友達をやめる時 inOpen


 

690名無しさん@おーぷん2014/09/29(月)11:57:37 ID:oVNR8ZL1i

30代で始めたあるお稽古ごとで仲良くなったAとBと私。
全員独身社会人で、地元も職種も違ったから、
他の人には言えないような色んな事も話し易くて、
本当に仲良くなった。

いつの間にかAが作家デビューしていた。
全然知らなくて、Aの家に遊びに行った時に知った。
Bは読んだ事があったそうで無茶苦茶喜んでいた。
絶対応援するから!と二人で言った。
Aは、あまり個人情報を知られたくないから
周りには言わないで欲しいと言った。私達は承知した。




Aは人気作家になった。本屋さんにも沢山置いてある。
するとBは大量のサインを求めるようになった。
それまでもAから本は頂いていたんだけど、
それ以外に色紙や本を持ってきてサインをねだる。
って事はBは自分が作家Aの友人である事を
周りに公言していると言う事だよね…

Aも気にしていたようだったので、帰り道にBに聞いた。
すると「うん、だっておめでたい事だし私本好きだから
もう我慢出来なくて!応援してって気持ちで話したの。
Aも、友人であることを言うななんて言ってなかったし」
と。まあそうだけど、やめときなよって注意した。

ある時、Bと私の会社の男女何人かで飲み会をした。
最近読んだ本の話になって、Aのファンだという
男性がいた。するとBがAの情報をベラベラ喋り出した。
既婚者の先輩に恋してたとか兄妹仲が凄く悪いとか、
お腹が弱くてストレスで下痢になり易いとか、
AとBと私と言う閉ざされた独身女性3人組だったからこそ
言えた色々な情報をベラベラと。ビックリした。
でも周りは面白がって聞くよね。だからBは調子に乗る。

私はその場で「Aは言われたくないって言ってたでしょ。
何故そんな事を話すの?Aが不倫してたみたいに聞こえるし。
Bはいつもそんな風にAの私生活を周りに話していたの?」
と聞いたら、Bは「え?なんで?このくらい良いと思うけど」
って。Bの同僚はいつももっと色々聞いているみたいで
AB私で会って話した事は翌日には会社でネタにされてた。




691名無しさん@おーぷん2014/09/29(月)12:17:18 ID:oVNR8ZL1i

とにかくなんでもすぐにBはAの話に持って行く。
住まいの話になれば「Aは○○にいくらのマンションを買った」
恋の話になれば「Aも気苦労の多い恋ばっかりでね」
収入の話では「Aくらいの作家の印税はね」「講演料は」

もう完全に周りからBは有名人Aのスピーカー役として
認知されてた。でもBは反省するどころか
「自分はAの広報担当!」くらいの気持ちでいる。

その後、Bにあんな事は言うべきでない、
自分が言われたらどういう気持ちになるか考えなよと
言ったけど、Bは「え、でも嬉しいじゃない!友達が
実は自分がファンだった作家だったんだよ!」と。
言い争いになって、しらけて、私はCOした。
もちろんAにも、Bがスピーカーしてる事は伝えた。
Aは、実は余りにもネットや何かで個人情報が漏れるので
編集者も気にしていた。Bかなあ、とは薄々思っていた。
良い機会だから付き合いはもう止める、と言っていた。

暫くしたら会社にBが現れた。
Aと連絡が取れない、マンション凸しても出ない、
Aの身に何かあったのではないか、知らないか?って。
「Aは元気にしている、忙しいんじゃないの」と言うと
二人で会っているの?なんで?と激しく聞いてくるので
「逆に、何故BはAに会いたいの?何の為に?
そこで話した事を又すぐに回りに話す為に?
AはBの会社での話題作りの為にいるんじゃないよ」と言った。
Bはそんなつもり全くない、駄目ならそう言って欲しかった、
と言うので「何度もやめてって言ってたよ。やめてって言ってる事を
いつまでもやめてくれない人は友達じゃないでしょ」というと
Bは、Aと話がしたい、繋いでくれと言うので断った。
そして会社にも来ないで欲しいと言った。




692名無しさん@おーぷん2014/09/29(月)12:27:24 ID:oVNR8ZL1i

その後、Aの温情で仕方なく一度だけ3人で会った。
Bは最初こそ謝ってたけど結局は自分の正当性を主張しだして
それを私達が認めないでいると、しまいには
「Aは有名になってから変わったよね!」と言い出した。
Aはそれに対して「変わったのはBだよ。以前は私の事を
会社でいちいち話したりしなかったでしょ。どうして、
私が作家になってからは周りに話すようになったの?」と聞いた。
Bは黙った。そして「だって意義のある話だから…」と言った。
Aは「私の話す愚痴なんて基本的に昔と変わっていないのに、
有名人になったら急に意義のある愚痴になっちゃうの?なんで?」
と聞いた。そして「Bが変わったんだよ。」と言った。

Bは最後まで「私の感覚は普通だと思う!身近な友人が
有名人になったら人に話したくなるの当たり前だよ!
なんでそんなに隠したがるの?おかしいよ、暗いよ!」
と言っていた。だから私は、
「私達の友人であるAは、言わないで欲しいと頼んだよね。
何度も。そのAの気持ちは否定して無視して、
自分と周りの感情を優先したんでしょ。それはBの自由だけど、
だったらAも私もBとは友達でいたくなと思うのも自由だよ。
Bはこれからも自分と周りの人を優先して生きたら良いじゃない」
Aは「有名人だからとかじゃなくて、誰であっても
知らない場所で自分の過去の話や収入、住所や家族関係が
話題にされているのは気分のいい物じゃないよ。Bは違うの?
私がどこかでBの過去の恋話を実名入りで話していても平気?」
と聞くと、Bは
「二対一で責め立ててさ。これって苛めの構図そのままだよね。
Aは、有名税って言葉勉強した方が良いと思う!」と喚いた。
私ははっきりと「そこまで相手の気持ちを思いやれないんなら、
もう友達じゃないね。お付き合いはこれまでにしよう。」
と言って別れた。

Aも私もその後結婚したり出産したり引っ越したりで、
Bとは完全にCOした。今でもネットで時々むやみやたらに
Aと叩いている人を見ると「もしかしてBかもな…」と思ってしまう。




引用元:友達をやめる時 inOpen
  • このエントリーをはてなブックマークに追加