復讐とまではいかないちょっとしたいたずらや仕返しを語れ


 

49名無しさん@おーぷん2014/05/08(木)19:26:17 ID:o6CVIcYVM

仕事入ってしまったから簡潔に。
もう一つの仕返しを。

風呂屋でバタ足したりクロールしたりはしゃぎまくる小学4年生くらいの子供がいた。
当時17歳高校生自分。

いやまぁ可愛らしいもんなんだけど、ちょっと度が過ぎてる感じ。
同じ風呂に入ってるおっさんなんかバタ足で水しぶきが顔面にビッシャビッシャかかってる。

何か言えよ。と、思ったけど
誰も何も言わないので、
軽く注意を。

「君、君、他の人の迷惑になってっからもう少し静かにしてもらえる?」
「うっせー!じじー!」
「もう一回だけ言うね‥」
「うっせー!」
水かけてきやがる。
「んだとコラ!」



その子供に駆け寄ってヘッドロックかけてくすぐる。
ヒーヒー言いながらごめんなさい!もうしません!と暴れる子供をお構いなしにくすぐり続ける。

よーしもうやるなよ。と、手を離したら大人しくなった。
そしたらさっきのビッシャビッシャかかってたオッさんが
「あ、うちの子供がすいませんでした」。と。

お前の息子かよ。
注意しろよ。こっちはたかだか17の学生だぞ。
気弱なおっさんはそそくさと息子を連れて出て行った。

10分くらいして俺も出てら
さっきの子供の母親が出口で待ち伏せしていて、

「うちの息子に何してくれてんの!変態野郎!」と、いきなりビンタしてきた。

んで、何かゴミ投げつけてくる。

すぐに旦那と店の人に止められて、事情を聞くことになったが、どうやらヘッドロックかけた事が気に食わないらしい。

大事な子供相手になにやってくれてるの!
と、ヒステリックに。まぁ悪ノリはしすぎたけど殴る必要あるかよ。と、聞こうにも訴えてやる!だの責任とれ!しか言ってこない。

イライラしてきたので、
店の人が宥めてる間に友達に電話して、
店の近くで友達に張り込ませた。

もう遅いし僕気にしてないので帰りませんか?と、提案して(散々母親は突っかかってきたけど)解散。




50名無しさん@おーぷん2014/05/08(木)19:28:06 ID:o6CVIcYVM


その一家は車で来ていたので、
それを友達が原チャで追う。

そしたら近所の老夫婦の家に里帰りしてきた奴らだったらしく、連休を利用して東京から遊びに来ているらしかった。

週明けには帰るらしいとの情報も得たので次の日帰るという晩に、
車の鍵穴に針金を入れて折ってやった。

次の日は大騒ぎ。
連休最終日だから東京までは大渋滞だろうし、
鍵屋なんてやってない。
当時、ボタンでドアが空くなんてなかったから
車の鍵穴が潰れてしまっては乗車ができない。

しかも明日は朝から仕事や会社だろうに。
可哀想に、とほくそ笑んでいました。

結果的にでかい町から鍵屋がきたのが午後3時くらい。
いくら払ったかしらないけど、全穴だとしたら数万じゃ効かなかっただろう。

今思えば俺も悪いけど、当時は友達と悪を追い払ったなんて勝ち誇っていました。

すいませんでした。




引用元:復讐とまではいかないちょっとしたいたずらや仕返しを語れ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加