引用元:百年の恋も冷めた瞬間 Open 8年目

748名無しさん@おーぷん ID: ID:2Rh

昔付き合ってた男がヤバイ人だった
最初の数ヶ月は普通だった
クレープ食べたり映画を見たり、そこらにいるカップルと変わらないスタンダードなお付き合いだったと思う
ある日初めて彼の部屋に招かれて、私とうとう大人の階段登っちゃう?!って頭お花畑だったんだけど、違う階段登らされた
落ち着きなくキョロキョロしている私をよそに彼はこう言った

彼「さぁ、僕に座って!!!」

いそいそと床に横たわった彼は椅子になった
言ってる意味が分からないと思うけど、私も意味が分からなかったから安心して欲しい
椅子といっても彼は四つん這いになったわけではなく、まず仰向けになって膝を曲げた(これが背もたれ)
そして、肘をついた状態で手のひらを上に向けたら肘掛けの完成
打たれた犬のような顔をしている私に、もう一度彼は「座って!!」と力強く言った
私はノーと言えない日本人なので、座るしか選択肢はなかった
しばらくかけていただけで彼はすごく満足したようで、この後もっとヤバイことをさせられるのではと身構えていた私は拍子抜けした
普通に食事に行って家まで送ってもらった
少し悩んで、文面をよくよく吟味してからお別れメールを送りサヨナラした

人間椅子以外はいい人だったんだよ…
なんで椅子になっちゃうんだよ…




人気記事

749名無しさん@おーぷん ID: ID:ysq

>>748
「僕のサボさんになって欲しいッス~」




751名無しさん@おーぷん ID: ID:8SH

>>748
いろんな人がいるねw




752名無しさん@おーぷん ID: ID:BI3

>>748
空気椅子よりは。
長い時間のあれは…辛い。




管理人おすすめ記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加