涙が出るほどいい話 2粒目


 

57癒されたい名無しさん04/10/26 22:36:06 ID:Z38ZUADS

涙が出るほどいい話ではないが、個人的にはとても感動してしまったので
書き込みます。

これはオレの上司の係長の話。

オレは今の職場(の今の係)に採用されて3年目の若造。
採用一年目の時は、オレの話など聞く耳もたず、何をそんな次元の低い
話をするんだ、みたいな態度だった。
この係は3人いて、係長、オレと、もうひとり先輩がいて、ほとんどその先輩でもっている
ような係だった。
2年目になってその先輩が異動になってしまい、その先輩がやっていた仕事を
すべてオレがやることになった。もちろんオレは1年ですべてを吸収できるはずもなく、
あれこれ試行錯誤しながらとにかくがんばった。
そんな状況でも係長はとくになにかアドバイスるわけでもなく、オレのやる仕事について
はミスがない限りはあれこれいう人ではなかった。






だが、そんな係長も3年目になると異動が近いということもあるのだろうか、オレにいろいろ
アドバイスをしてくれるようになった。
組織の中で仕事するときの考え方、今自分がやろうとしていることの他係への影響、
将来への影響など、その仕事の持つ意味や、広い視野で仕事に望むことの重要性について
などである。
このときは、係長として当然のアドバイスなのだと思って聞いていた。
と同時にその指導が、係長への尊敬の念を産むことになっていった。

そうしているうちに係長の異動が正式に決まった。
オレが所属している課でその他の異動者も含め、送別会を行ったときのことである。
異動者からそれぞれ挨拶してもらうことになり、おれの係長の順番になった。
係長は「今の係での仕事は『産む時代』だったと思う。新しいシステムを導入し、運用した。
さらにバージョンアップを2度も行った。この任期の中で常にあたらしいことをし続けた。」
と発言した。
確かにそのとおりであった。そして次の一言が私の胸に突き刺さった。

『そして、皆さんもご存知のとおり、一人の若者を育てた。』

もちろん一人の若者とはオレのことである。
そして、「育てた」という言葉は『成長した』という意味である。

オレはうれしかった。
いままで仕事でそんなほめ言葉をもらったことはない。
しかも、「産む時代」と発言した中のひとつとして、オレのことを全員の前で
話してくれたのだ。そして、そんなことをめったに話すような人ではない
ということはこの3年でわかっていた。
さらに、係長の最後の3年目の指導がオレの今の仕事に対する姿勢や
考え方のベースになっており、感謝し、尊敬している。だからこそ、このときの発言
がとても心にしみるものになった。

こんなこと、普通の人にとってみればたいしたことではないかもしれない。
しかし、オレがひそかに尊敬していた上司からこのようなことをいってもらえた
のは本人にしかわからないうれしさがある。

係長、いままでありがとうございました。

みなさん、長文、駄文、失礼しました。







77癒されたい名無しさん04/10/29 03:53:29 ID:SssGnq6N

>>57
泣けてきた。
良い上司にめぐり合えて良かったですね。

自分語りで申し訳ないですが、
二年前に移動になったバイト先の店長思い出した。
我侭、自分勝手、協調性の欠片もない世間から
はみ出していた私は、何故か接客業をやっていた。
(今も同じところでやっています)
お客様とのトラブルも多く、こんな私を首にすれば
簡単なのに使ってくれた。

今の店長にも不満がないと言えば嘘だけど、
よくこんなトラブルメーカーを
使い続けてくれた。
ベテランの方たちにも随分お世話になった。
自分は随分と上司に恵まれていた。

スレ違いの上、長文失礼しました。




58癒されたい名無しさん04/10/26 23:02:04 ID:Sg6Bg3XB

>>57
すまん、癒されないですorz




引用元:涙が出るほどいい話 2粒目
  • このエントリーをはてなブックマークに追加