いい人・優しい人の話


 

31おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2014/08/13(水) 07:32:43.96 ID:hbO9kX6i.net

電車で聞こえてきた20代くらいの男二人の会話

A「あれ?俺1000円借りてたけど返したっけ?
 返したか返してないか覚えてないや」
B「返してもらった気がするけど違うかな?覚えてない」



A「じゃあ返さないってのも気持ち悪いから後で1000円返すよ」
B「いやもし返してもらってたら俺が得することになるし」
A「え…でも…」
B「じゃあ500円返してもらうってことにしようか」
A「じゃあそれで」

友人に貸した金に無頓着でお互い自分が損してでも
相手の方を得させようと考えるところがすごいなーと思った




32おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2014/08/13(水) 15:43:14.10 ID:BgnBa9lM.net

>>31
微笑ましいやり取りだな




33おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2014/08/14(木) 01:24:32.28 ID:yoEsm62p.net

>>31
三方一両損を思い出した

“ある男が三両を落とし、別の男が拾って届けた。
しかし落とした男は「落とした時点でそれは俺の金じゃない。全額お前にやる」と言い、拾った男も義理堅かった為「金を貰う為に届けたんじゃない。全額お前に渡す」と返し、二人は口論となってしまう。
これを受けた越前は次のような裁きを行った。
両者の三両を一旦預かった後、自らの懐から一両を取り出して四両とし、二人に二両ずつ分けたのである。
「拾った男は三両貰える所だったが二両しか貰えず、落とした男も本来の手持ちより一両少ない金が残り、私も一両を失った。これで三方一両損である」とのことだった。
金を全額受け取って得をすることを良しとしなかった二人にとって、この裁きは実に納得いくものだった。 ”




34おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2014/08/14(木) 12:46:05.73 ID:U/0236xk.net

ある日、アントニオ猪木は古舘伊知郎から1万円を借りたがそのことを忘れてしまった。
当時若手アナだった古舘にとって1万円は高額であったが、相手は大スターであり、
なかなか言うに言えず困っていた。
ところがある日、猪木は急にそのことを思い出し、「いや、ごめんごめん」と30倍にして返した。






引用元:いい人・優しい人の話
  • このエントリーをはてなブックマークに追加