引用元:既婚男性/既婚女性の雑談(双方質問)スレ315

12名無しさん@お腹いっぱい。2015/02/27(金) 16:04:07.28 .net ID:

既婚女性ですが余命宣告をうけました。
旦那は気が小さい人で自分の母親が余命宣告を受けたときに辛くて顔が見られないと
意識がなくなるまで病院に行けなかった人です。まだ元気なうちに嫌われて離婚したほうが
いいような気がしています。旦那側だったらどっちが立ち直りやすそうですか?
ちなみに40台ですが夫婦仲はかなりいいほうだと思います。




ふよ速人気記事



16名無しさん@お腹いっぱい。2015/02/27(金) 17:23:45.80 .net ID:

>>12
あなたには
あなたの時間が
旦那さんには
長い自分の自由になる時間が
あるよ
旦那さんが小心者と思われる状態になっているのは
旦那さん自身の心と人生の責任だと思うよ

あなたの人生はあなた自身がよく知っているから
せっかくのあなたの大事な時間はあなたが決めて使いなさい




18名無しさん@お腹いっぱい。2015/02/27(金) 23:46:32.02 .net ID:

>>12
一時的には、嫌われて離婚した方が良さそうだけど
離婚する時に、旦那は多かれ少なかれ傷つくだろ
そして、いつか12が亡くなった後、本当の事を知ったら、また傷つくだろう

どうあったって傷つくんだよ
ナイフで少し切って、後になって、違うところでバッサリ切って、結局、傷をぐちゃぐちゃ付けるより
いっそ深く傷つけても、一つだけの傷にした方がいいんじゃないの?

後になって知ったら、旦那だって、色々と語りたいことや知りたいことも出てくるかもしれない
でも問い質したくても、死人に口なしで、永久にもんもんとし続けないといけないかもしれない




13名無しさん@お腹いっぱい。2015/02/27(金) 16:14:56.37 .net ID:

>>12
夫次第、話し方次第、それに子供とかその他の家族関係しだい。
他人がどっちがいいなんて一般論で無責任に言えることじゃない。話あってきめるしかない。
大体そんな事他人に聞いて一番大事な配偶者に聞かずに決めたらそれこそ傷つくし立ち直れないだろう。




14名無しさん@お腹いっぱい。2015/02/27(金) 16:22:55.60 .net ID:

>>13 子供はいません。宣告を伝えるつもりはないんです。
今は自分で手一杯で主人のフォローをするのが無理なんです。
正直自分が悲しみたいし落ち込みたいのにそれ以上に落ち込まれたり
されても余計しんどいんです。
支えてくれる相手ならきっと泣きついたと思うんですけどね(苦笑)
これってもう答えがでてますよね




15名無しさん@お腹いっぱい。2015/02/27(金) 16:41:36.42 .net ID:

一人で自己完結して結論を出すなら書く意味がないな。




17名無しさん@お腹いっぱい。2015/02/27(金) 17:34:33.22 .net ID:

なんか陶酔感たっぷりのポエムが。

それが欲しかった答えなのか。




19名無しさん@お腹いっぱい。2015/02/28(土) 09:37:39.20 .net ID:

14ですがコメントいろいろありがとうございます。
色々考えて動ける間は黙って一緒に暮らしていこうと思います。
その間に手紙をたくさん残していこうと思います。
再婚して幸せになって欲しいです。不慣れで書く場所をうまく選べなくてすいませんでした。




20名無しさん@お腹いっぱい。2015/02/28(土) 11:18:15.97 .net ID:

>>19
こらから最後の時を迎えるまでの間に
ご自分の迷いやその時々の気持ちの変化など
思いつくままにここに書いて気持ちを整理されるといいですよ

スレ違いとか叩き煽りがあっても気にしないで
どこに書いてもそういう人はいますから

残されたお時間を大切にお過ごしください
お大事に・・




22名無しさん@お腹いっぱい。2015/03/01(日) 01:15:29.78 .net ID:

そうだよなぁ。旅行とか美味しいものを食べるとか
仕事をしてるなら、辞めさせてもらって、
手紙を書くとか、ネットに自分の考えを書いて残しておくとか

旦那に隠しておこう、なるべく悲しませる時間を短くしてあげようとかばっかりじゃなく
どうやったら自分の残りの人生が輝くかも考えていいと思うよ




21名無しさん@お腹いっぱい。2015/02/28(土) 22:06:32.66 .net ID:

思いっきり甘えて言いたいこと全部伝えてやりたいこと全部やらせてもらえばいいのに




アクセスが多い人気記事!

アンテナサイトを経由して記事に移動します


  • このエントリーをはてなブックマークに追加