引用元:今までにあった修羅場を語れ【その5】

609名無しさん@おーぷん2014/10/16(木)01:23:55 ID:Jjkzz8aGQ

夏休みに海外にボランティアに行った時の修羅場

私等が行く地域はユニセフが援助をした比較的十分な設備が整ってる地域だと聞いた
寄付金で作られた井戸が去年完成して、配給所もある
配給所は農作物の出来高を見て撤退する予定らしい
現地では農作業や井戸の整備などをすると聞いていたのだけど、現実は違った




現地の人たちはユニセフやNPOの手厚い支援を受けて食器から食べ物を自分の口に運ぶ機械と化していた
金属製の汲み上げ機があるはずの井戸は解体され、金物屋に売りさばかれたらしい(完成した翌日に)
子どもたちは学校に通ってるのかと思いきや、小さい子たちは昼寝か遊んでる
10歳以上の子たちはこれまたNPOから貰えるはずの避妊具もつけずにヤリまくりの日々
大人たちは配給所を撤退させまいと農地を荒らしたり、農機具の破壊に勤しんでいる現実

これが普通だと現地の人たちは言うし、悪びれてもいない態度には呆れを通り越して野垂れ死ねと思った

こんな人たちに支援する人の気がしれない




610名無しさん@おーぷん2014/10/16(木)07:01:21 ID:tmnRgVji4

難しい話だよね
ただで貰える状況が長く続くとそうなってしまうのか
もともと、働かない気質なのか




611名無しさん@おーぷん2014/10/16(木)07:12:40 ID:kgL60qYtv

そういうのには色々と思惑があってね。
意図的に現地の人間をバカで愚鈍なままにしときたいのもいるからね。




612名無しさん@おーぷん2014/10/16(木)09:24:02 ID:GkCxsY6yr

それがNPO、ひいては国連の飯の種なわけだし
というかそもそも国連は途上国出身で構成されてるし




  • このエントリーをはてなブックマークに追加