引用元:その神経がわからん!その15

8491/22016/01/05(火)17:04:53 ID: ID:Il7

雰囲気に沿っていなかったり、またスマホからなので不備があったらすみません。

昨年末から今日に掛けてあった出来事。
昨年末に知らないアドレスから、携帯キャリアとアドレスを変更する旨及びこちらの体調を気遣い、来週にでも食事に行こうという内容のメールが届いた。
アドレス変更の旨だけで無記名のメールは迷惑メールの可能性があるので普段は放置している。
しかし私自身が病弱な為に体調を気遣う文面などから友人の誰かが無記名でアドレス変更メールを送ったのだろうと判断した。
なので「失礼ですがどちら様ですか?」と仕事の手が空いた年明けに返信した。

すると「A(苗字)です。Bちゃん(渾名)だよね?」と返信が。
知人友人にAという人物は居らず、私自身もBではない。
その為「人違いです」とこちらも返信。その後「え?でも女性の方ですよね?」と返信が着た。
私は、アドレス等で検索してもヒットしないのでこのアドレスの主は恐らく業者でなく個人であり、しかも友人女性が人違いのふりをしていると思っている可能性があると判断した。
その為「確かに女ですが、知人の中にAさんはいないし私はBちゃんでもない」と返信した。
この間私から送ったメールはあくまで事務的な物のみ。砕けた口調でもないし絵文字や顔文字は無し。




ふよ速人気記事



8502/22016/01/05(火)17:08:11 ID: ID:Il7

普通ならこれで終わりだろうが昨日そのアドレスから返信が着た。
謝罪とこちらからの丁寧な対応が嬉しかった旨が記載してあった。
だが何故か「自分は都内在住の男性でCという名であること、こんな機会は滅多に無いのでこれからメールを送ってもいいか?」
という端的に言えばメル友になって欲しいという旨が記載してあった。
勿論気持ちが悪いのでシカトした。

だが相手は沈黙を了承と取ったのか今日になって、簡易な自己紹介と今日の行動とそれに対する感想。今日は私は仕事なのか、と質問するメールがきた。

間違いメールを送った相手がいくら異性だったとはいえ、事務的な対応しかされてないのにそれを切っ掛けにメル友になれると考える神経が分からないし、了承も得てないのに自分語りメールを送りつける神経も分からない。
ただ性別を明かしたのは迂闊だったと思っている。
「メル友になるつもりはない。私のアドレスも削除して欲しい」と丁寧だが事務的に返信したのだが、またメールが着たら嫌だなと思っている。




851名無しさん@おーぷん2016/01/05(火)17:12:35 ID: ID:nCX

>>849
着拒すれば終わりじゃん

いい人なんだと思うけど、ちょっと世間知らず過ぎると思うわ
向こうが納得するまで丁寧に付き合う必要はないんだよ
問答無用で受信拒否で終わっていいんだよ
ぶっちゃけ、そういう手口の詐欺師やナンパ師の可能性だってあるんだし




854名無しさん@おーぷん2016/01/05(火)18:43:20 ID: ID:82D

>>849
自分のところにも名前を名乗らずに「自分(相手)の番号も登録してね」とか言うショートメールが届いたことがある。
当時電話番号だけ教えててメールアドレスを知らないのは直属の上司だけだったので、確認後その上司以外のショートメールを全て拒否。
翌日、ショートメールを送ってきた番号から電話が掛かってきて留守電になるまで待ってたらそのまま切りやがったので迷惑電話お断りサービスに登録してやったよ。
その後何も起こらなかったから間違いメールを装った悪徳商法だと思っている。




853名無しさん@おーぷん2016/01/05(火)18:33:16 ID: ID:jAA

>>850
内容が拒否メールでも返信した時点で相手に返事する意志があると判断されるよ。
宛名と内容が間違ってた時点で着拒すべきだったね。
今からでも遅くない。着拒ね。たぶん新手のセールスだね。
そのうち美顔器とか壷とかハンコ買わされるw




855名無しさん@おーぷん2016/01/05(火)19:22:43 ID: ID:E2T

こちらが「嫌です」「お断りします」と意思表示したことに対して
相手が「分かりました」と了解くれない限り、会話を続けなきゃいけないと勘違いしてる人って多いよね
「嫌です」って意思表示したら、後は無視でいいのにね
むしろ「嫌です」も無しに無視でも問題ないのにね




856名無しさん@おーぷん2016/01/05(火)20:48:36 ID: ID:vtt

確かに女性ですが、とか余計なことまで書くからだよ
人違いですと1度送ったら後はフォルダ振り分けでもして無視無視




アクセスが多い人気記事!

アンテナサイトを経由して記事に移動します


  • このエントリーをはてなブックマークに追加