引用元:スレを立てるまでに至らない愚痴・悩み・相談part112

914名無しさん@おーぷん ID: ID:GWB.pi.fc

5才の子供がいて、私と旦那で交代に毎晩読み聞かせをしながら寝かし付けるんだけど、旦那の選ぶ本のチョイスが子供向けではないから困ってます。

あろうことか源氏物語。5才に古語を読み聞かせても、分かるわけないのに。というか、大人の私でも原文を朗読されてもさっぱり理解できない。

子供が意味分かっていないよ、って注意しても、じゃあ1帖毎に現代語訳と交互に読むよ、源氏物語は綺麗な日本語だから是非小さい内から触れさせておくべきだよってやめようとしない。

ちなみに、私は普通に絵本のグリム童話とか日本昔話を選んで読み聞かせてます。

旦那の方針は方針でほっとくべきでしょうか?なんか、普通の育て方から外れてるような気がして、もやもやします。




ふよ速人気記事



915名無しさん@おーぷん ID: ID:tal.as.ma

>>914
案外外国語のような感覚で聞いているのかも
意味のわからない音を聞き続けると眠くなるのが早まるのかな
5歳なら自己主張できるだろうし、お子さんにリクエストさせてみたら?
あらしのよるにとか出てくるかも




916名無しさん@おーぷん ID: ID:t7x.e7.l5

>>914
お子さんが「つまんない!」って嫌がってない限りは別に良いんじゃない?
内容はともかく言語って音の響きも大事だし、そういう意味でお子さんが楽しんでるなら悪いことでもないと思うよ




917名無しさん@おーぷん ID: ID:p3v.pr.5c

>>914
意外と歴史背景とか分かってなくても子供は聞いてるしね。
ただ夕霧だっけ?息子の彼女取ったり後半は割とクズなんだよなぁ




918名無しさん@おーぷん ID: ID:p3v.pr.5c

取ったかは不安になってきたが、そのあたりでクズやコイツと思って読むのを中断した覚えが




923名無しさん@おーぷん ID: ID:E7W.jl.gq

せめて伊曽保物語とか沙石集にしたらいいのに




926名無しさん@おーぷん ID: ID:PdS.ji.wh

瀬戸内寂聴みたいな娘に育ちそう




919名無しさん@おーぷん ID: ID:aFU.ry.fc

その困っていますとは
貴女が夫が自分の思い通りにならないので困っているのか、子供が困っているから母として解決したいのかどちら?
貴女が困っているのなら、夫が普通じゃないとか間違ってるとか否定的な理由を探すのは良くないよ。
貴女が夫の行動を肯定的に納得できる理由を探した方がいい。
普通と違うことが不安なのは分かるよ。でもお父さんから寝る前に難しい物語を聞くことが、お友だちに意地悪するような悪い子に育つ教育なのか考えてみて。
普通と違う事は悪ではない。善悪はまた別の基準であるという感覚を身に付けることは、親として子育てに必要な感覚だと思う
子どもが飽きてるようなら話は別だから、違う話でバリエーションを増やすとか夫に提案していけば良いんじゃないかな。




924名無しさん@おーぷん ID: ID:PgT.hj.vo

>>914
いいバランスかと
グリムも日本童話も結構大概な話があるし
物語の多少の毒気は子供には必要ですよ
普通の子にしたいのなら、プラス仮面ライダーと戦隊とくれしんと
コロコロコミックを履修させれば完璧かと




925名無しさん@おーぷん ID: ID:1if.k0.67

>>924
源氏物語は毒気というか倫理観皆無なのですが…
グリム童話の原作も大概だけどたぶん奥さんは子供用に一般化されているものを読み聞かせているだろ
意味はわからなくても美しい日本語が~と言うのなら古今和歌集でも枕草子でもいい




929名無しさん@おーぷん ID: ID:PgT.hj.vo

>>925
倫理観つっても、千年前の結婚制度を今の感覚に当てはめるのは無意味
そもそもイケメンスパダリがたった一人の思い人を忘れられず、恋に生きる話だし
そんで紫の上は、裳着を終えた後、つまり成人後に源氏の君と同衾してそういう事に
なっています
彼女に選択肢がなかったとはいえ「そんなつもりじゃなかった」とは少々苦しい
シチュエーションではないでしょうか

あと源氏物語には直接表現は出てきません
あと差別表現もあまりありません(千一夜物語に比べてですが)
そう目くじらを立てるほどのチョイスではないんじゃないかなあ




932名無しさん@おーぷん ID: ID:ZfD.fs.wh

いやいやいくら時代が違うからって、そりゃ天皇や身分の高い貴族が奥さんを沢山侍らかすのは、理解出来るかもしれないけどさあの時代でも不倫や不義密通はダメなんだから5歳児にそこまで理解させるのは無理じゃないかな
それに紫の上は主人公の浮気に苦しんだまま亡くなってるし子供にとったらあまり面白く無いと思う




933名無しさん@おーぷん ID: ID:1if.k0.67

現代の倫理観と違うものを5歳の子供に読み聞かせるのはなんだかなぁ
子供が好きで自分から読むなら良いけど、親が積極的に読み聞かせるのはちょっと違うと思う
5歳くらいなら言葉も内容も少しくらい理解するよね?




