その神経が分からん!その3


 

712名無しさん@おーぷん2014/11/07(金)18:25:43 ID:1KfgfTsvV

子供が小さい頃住んでいた住宅街にAさんという犬友達がいた。
子供の学年は違ったけど、年齢が私と同じぐらいだったから犬の散歩の時に話すようになった。
その住宅街には60代ぐらいのBさんというおばさんがいて、Bさんも犬の散歩の時間が同じぐらいで時々話すようになった。
ある時、放置されている犬の糞があって、嫌だなぁと思っていたらBさんがサッと拾って自分が持参した袋に詰めた。
驚いて聞いたら「だって嫌じゃない?ほったらかされてるの。どうせ自分ちの子(犬)の拾うんだし。ついでよ。」
ってニコニコしてて、見て見ぬふりした自分が恥ずかしく見習おうと思った。



それからも時々Bさんが放置されてる糞を片付けていて、私とAさんと3人のときも見つけたら拾っていた。

ある日、Aさんと二人で散歩していたらAさんの犬が糞をしたのに、そのまま放置しようとした。
驚いて「どうしたの?袋忘れたの?」って聞いたら
「大丈夫よ~ どうせあのウ○コおばさんが拾うわよ~」って返事されて仰天した。
親しく世間話する人の事をウ○コおばさんなどと陰口言うのも驚きだし、
Bさんがやるから自分はやらなくていいという理屈もびっくりだった。まさに神経を疑った。
そんなこと駄目だよ。って私が拾って私が持参した袋に入れたら
「私子さんて真面目なんだね。えら~い」ってちょっと馬鹿にしたように言われた。
ムカっとして「当たり前でしょう。偉くもなんともないわ。」って強めに言ったら「感じ悪いね」とふてくされた。

翌日からAさんは散歩の時間帯を変えたのか会わなくなったが、同じ町内のAさんの子と同学年の子をもつママ友から
「Aさんがあなたのこと真面目すぎてウンザリするって言ってたけど何かあったの?」
と興味津々に聞かれたのでありのままに教えてさしあげた。
ママ友がAさんについて教えてくれたけど、いつも楽しようとするとか、他人の子の容姿を馬鹿にするとか、
もともとあまり評判がよくない人だった。
犬の散歩以外に接点がなく、犬の話しかしなかったから知らなかった。
その後は私たち一家が引っ越してしまったので知らないが、昨日偶然に病院でBさんに会った。
70代になっていた彼女は「もう私が先に逝っちゃう可能性があるからねw 犬は飼えないわね~」ってあの頃と同じようにニコニコしていた。
実はあれから彼女を見習って、放置されてる糞をこっそり拾っている。
ひょっとしたらウ○コおばさんとあだ名がついているかもしれないなどと思ってるけど。




引用元:その神経が分からん!その3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加