不可解な体験、謎な話~enigma~ Part77


 

33本当にあった怖い名無し2012/01/07(土) 14:45:34.98 ID:5oDxi8UB0

祖父から聞いた話。

戦争末期の頃。農家の長男だった祖父も徴兵されて、輸送船で戦地に送られていた。
N丸と言って、7000人収容していたそうだ。

さて、祖父は船底で、多くの戦友とともに寝ていた。
すると夢で、祖父の父親(つまり自分の曽祖父)にこっぴどく叱られる夢を見て目が覚めてしまった。




ちょうどそのとき、甲板の見張りをしていた船員が
交代すべく、船底に降りてきたところだった。

ちょうど祖父が起きていたので、見張りを交代する事になった。
祖父が階段を上がって、甲板に足をかけたか、かけないかタイミングで、
突然激しい衝撃が船を襲った。

N丸に敵船からの魚雷が命中したのだった。

祖父はセオリーに従い、服を抜いて、即海に飛び込んで、泳いで、なるべく船から離れた。
(船が沈む渦に巻き込まれないため)

その後、数日間漂流物にとりついて漂っていたところを同胞に発見されて、助かった。

結局7000人中、5000人が戦死、船底の戦友は全員戦死されたそうだ。
不思議な夢で、九死に一生を得たという話。




35本当にあった怖い名無し2012/01/07(土) 17:44:35.54 ID:8aVuPqeb0

>>33
その話すごく面白かった。
生死を分けるのって、案外そんなことなのかもね…
お祖父さん、見つけてもらえてよかったね!




56本当にあった怖い名無し2012/01/08(日) 05:11:19.54 ID:tNo8oSTq0

>>33うちの伯父の場合は逆で
甲板員の交代をして船倉に戻った直後に上空から機銃掃射されたらしい
船が沈み、数日間泳いで助かったという部分が同じだ。




【画像】俺んちのファミコンがなんか違うwwwwww
【嫁のメシがまずい】夕飯にザリガニ出された・・・
【画像】俺が中二病時代の遺物を晒していくwwwww
電車で席を譲るよう要求してきた妊婦に「私は本当は右足が一本しか無いんですよ」といってやった
【海水男】家のヨメは料理は出来るが、海水男の俺にとってはハズレヨメ。【2年越し長編】
引用元:不可解な体験、謎な話~enigma~ Part77
  • このエントリーをはてなブックマークに追加