今までにあった修羅場を語れ


 

879名無しさん@おーぷん2014/05/07(水)00:09:29 ID:C2SS1LxSJ

幼稚園の頃の話です。昔の話なので少し忘れている部分もあります

母の日にプレゼントを贈ろうということで
紙粘土で作ったお皿(小物入れだったと思う)を作ると言うことになった
昔から工作が大好きだった私は、張り切ってハート型の形を作った
ふと視線を感じて顔をあげると、同じクラスの女の子(もう顔も名前も覚えてません)
もともと内向的かつ人見知りでクラスに友達と言える子は一人もいなかった
「すごいね。上手だね」
と、急に話しかけてきた。
なんだかしきりに褒めてくれるのですごく嬉しかったのを覚えている
完成したお皿に竹串で名前を彫り、後日乾いてからかわいいピンクで塗った

そしていざ出来上がったお皿を持って帰る日、テーブルに並べられたお皿を
各自とりにきてくださいと先生が声かけしたのでとりにいくと、自分のハートのお皿がない



びっくりして、誰か間違えて持っていった!と思いあたりをみまわすと
作っているときにしきりに褒めてくれた女の子が私のピンクのハートのお皿をしっかり胸元に
抱えるようにして持っていた
びっくりして固まる私。形も色も特徴あって他に似たものはなかったはず
立ち尽くしている私に先生がどうしたのかと声をかけてきたので正直に自分のお皿がないと伝えた
どれなの?って聞かれたから、ハートでピンクのお皿を持っている子を指して
あれが私の!って確か必死に訴えた覚えがあるんだけど、その女の子は私のお皿を抱えたまま
全力で自分のだ!って言っていたと思う
結局私は、先生が作ったお皿を持たされて帰ったんだ
ずっとずっと、半べそかいていた覚えがある
もっとしっかり言えたらよかったんだろうけど、当時の自分ではそこまでがせいいっぱい
何か聞かれてもまともに話せなくて、言いたい事があっても黙ってしまうような
本当に暗いっていう表現がぴったりな子供だったから
心のなかではくやしくてくやしくて
名前だってちゃんとかいてあったはずなのにどうして先生は信じてくれなかったんだろうって
もう本当に哀しくて哀しくて仕方なかった

この日以来、先生は自分の事を信じてくれなかったんだから信じちゃいけない!
って思うようになった。
幼稚園で困ったことがあっても一切先生に言わない子になった

当時の自分にとっては本当に哀しくてつらい修羅場でした




880名無しさん@おーぷん2014/05/07(水)03:28:34 ID:C2SS1LxSJ

879です。>もともと内向的かつ人見知りでクラスに友達と言える子は一人もいなかった
すいません、これは自分自身のことです




引用元:今までにあった修羅場を語れ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加