引用元:既婚男性/既婚女性の雑談(マターリ双方質問)スレ6

723名無しさん@お腹いっぱい。2014/07/21(月) 20:17:14.22 .net ID:

自分の子育てが正解だったのか失敗だったのか。3連休の終わりに聞いていってください。

俺は転勤の多い職。1,2年に1度はする。
単身赴任はせず、家族みんなで引っ越ししてきた。
子供は息子が一人

転勤族にしてしまった息子には友達がほとんどできなかった。
いじめられていたわけではなかったけど、行く先々で友達ができては引っ越しの繰り返しで交友関係がリセットされてきた。
今でこそSNSで物理的に離れても繋がる関係はあるけど、当時はない。
一度だけ、強く引っ越しに反対したことがあった。小学3年のとき。初めて親友と呼べるくらいに仲良くなって、うちにも何度か遊びに来てくれた友達がいた時。それでも引っ越しはした。
その後、息子は自分から友達を作るのをやめた。




息子は成長して高校、大学へ行ったが、友人関係はすべて淡白だった。
部活もサークルもやらなかったし、休日に友人と街中に遊びに行くこともなかった。
俺の知ってる限りでは女の子との付き合いもない。
学校以外では基本は家にいて本を読んでいた。

大学を卒業して息子はニートになった。
就活の際、大学は地元国立大なので、毎回書類審査と筆記はパスしているけど、面接に行くと毎回落とされてきた模様。
それでも地道に努力はして、昨年25歳で、地方公務員の内定がでた。

だけど就職と同時に息子は家を出た。
俺と妻の知らない間にバイトして金を貯めていたらしい。
引越し先は教えてくれなかった。



【管理人オススメ人気記事】


アンテナサイトを経由して記事に飛びます。





7247212014/07/21(月) 20:19:12.06 .net ID:

引っ越しが終わって「あなた達との縁はこれまでです。」と突然の敬語調に俺らオドオドしてた。
息子は口下手なので、この日のために書いたであろう手紙を朗読して渡してくれた。
言い分をまとめると

・ろくな人生じゃなかった、ろくな青春じゃなかった
・友達はいない、彼女もいない、職もつくのに苦労した。全ては人とまともに話せないせい
・それはなぜ?転勤族で交友関係をうまく築けなかったから。自分は人との話し方、人との距離のとり方、友達同士のノリ、それら全てを知らない。知る機会さえあなた達に奪われた
・高校、大学って一人でいて、あなた達にはそれが居心地良さそうに写ったかもしれないけれど、そういった友達の存在を思春期の子供が諦めていたと思う?それでも友達を作る勇気がなかったんだよ?長く友達がいなかったせいで、人とまともに話せなかったんだよ?
・生きていたら理不尽なことはいくらでもやってくる、自分より不遇な人だって世の中にはいる、それは理解できる。それでも子供の気持ちを蔑ろにして引っ越すことが親のすること?
・あなた達にも親の都合というものがあったんだろうし、今自分が言っていることは(自分がこんな性格になってしまったことを)あなた達のせいにして逃げているだけの責任転嫁にすぎない、それもわかっている。
・だからもう、誰とも関わりたくない、親であるあなた達とも。これから先は仕事先の人間関係だけで十分。就職先に公務員を選んだのも、人間関係が限定されるから。
・今この瞬間から他人同士。さようなら。
・なお、今日までに自分にかかった養育費・教育費は今すぐにとはいえませんが、相当額が貯まり次第振り込みますので、お待ちください。

こんな感じに多少要約したけど、ほぼ同じことを言いました。




7257212014/07/21(月) 20:20:52.86 .net ID:

携帯も解約されていたし、残った息子の部屋もアルバムや学校で使用したノートなど、生活感のあるものは全てなくなっていた。
息子が持っていった可能性もあるけど、捨てたり燃やしたりしたんだと思う。もうこの家で過ごした過去とかどうでもいいって感じだった。
うちらの寝室にも家族アルバムがあるんだけど、息子の写っている写真だけごっそり抜かれていた。

息子が出て行って4ヶ月は過ぎたけど、本当に息子がはじめから存在しなかったかのような虚無感に襲われている。25年の子育ては間違っていたのかな
住民票をたどったり、息子の職場に問い合わせれば会えるんだろうけど、そっとしておいてあげるのが一番だと思うのでしない

以上で私の話は終わりです。酒の肴にでもしてください。
結局息子と一緒に酒を飲むこともなかったな~と今は悲しく一人酒です。
妻はあの日以降、抜け殻状態。鬱になってるかもしれない。今度病院に連れて行く。




726名無しさん@お腹いっぱい。2014/07/21(月) 20:32:57.48 .net ID:

>>725
仕方がない
引っ越ししまくらなければ、生活を維持できなかったんだろ?
妻子を喰わせるためにはそれしか方法がなかったんだろ?