930名無しさん@おーぷん ID: ID:med.ej.ne

民話童話好きからすると日本昔話やグリム童話も大概ヤベエし
日本で売れてる絵本は
説教臭くて感動を押し売りするようなもんばっかだし
そもそも読み聞かせより自分で読ませりゃいいんじゃないかみたいなことも思ったり
読み聞かせしなくても寝る訓練させればいいんじゃないと思ったり

色々よね




935名無しさん@おーぷん ID: ID:qkA.v7.sd

ID変わってるかも知れませんが914です。
皆さんいろいろ助言ありがとうございます。

子供は皆さんの言われている通り、旦那の読み聞かせの最中にはすぐに眠くなって寝てしまうみたいです。
ただ、「かんだちめ?」とか「かたはらいたし」とか子供が口癖として真似するのは何だかなと思います。きっと言葉の響きだけで、意味は分かっていないんでしょうけどね。

あと旦那には旦那のこだわりがあるみたいで、なぜに源氏?って前に聞いてみたことがあるのですが、延々熱く語られて閉口した記憶が残ってるのみであんまり覚えていません。
「もののあわれ?」がどうのこうの、それを源氏の文体と和歌が挿入されるからどうのとかあまり理解が出来なかったのでふーん、って感じで聞き流してしまいました。

バリエーションに関しても他の本はどう?って言っても、その他の本のチョイスもチョイスで。
旦那は別に古文一辺倒押しではないみたいで、ひたすらそればかりのジャンルではないのですが、源氏が終わった次の候補が論語とファウスト。

両方子供用に絵本化されたものではなく、ごりごりの分厚い岩波文庫とか学術文庫でそのまま読み聞かせるつもり満々で、頭が痛い。

子供は今のところは別に嫌がってないけど、これから小学校、下手したら中学校でやる国語のレベルを通り越して、いきなりそれなの?って言うのがもやもやの原因なんだと思います。
何か、算数を通り越していきなり微積をやらせるような違和感というか、まずは基礎では?って。




938名無しさん@おーぷん ID: ID:OWO.dp.sa

>>935
嫌がってないというより理解してないからオウム返しに口にしてるだけだと思う
いい年こいたオッサンが自分の趣味ごり押しみっともないわー、子供らしいものを求めだした時に否定しそうでキモいわー、って思いますねw




936名無しさん@おーぷん ID: ID:UZA.4d.ne

>>935
もののあわれと和歌がどーこー言うなら、奥の細道でも読ませとけよと
曽良旅日記の方がよぼど理解できるだろうに

私も好んで古文含め本を読むし、古文の面白さは知ってるけど、なんか旦那さん中二病みたい




937名無しさん@おーぷん ID: ID:ZfD.fs.wh

>>935
あーそれって所謂はっちゃけって事か
多分だけど旦那さんの親御さんはそんな事してないと思う




941名無しさん@おーぷん ID: ID:1if.k0.67

>>935
寝かしつけには興味のない本って良いのかもしれないけど…旦那さんは子供にどうなって欲しいんだろう
子供のころに読んでもらった本って今後に関わってくると思う
まずは本って楽しいってところから始める、それこそ本屋に行けば0歳、1歳とかっていう風に区分されているくらいなのにね
旦那さんは親の押し付けが強すぎるよ




945名無しさん@おーぷん ID: ID:r6V.p5.sd

>>935
なんとなく合コンで空気も読まずにガンダムやら三国志やらの話ばっかり熱く語って避けられるタイプの男と同類かなと思った
たまたま対象が古典だったってだけでさ




940名無しさん@おーぷん ID: ID:7cr.ce.67

源氏物語も論語もファウストも学生の頃読んだけどさ
それって本が好きだったからだし、
本が好きになったのは幼少期に親が子ども向けの絵本をたくさん読み聞かせしてくれたのも影響してると思う
その過程をすっとばしていきなり大人向けの本を子どもに与えるのはどうなんだろう




946名無しさん@おーぷん ID: ID:OkJ.t7.sd

>>935
>延々熱く語られて閉口した記憶が残ってるのみであんまり覚えていません。
子供が迷惑してて子供のためにならそこは投げずにがんばってみたら?
全部聞く必要はない、夫が何を目的としているのかの主旨の部分だけ聞いて把握しなよ。それを把握しないとあなたの説得は説得として機能しない。幼稚な女が感情的にわめいてるだけの聞く価値のない言葉として舐められて聞き流される。
良文を読み聞かせたいなら児童文学、声に出して読みたい日本語など、子供用のものがたくさんある。でもそれをしないのはなぜか。
良いものに触れさせたいという夫の親心は活かしつつ、親心を否定せずに適したものへ誘導できないか話し合ってみたらどうか。
…まぁ男のこういうのは大体、世界的○○という権威に心酔して、良いものとはそういうものだと思い込んでるからだろう。
子供の感性を理解してないからそういう結論になる。もし夫婦で話し合っても夫の思い込みを解きほぐせなかったら、夫に価値観を合わせて権威を笠にきて殴り返す方法がある。
自動発達の専門家の保健所や児相に相談して適切な読み物について説明してもらう、
児童文学の出版社にアポとって児童心理と発達の専門家はどんな根拠をもって児童向けの書物を出しているのか聞かせる、
出身大学に教育学部かあるならそこの教授に話をしてもらう。とか本気出すならそういう方法もある。
自分一人で説得とか全部やらなくても、そういうことを仕事にしてる人に任せても良いんじゃないの




アクセスが多い人気記事!

アンテナサイトを経由して記事に移動します


  • このエントリーをはてなブックマークに追加