□ いい人・やさしい人のお話 15 □


 

35おさかなくわえた名無しさん2008/07/17(木) 17:59:17 ID:+2vCdoy8

職場の先輩の女性が寿退社するんで、飲み会。
特に世話になってた人だし、出先から直行で遅れて参加なので、
何か手みやげでもと思って、会場の店の近くの花屋で小さな花束を頼んだ。
せこい話だけど、「1000円か1500円ぐらいで」と言い、
メインになる花だけ指定して後は花屋の店員さんに任せた。
店仕舞の準備に取りかかっていた様子の店員だったが、普通に作りはじめた。
しばらくして、なかなか良い花束ができた。
「お会計、2500円になります」
あれ? と思ったが、良い花だったし、揉めてる時間もないので支払った。
飲み会の店に急いで入り、主役に花を渡す。とても喜んでくれた。







飲み会が終わり、その店を出て解散。
さっき来た道を駅の方へ歩いていくと、花屋の前でさっきの店員が待ってる。
俺(酔ってる)「あ、さっきはありがとう。いい花でした。喜んでました」
花屋「先ほどは大変申し訳ありませんでしたっっ! 1500円って仰ったんですよね。
  こちらの間違いですので、1000円お返しします。申し訳ありません」
俺「いや、でも、さっきのは2500円分の花なんでしょ?
  いいですよ。渡した人は喜んでましたし、気にしないで下さい。」
花屋「そういうわけには行きません、1000円お返しします」
しばらく押し問答の末(花屋も頑固だったが、こう見えても俺も頑固だ)、
俺「じゃあ、妻に持って帰るから、少しだけ花を下さい」
ということで折り合いを付けた。
ラッピングは断り、紙でくるんだトルコ桔梗を持って帰った。

記念日でもないのに花を持ち帰った俺は、妻の尋問にあったのであった。




42おさかなくわえた名無しさん2008/07/18(金) 11:28:24 ID:m5vOQ3Hv

>>35
なげーよ

でもいい花屋だな。




引用元:□ いい人・やさしい人のお話 15 □
  • このエントリーをはてなブックマークに追加