であれば、子供もいずれはわかってくれる。

もし、お前の身勝手な都合で妻子を振り回していたのであれば、復讐されても仕方がない。


ちなみに俺も親の都合で小中学校6校通ったけどな
それでも友人はできたし、人付き合いは幅広いと思っている
というか、転校生というレッテルを剥がして、早くみんなの仲間に入るためにはどうすればいいかを学んだ
今は人前で話す仕事をしている




727名無しさん@お腹いっぱい。2014/07/21(月) 20:35:09.77 .net ID:

息子の人生だから好きにさせればいいよ
それより嫁さんのケアをキチンとしなよ
これから先一緒に生きて行くのは嫁となんだからさ




728名無しさん@お腹いっぱい。2014/07/21(月) 21:54:23.39 .net ID:

誰かを敵にすると生きやすい時期、環境はある。
息子の敵になってやるしかないような気もするな。組織に属して働いていれば
親父のこともわかる日がくるだろう。あと地方公務員はもろに人相手の職業
だから早いうちにSOSがくるかもしれないんで、心の準備はしておいたほうがいい。
嫁さんのケアはどうすればいいか
考えが及ばない。
ヘタすると、息子を家族から疎外した敵と認定されかねない。
どうすればいいんだろね。




734名無しさん@お腹いっぱい。2014/07/22(火) 00:09:34.57 .net ID:

>>723
自分達の事ばかりで、本当は子供のこと見ていなかったんだろ。
子育てを間違えたんじゃなくて、子育てをしていなかったんだよ。




735名無しさん@お腹いっぱい。2014/07/22(火) 00:40:32.43 .net ID:

>>723
結果として子育ては失敗だったと思うよ、でも気にすんな
俺も18歳で家を出てから、父親とは20年以上会ってないし今後会うこともないと思う
そういう話なんて山ほどあるよ。




736名無しさん@お腹いっぱい。2014/07/22(火) 00:47:02.42 .net ID:

親に失敗って言われる子供は可哀想だな




737名無しさん@お腹いっぱい。2014/07/22(火) 00:48:52.73 .net ID:

>>736
確かに犯罪犯したわけでもないし立派に働いてるなら失敗ではないな




738名無しさん@お腹いっぱい。2014/07/22(火) 01:36:37.57 .net ID:

まー引越ししなかったとしてどうなったかはわからんよな




741名無しさん@お腹いっぱい。2014/07/22(火) 05:12:52.87 .net ID:

最大の過ちは子どもの内面に無関心だったことだと思う
引っ越しの物理的な距離よりも親子の間の精神的な距離感が彼の心を固く閉ざしてしまったんだろう

まあなんだ、その、お疲れさま




742名無しさん@お腹いっぱい。2014/07/22(火) 07:38:43.36 .net ID:

>>723
知人に似たような転勤必至の職場の人間で、常に家族全員で動いてる家族がいる
だが、小学高学年になってくると受験や人間関係などの問題から、単身赴任が増えてくるのは事実
なぜ、単身赴任を選ばなかったのか
子供や嫁側から転校は嫌だと訴えはなかったのか

転校を繰り返す子の特徴としては、誰とでも仲良く振る舞えるが、自己主張が薄い
愛想はよいが何を考えているかわからないなどの傾向があるように思う。子供への影響は大きい




745名無しさん@お腹いっぱい。2014/07/22(火) 07:50:48.12 .net ID:

同じように転勤族の子でも、ちゃんと友達ができる子もいるよ

親を恨むタイプの子だったっていうだけ

こういう子は引っ越ししてなくたってどうせ友達とうまくいかない




747名無しさん@お腹いっぱい。2014/07/22(火) 07:59:56.11 .net ID:

>>745
だから子供のタイプによる
転勤しても平気で次の学校にすぐ馴染み、また次の転校きまってもあっさり適応できる子もいる

しかしそうじゃない子もいる。傷つく子は傷つく
大人が転職して次の職場に馴染むのに時間がかかり
それを繰り返すことはストレスになる人間もいるように
繰り返す転校に疲れ、傷つくことだけではなく、その環境をしいられることはしんどいだろうと思う




748名無しさん@お腹いっぱい。2014/07/22(火) 08:10:28.08 .net ID:

もう人それぞれとしか言いようがないよな
ずっと狭い人間関係の中にいてそれが原因で病む子供も居る


【管理人オススメ人気記事】


アンテナサイトを経由して記事に飛びます。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加