引用元:その神経がわからん!その28

883名無しさん@おーぷん2017/02/12(日)02:32:36 ID: ID:pKr

某お受験ドラマが話題になっているので某大手進学塾の事務員をしている私の基地ママ目撃談を投下。
知能に問題はないけどLD(読字障害)で中学受験どころか学校の授業についていけてない男児。
うちの塾でも「もう中学受験はあきらめた方が良い」と勧告していた。
勧告を受けた男児の母親が基地外化した。
都内でも指折りの高級エリアのタワーマンション在住、塾には堂々ベンツで乗り付ける超セレブママで夫婦そろってアメリカの某一流大学卒業というエリート。旦那さんは弁護士だった。
自分の子供がLDだということを受け入れられなかったらしい。男児は小学校受験失敗したという噂だったが・・。






884名無しさん@おーぷん2017/02/12(日)02:36:26 ID: ID:pKr

「うちの子供が知恵おくれだというのか!」と受付に怒鳴り込んで暴れまわった。私もその場にいたけど、大変だったよ。
私の給料4か月分の値段のハンドバッグを振り回してロビーの観葉植物を次々なぎ倒し、カウンターを蹴り、しまいには床にひっくりかえって泣き叫んだ。
「子供が公立中に通うなんてあり得ない!」「ご近所や親戚に顔向けができないわ!」「私も夫もエリートの家系なのに!」とまぁかろうじて上記の3つだけは聞き取れた。
「頑張って勉強したあの子が可哀そう」的なセリフは一つもなかった。要約すると「私可哀そう」ですな。
靴で頭ひっぱたいてやりたくなったよ。生活がかかっているから出来ないけどさ。奇声を聞きつけた子供達が教室を抜け出してどんどん集まってくるし出入りの業者はドン引き、基地ママと一番縁の深い講師を呼んできて事態の収拾を託した。
貴重な授業時間が自習になっちゃったけど。
基地ママも結構なセレブ家庭の出身で某超名門女子校卒業らしいけど
「名門校で何を学んだんだか、どんな立派な学歴でもあんな女には意味がない」が母親を知る関係者の共通意見だった。




885名無しさん@おーぷん2017/02/12(日)02:38:53 ID: ID:pKr

床にカエルのようにひっくりかえって泣いている基地ママをなだめすかして応接室に移動させ、ベテラン講師が説得して帰宅させた。応接室でどんなやり取りがあったかは不明。
1時間程して能面のような表情でビルから出て行った。その場に男児がいなかったことだけが救いか。でも家で詰ったんだろうな。翌日に男児の退塾届が出された。
基地ママはどうでも良いとして可哀そうなのは男児だ。
3年生の入塾テストで、既に最低点だったらしいのよね。基地ママは息子がLDだということを隠して入塾させたんだけど、塾講師も教育学はプロだからすぐに露見しちゃうのよ。
それでも2年間面倒見たけど、「問題文の理解に健常児の2倍かかる。記号を使った算数問題が理解できない」児童に中学受験は不可能だった。
児童も学校の授業にすらついていけてないレベルで、はるかに難解な授業内容を理解できるわけもなく、泣きそうな顔でぐちゃぐちゃの文字でノートとっているだけだったらしい
「ADHDの同級生もオタクの塾に通学している」がその母親の言い分だったが
その子は行動に落着きがないのと機械の設計図に異常にこだわるくらいで学習能力には問題nothingだったらしいけど?




