内をウロウロ。
集団に近寄っては去り、また別の集団に近寄って去り・・・を何度も繰り返していたから、何をやっているんだろう?と思って眺めていて気付いたんだ。
Lは声を頼りに人に近付き、男子グループだと判断すると去り、女子グループだとわかると声をかけて隣に座る。
そしてニコニコ笑いながら顔をグイグイ近付けて、相手が引いたとわかると更に近寄る。
この行動は他の講義でも同様で、見かねた男子陣がLに積極的に声を掛けてサポートを申し出る様になったんだけど、もちろんLは断ってウロウロ→女子に声を掛ける事を繰り返す。
この頃はまだ周囲の反応は「出会いがなくて、少しでも女の子と接点を持ちたいのだろうけれど、ちょっとやり方がね~」という程度で、仕方ないかって感じだったけど、Lはどんどんエスカレートしていく。




721名無しさん@おーぷん2014/12/16(火)21:30:54 ID:jhJ

放課後、A含む友達数人とロビーでお喋りをしていたら、Lが近付いてきた。
L「A子ちゃんがいるのかな?」
A「・・・いるけど、どうかした?」
L「バス停に行きたいから、連れて行って欲しいんだ(Lはバス通学で、バス停は大学から徒歩3分もかからない)」
この時Aが微妙な顔をしていたので、私は間に入った。
私「Aはちょっとやる事があるから、私が付き添うよ」
L「あぁ、ありがとう。僕は君の名前はなんていうの?」
私「仮山S子だよ」
L「S子ちゃんだね、僕は仮本Lです。宜しくね(ニコニコ)」
私「じゃあちょっと行ってくるね、仮本くん行こう」
L「うん、A子ちゃんまたね(ニコニコしながら私の肩に手を置いて歩き出す)」

―校舎を出てみんなと別れる―

L「僕ね、母親がずっと付き添ってたんだ」
私「うん」
L「でも鬱陶しくてさ、もう来ない様に言ったんだよ」
私「そうなんだね(まぁこの年になって親が付きっきりは嫌だよね)」
L「もう大学生になったしね。オシャレとかもしたいと思っていて、色々考えているんだよ(L君はジャージ上下を着た山下清みたいな感じ)」
私「もう夏も近いし、新しい夏服を買ったらどう?」
L「それでね、最近はコンド○ムを集めていて」
私「・・・?(゚Д゚)」
L「メーカーが沢山あるから、色々買って使ってみてるんだ。ふふふっ」
私「・・・・・」
L「一人でするから、上手く着けるのが大変で」
私「・・・あのさ、そういうのはセクハラだから。女性に対して話さない方がいいと思う。じゃあ気を付けてね」
ちょうどバス停に着いたので、私は話を切り上げてさっさと学校に戻った。

ロビーに入って椅子に座ったら、ガラスの向こう側に校門からこっちに向かってくるLの姿。
構内には全て点字ブロックがあるから、Lは迷う事なく校舎に辿り着き、ロビーに入ってきた。
忘れ物かな?と思ってみていると、今度は別の女子グループに「バス停まで(ry」と声をかけて送って貰っているw
そしてまた戻って来て他のグループに声をかけだした・・・。
もうロビーにいた人達はドン引きで、声をかけられた人は断りつつその場を立ち去り、私達もすぐに移動。




722名無しさん@おーぷん2014/12/16(火)21:32:44 ID:jhJ

ゴムがどうのの話は、私が聞く前から他の人にも言っていたようで、有名な話だったらしい。
ただ内容が内容なので、あまり表立って話される事がなく、私は自分が聞かされるまで知らなかった。
大学の障害支援課(障害を持つ学生をサポートする課)にはかなり苦情が入り、大学側からLに注意したり、黒板を読むサポートを申し出たりしたそうだけれども、改善される事はなく皆LからFO。
Lは避けられながら4年間過ごしていたけれど、その間も全く懲りずに女の子に話しかけ続けていた。
Lの行動は周囲に嫌な思いをさせるだけでなく、同じ視覚障害を持つ学生を「Lと同じに思われそうで本当に嫌だ」と悩ませていて、本当に気の毒だったな。
異性と話がしたい、触れ合いたい、恋人が欲しいっていうのは、当たり前の感情だと思う。
どうしてLはこんな表現の仕方しかできなくなってしまったのだろうね。
長くなってしまった、スレ消費してすみませんでしたorz




723名無しさん@おーぷん2014/12/17(水)00:12:44 ID:2Z8

長いわ




引用元:その神経がわからん!その4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加