今までにあった最大の修羅場 £3

703名無しさん@HOME2008/12/11(木) 09:09:09 0 ID:

以前住んでたアパートの上階の男が精神的に
病んでた人で、我が家に来たセールスマンの目の真下を
いきなり無言で刺した。(ドア越しに応対してた。)
世間では精神障害者を擁護する意見もあるし、
差別はいけないのもわかってるけど、正直身近にいると
怖いよ。今でも時々夢にみる。




704名無しさん@HOME2008/12/11(木) 10:57:33 0 ID:

怖い。
逮捕されたのですか?
引越したのですか?




705名無しさん@HOME2008/12/11(木) 12:33:16 0 ID:

うわあああ。
刺された人はどうしたの?




706>>7032008/12/11(木) 15:36:03 0 ID:

すみません。出かけてました。
刺した男はすぐに警察に連れて行かれましたが
言うことが支離滅裂で手をやいたそうです。
ちなみに刺した理由は宅配業者が襲ってきたので
反撃したそうで、正当防衛だとわめいてたそうです。
その後、多分しかるべき所に送られたんではないでしょうか・・・
事件後、すぐに犯人の家族は夜逃げ同然に部屋を
引き払いました。もともと部屋には犯人が一人で
住んでいて、母親らしき人が毎日食料を運んでたみたいです。
すみません一旦切ります。




707名無しさん@HOME2008/12/11(木) 15:47:36 0 ID:

うわぁ。
母親ちゃんと同居しろよ。




708名無しさん@HOME2008/12/11(木) 15:57:56 0 ID:

さ、刺された人が気になるんですが。




709>>7032008/12/11(木) 15:59:23 0 ID:

その母親も相当変わってて、息子が警察に連れて
行かれたことで、通報した私に対してよい感情を
もっていないみたいだと、警察の方に聞き、
家も後に引っ越しました。
事件後、しばらくして被害者の方が挨拶にこられました(引越し前)
傷口は本当に目の真下で、明らかに目を狙ってたということが
明確でした。
被害者の方が言うには、その時点でまだ、犯人の家族から
何の連絡もなく、治療費ももらっていないとのことでした。
最後に余談ですが、事件の時、犯人は刺した後、自分の部屋に
戻りましたが、いつまた刺しにくるかもしれないので、
早くドアを閉めたいのに、被害者の方が、血で玄関を
汚すと申し訳ないからと、なかなか入ろうとせず
キレた私が、血だらけの被害者の方を怒鳴って蹴飛ばすようにして
強引に引きずりこんだのを覚えています。




710>>7032008/12/11(木) 16:12:30 0 ID:

何度もしつこくすみません。
事件後、子供の学校のこともあり、
学区内で引越ししました。犯人及びその家族、
被害者の方とはそれ以来会っていません。
本来ならそれですべて終わるはずだったのですが、
どこをどう聞いたのか、事実でない噂(被害者の方を
家の中に入れていたなど)が広まり、そのことと
事件のことで精神的にまいってしまい、しばらく
家から出られなくなった時期がありました。




711名無しさん@HOME2008/12/11(木) 16:12:46 0 ID:

乙でした。
事件前は、精神障害者が近所にいることも知らなかったのですよね?
賃貸でよかったね。




713>>7032008/12/11(木) 16:33:23 0 ID:

>>711
挨拶もなくいつの間にか引っ越してきてたって感じです。
日中問わず不振な物音をだすので、苦情を言いたくても
居留守を使って出てこず、途方にくれていました。




712名無しさん@HOME2008/12/11(木) 16:14:46 0 ID:

ん?
被害者はいつのまにかあなたの浮気相手という設定になっていたということ?
その地域で噂になる事件だったんだね。
で、おひれがついちゃったんだね。




713>>7032008/12/11(木) 16:33:23 0 ID:

>>712
事件時パトカーが数台、救急車、被害者の会社の方達など
結構大騒ぎになってました。
事件のことは田舎だし、大きめの集合住宅だったのであっという間に
広まりました。
噂の件は多分そういう内容だろうと思います。





714名無しさん@HOME2008/12/11(木) 16:39:14 0 ID:

まぁ、そんな大事件だったら噂ではしゃぐ人もいそうだね。
田舎の方が精神障害者とか住んでいたら、すぐわかるものだと思っていた。
都市部だと引っ越しの挨拶しないし。

近所のネットワークで守られているイメージだったけど
そんなに甘くないんだね。




引用元:今までにあった最大の修羅場 £3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加