今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 108度目


 

122おさかなくわえた名無しさん2013/12/11(水) 18:28:10.80 ID:lNkwsDgS

ブランドバックの値段を知ったとき。

祖母には娘がいなかったので、遅く生まれた三兄弟末っ子長女の私は、私が自覚できるくらい溺愛されてた。
その次に、東大→一流メーカーの花形部署勤務→アメリカに単身赴任という、分かりやすいエリート街道歩いてた叔父も可愛がられてた。
兄たちと差をつける程、私を甘やかしてたので、私の両親(祖母にとって長男夫婦)とは仲が悪かった。





少々マザコン気味の叔父は、在米中、誕生日とか関係なく、いいのを見つけたからとか言って、よく祖母にカバンをプレゼントしていた。
服とかアクセサリーとか関係なく、何故か毎回カバン。それも、男性が選ぶせいなのか、大抵祖母の好みに合わない。
祖母は海外ブランドにはまったく興味が無かったし、「売る」=金に困ってする行為、という感覚だった時代の話。
普通はここで、嫁や娘にカバンが流れてくるんだろうが、娘はいない、嫁とは仲が悪い、ということで、孫の私によこしてきた。
(母にどうか、と声をかけたのかもしれないが、だとしたら母は断った)
田舎の小学生なので、服に合わせてカバンを変えることもせず、そもそも、大人向けのカバンは好みに合わない。
家庭科で作ったナップサックと同等の扱いで、汚れがひどくなったり、使わなくなったら処分されていった。

時は過ぎ、就職をして上京。
初めてのボーナスで、自分へのご褒美(笑)を買いに百貨店へ訪れて、祖母からもらったカバンの価値を知ったときは衝撃的だった。

プラダのリュックにぬいぐるみを詰めて山を駆け、プリマクラッセのバックに絵の具を詰め込んでた小学生時代…。
変な人が寄り付いたりしなくてよかったなぁ、と、一人でゾッとした。




123おさかなくわえた名無しさん2013/12/11(水) 18:35:20.66 ID:OVCrNYgG

>>122
プリマクラッセの画像をググったら、絵の具を詰め込みたくなる気持ちをなんとなく理解できたw




125おさかなくわえた名無しさん2013/12/11(水) 18:40:06.74 ID:/DdpN97H

>>122
凄いねえ、大人には大層なものでも
子供には言わなきゃ分かんないもんね

私も小学生の時に父の知り合いの社長婦人に貰ったイヤリングが
たぶんCHANELの物で玩具にして遊んでた
今はどこに行ったか分かんなくなっちまったよ
ネットで当時の価格見て子供の玩具じゃねー!って思った
金持ちの感覚はわからん…




126おさかなくわえた名無しさん2013/12/11(水) 18:46:45.67 ID:9s4hI3La

>>122
カバンの身になってみれば、成金BBAとかスイーツのお飾りよりは
よほど理想的な生涯を送れたんじゃないかな




124おさかなくわえた名無しさん2013/12/11(水) 18:39:01.38 ID:a70OGRaN

プラダにぬいぐるみを詰めて野山を駆け回るなんて素敵
皮肉じゃなくマジで




性にオープンな家庭ってどんな感じ?
【嫁のメシがまずい】夕飯にザリガニ出された・・・
メシマズ嫁「こうするとさらにビールの風味が加わるのよ」 と、得意げに揚げ油にビールをドボボボボ…ポンシュワア!!!!!!
コンビニの店員に「気に入ったんかよ…」って小声で言われた…
「あんた達は非常識だ!」「10年も会社に奉公してやった俺に・・・」←いやスキルない上に邪魔してたでしょ
引用元:今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 108度目
  • このエントリーをはてなブックマークに追加