涙が出るほどいい話

908癒されたい名無しさん04/10/11 21:45:06 ID:lWo2Nn9I

10年前、まだ俺が高校生の時だ。日曜日に学校で検定試験があった。
しかし、俺は激しく寝坊してしまった。乗る筈だった電車は出発している。
田舎の宿命だ。次の電車は30分後、試験には到底間に合わない。
母に、学校まで送ってもらうことにしたのだが、道すがらグチグチ説教を垂れてきた。
せっかくの休みなのに起こされて不満だったんだろう。
だらしないだの、寝る時間が遅いだの、延々と出てくる避難に自業自得とはいえうんざりしていた。
混んだ道を避け、車は裏道を順調なペースで飛ばしていた。あと4,5分で着くな、という頃だった。
前方の交差する道路から、一旦停止の表示を無視して一台の車が飛び出してきた。
突然のことだった。ぶつかる、と思った。




母の反応速度は思いの外速く、即座にブレーキを思いきり踏んだ。
タイヤがーキーーーと音を立て軋む。身体は大きく前に放り出される感覚。
車はぴたりと止まった。どこもぶつけず、かすりもせず、事なきを得た。
母も俺も無傷だ。正直ビビったが、それ以上に感動していた。
その咄嗟の状況下、母が俺を庇おうとしたからだ。
右手でハンドルを掴み、ブレーキを踏むと同時に、左手で助手席にいる俺の身体を守ろうとした。
コンマ何秒の世界で、ほとんど無意識にされたであろうその行為に母の愛情の深さを知った。
どんな状況下でも、母とは子を守るために無意識に動けるのだ。
一生大事にします、と思った。休みの日にゆっくりしてもらえるようにちゃんとします、とも。
学校に降ろしてもらい、別れ際に言った。「ありがとう。気をつけてゆっくり帰って。」
「はい」微笑んだ母を乗せて車は去っていった。

他の人みたいに泣けるエピソードはないのだが、自分にとっては忘れられない出来事です。
長文・駄文でスマソ。





912癒されたい名無しさん04/10/12 06:14:07 ID:0H5iUYyx

そこに気付けた>>908もかなりいい奴!




909癒されたい名無しさん04/10/12 01:21:57 ID:i/0ym8zK

お母さん無事でよかった。




910癒されたい名無しさん04/10/12 04:21:51 ID:xFgZv0VQ

車が無事でヨカッタ
。・゚・(ノД`)・゚・。




911癒されたい名無しさん04/10/12 04:29:38 ID:73ye/BLN

908さん、素敵なお母さんで幸せだね。




タクシーでおしっこ漏らしした結果wwwwwww
紛失した布ナプキンをママ友が…
【まじめに痩せたい奴は読め】俺が半年で13kg痩せた方法をただ淡々と書いていく
【悲報】俺氏、妹の彼氏に懐かれる!
ママ軍団が子供をほったらかしにしていたのでママに遊んでもらえる魔法の言葉を教えてあげた
引用元:涙が出るほどいい話
  • このエントリーをはてなブックマークに追加