887名無しさん@おーぷん2017/02/12(日)02:44:18 ID: ID:pKr

今でも思い出しても心が痛むし、定期的に基地ママの名前をネットで検索している。基地ママが息子を傷つけたり、もしくはその逆の事件が起きていないか確かめる為に。
もう10年くらい前の話だけど基地ママが死んで、元男児が自由な生活を送っていることを祈ってるよ。
「よその子」というノンフィクション小説を読んだ時、自称ベテランの基地外教師がLDの女子児童をいじめるエピソードで泣いちゃったよ・・・。
当時から働いている塾講師や事務員の間でも時々話題になるんだよね。
その子を一番気にかけていた講師が最後の授業でこっそり
「どうしても我慢ができないことがあったらお母さんに内緒で電話かけてね。相談に乗るから」と助言したそうだが
結局かけてこず仕舞い。
男児の携帯にメール出したそうだが退塾直後にメルアドが変更されたらしく届かなったんだと・・。










コメント

  • 1.匿名さん

    この場合の知恵遅れは親の遺伝なんじゃ…。

    +
    -20
  • 2.匿名さん

    トンビが鷹を生むならぬ、鷹がトンビを産むやな
    蛙は蛙しか産まないのに、鷹もトンビを産むようでは日本の未来は真っ暗

    +
    -25
  • 3.匿名さん

    切ないな
    子どもの現状を受け入れるだけでその子どもの道は開けるのに、親のエゴやプライド、世間体でその道が閉ざされるのはいたたまれない

    +
    65
  • 4.匿名さん

    ※1
    本文にも書いてあるだろ
    この子は知的には問題ない、知恵遅れではない

    +
    71
  • 5.匿名さん

    ※1
    違う
    知恵遅じゃない。文字を認識しないだけだ
    間違えるな

    +
    70
  • 6.匿名さん

    知恵遅れとも違うしねえ。ちゃんと合った教育受けさせれば道は開けるのに。
    こういうの認めない親いるけどさ、認めなくても現実は変わらないよ?って常々思う

    +
    54
  • 7.匿名さん

    LDをきちんと知らないんだけど図形の理解も遅いなら目から入る情報が苦手なんでしょう?
    小さい頃に耳を使った勉強法を訓練したり運動系に興味を向けたらよかったのに。
    親がくだらないプライドを持ったバカだと子供が苦労するよね

    +
    48
  • 8.匿名さん

    遅いだけでまったく理解できないわけじゃないから、
    接客・交渉中心(できれば秘書がつけられる)の職なら問題ないだろ
    これだけのエリート家系なら、下地も教育環境も作れるだろうに
    子供が可哀そうだね

    +
    35
  • 9.匿名さん

    せっかく金持ちなんだから早いうちにLDに合う方法で金かけて対応してあげれば良かったのに、残念なエリートもいたもんだなぁ

    +
    47
  • 10.匿名さん

    下村さん(元文科大臣)のお子さんも識字障害だった。
    いわゆるディスレクシア。
    スピルバーグやトム・クルーズと同じ。
    ディスレクシアだと漢字、カタカナ、ひらがな、アルファベットと多用してる日本では生活しにくい。
    下村さんのお子さんは小学生の時にイギリスに留学して
    そのまま成人してもイギリスにいるみたい。

    +
    23
  • 11.匿名さん

    母親もアメリカの一流大学か。
    天才で大した努力もなく入れたのならいいけど、実際はその母親も猛勉強したのかもしれんし、様々なプレッシャーをかけられてきた人生だったのかもな。
    その結果が、この時に噴出してしまったのかもしれん。

    +
    4
  • 12.匿名さん

    杉本亜未のファンタジウムという漫画でもこの障害を扱ってたね。
    学習障害の主人公が、唯一得意な手品を武器にしながら人生を歩んでいくという話だった。
    ああいう風に少数でも理解者に恵まれればなんとか生きていけるんだけど、現実はそう甘くはないんだよね。

    +
    11
  • 13.匿名さん

    トムクルーズと同じ障害か
    一番親身になるべき親が無理解とはな
    育て方次第では立派に育ったかもしれないのに

    +
    24
  • 14.匿名さん

    音で聞けば理解できるのかな?
    脳のエラーと言った点では発達障害と似たようなものだけど
    やっぱり親からの遺伝は関係あるのかね
    大人で癇癪があるとすると母親も怪しいなと思う
    本当に男児の行く末が気になる

