その神経が分からん!その1


 

683名無しさん@おーぷん2014/06/19(木)16:07:46 ID:???

中学生の時、同じ学年の女の子が塾帰りに拉致されて
複数の男に乱暴されて殺される事件が起きた
犯人は二年くらいして捕まった

同級生の男数人がイキがりたい年頃なのか、卒業するまで
「殺されたのは自業自得」「犯されたくて夜道をわざと歩いてたユルマン」
「犯人は誘いに乗っただけの被害者」と大声で言っていた
そういう話をすると周囲の女子生徒がイヤな顔をするので
その反応が見たくてやっているようだった
ちなみに殺された子は真面目でおとなしい地味な子だった

あまりにしつこいので遺族の耳に入ったらしくそいつらは学校を通して
厳重注意を受けた
注意されたのがムカついたらしくそいつらはさらにネチネチ言うようになり
他校のやつはその噂の方を信じてたヤツも多かったらしい




684名無しさん@おーぷん2014/06/19(木)16:08:04 ID:???

年月が経って中学校の校舎が壊されることになりついでに同窓会が開かれた
例のバカたちは4人いて3人はおとなしくなっていたが1人がまだバカ健在だった
事件のことをむしかえして「あのヤ●マンが夜道を歩いてたせいで
前途ある若者が未だに刑務所に収監される悲劇云々」とやりだし
向かいにいた元バカに殴られるという騒ぎを起こした

元バカは最近娘が生まれてすごく可愛がっていて現バカの言うことが許せなかったらしい
現バカの神経はもちろんわからんが、自分も同じこと言ってたくせに
娘が生まれたからって正義ヅラして相手を殴る元バカの神経の方がわからんと思った
二次会はそいつらを置いてまったく別の場所でやった




685名無しさん@おーぷん2014/06/19(木)16:16:33 ID:???

>>683
酷いね…そういうこと言うやつの親ってどんな人なんだろう
家でもそういう話してたんじゃないかな




686名無しさん@おーぷん2014/06/19(木)17:02:22 ID:???

>>683
似たような奴知ってる。
女の子は殺されはしなかったけど、すぐ引っ越した。
それで同じような暴言吐いてたバカが二人いた。
こいつら調子にのって夜中に現場(という噂の場所)に行ったりしてた。
そしたら見回りしてた自警団みたいなのに見つかって、
それでも暴言吐いてたら、自警団の一人に角材で滅多打ちにされた。
その人、女の子のお爺ちゃんで、自警団の人らもあまり本気で止めなかったから何ヶ所も骨折するまでやられた。
お爺ちゃんは一応捕まったけどすぐ解放。
バカ二人は入院してそのまま一家そろって引っ越した。
お爺ちゃんは治療費は払ったらしいけど、バカ二人の親は逆に頭下げて謝ってたそうだ。
田舎で、有力者にたくさんお爺ちゃんの教え子がいて、犯人見つかってないもんだから憎しみと怒りのはけ口にされそうでやばかったらしい。
それでも、そんなこと百も承知でお爺ちゃんが叩きのめすまでバカ息子らの暴言放置してたんだからなー。
バカの暴言注意しない、でもバカが重症負わされてもヘコヘコ。
本っ当にどういう神経してるんだと思ったわ。




689名無しさん@おーぷん2014/06/20(金)09:17:48 ID:???

最近ネットの女叩きが激しくなってるからネット脳ネット脳言われるが
>>683みたいなのは昔っから一定数いるよな




688名無しさん@おーぷん2014/06/19(木)17:26:54 ID:???

>「あのヤ●マンが夜道を歩いてたせいで前途ある若者が未だに刑務所に収監される悲劇云々」

なんかわからんが脳内再生余裕
こういう気取った変なしゃべりかたするよなw




690名無しさん@おーぷん2014/06/20(金)11:42:37 ID:???

今千葉で捕まった住所不定無職が余罪あったから、全然洒落にならない話だよな。
あな娘助かって良かったよ。




691名無しさん@おーぷん2014/06/20(金)12:30:29 ID:???

>>690
覚せい剤の注射器持ってたらしいね
あの子に打たれてたらエラいことだよ、ほんとよかった




687名無しさん@おーぷん2014/06/19(木)17:23:21 ID:???

せめてTPOをわきまえて家の中で言えよと思うが
毒舌な俺カッケーアピールだから、
人前で言わないと意味がないんだろうな




嫁との子づくりが苦行でしかない件
絶対に信じてもらえない話
【武勇伝】高2の時、「公開告白」というのがあった。
ガチなヤクザと喧嘩してきたwwwwwwwwwwwwwwwwww
【泥ママ】泥棒を特定するため、高級コンディショナーの中身を脱毛クリームに入れ替え目立つところに置いておいた結果…
引用元:その神経が分からん!その1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加