    +
    5
  • 15.匿名さん

    人の話を落ち着いて聞けない、聞かない癇癪起こしのた打ち回る、この親にも何だかの障害傾向があって自身にも認めたくないのでは

    +
    11
  • 16.匿名さん

    識字障害もちゃんと向き合って
    教育の方法を変えたら勉強もできるのにね。
    日本はそういう点で本当に遅れている。
    親すら自分の子を見捨てるとかひどい話だよ。

    +
    10
  • 17.匿名さん

    LDとかアメリカの方が周知されて、教育体制も整ってそうなイメージだけどなあ
    夫婦揃ってアメリカの大学卒で金持ちなら、母子だけでも渡米してそちらで息子に教育受けさせるって手も打てたのに
    勉強は出来ても頭の悪い親だったんだね

    夫の話が全然出て来ないけど、そんな状態の息子をアレな妻任せで放置の時点で、妻とはベクトルの違う基地なんだろうな
    息子さんだけ心穏やかに暮らしてますように

    +
    15
  • 18.匿名さん

    「優秀な息子」というアクセサリーが欲しいだけなんだろうなこの母親。セレブでお金があるならきちんと療育に行かせてあげればいいのに

    +
    14
  • 19.匿名さん

    トムは読めないけど聞けばすぐ覚えるんだと
    むしろセリフの入りは良い
    本人に合った教育なんて調べればいくらでもあるのに
    プロとか言ってるけどそういう提案しなかったのかね

    +
    9
  • 20.匿名さん

    同じ文字でも書くたびに形が違うから同じだと認識できない、するのに無意識に抵抗=障害が発生するのが識字障害という認識でok?

    +
    -1
  • 21.匿名さん

    識字傷害者に文字がどう見えててどうして読みにくいのかは、たぶん個人差があるんじゃないかな。
    こういう風に見えている、という例があっても、それだけではないんじゃなかろうか。

    +
    6
  • 22.匿名さん

    エリート(知識があるとは言ってない)

    +
    2
  • 23.匿名さん

    ※14
    ディスレクシアだけで知的な遅れがないなら音で聞けば理解できるはず
    最近は別室で読み上げ式テストを受けさせてくれる所もあるみたいよ
    程度によるけど白黒反転テキストやタブレットの活用で対応できることもある
    やりようによっていくらでも勉強できるのに勿体ない話だね
    親に関しては親にも何らかの障害があるかもしれないけど、発達障害・学習障害の子育ては精神的におかしくなる人もいるくらいしんどいから何とも言えない
    逆に親も発達障害のパターンで、「この子おかしい?そうかな~私とそっくり!療育?個性だし大丈夫~ポワワン」で本人だけは幸せなんてこともあるし

    +
    4
  • 24.匿名さん

    知的障害が無いというか、字の読み書き以外は一般的より賢かったりもするから親としては障害を認めたく無いんだろうな。
    しかもこの話の場合、両親共に勉強に苦労したことが無いタイプだと思うから、わからないと言うことが理解できないんだと思う。
    甥が識字障害なんだけど、義弟夫婦も指摘した小学校の先生に食ってかかっていたよ。塾や家庭教師をつけても成績が上がらず、結局中学2年で正式に診断された。
    最初の指摘時に障害と向き合えていたら、甥も違う未来を選択できただろうにと思うわ。

    +
    5
  • 25.匿名さん

    スウェーデンの国王もディスクレシアカミングアウトしてるよね。
    そんなに珍しい症例じゃない。
    そういや、以前世界丸見えかなんかでやってたけど
    特定の色の波長が干渉して文字の認識を妨げるから
    それを打ち消す色付きレンズのメガネをかけると文字が読めるようになる
    っていう症例の女性のことやってたな。
    その女性はディスクレシアではあっても知的な問題はないどころか
    イギリスでも名門と言われる大学に合格したくらいの才媛だったよ。

    +
    4
  • 26.匿名さん

    警察呼べば良かったのになあ。

    +
    2
  • 27.匿名さん

    識字障害向けのパソコン学習があったはず。前にニュースでやってた。
    今はLD向けの塾もたくさんあるみたいね。

    +
    4

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加